プロフィール

musikvereinarchiv

Author:musikvereinarchiv
・クラシック音楽の音源や、映像作品について書いているサイトです。たまに演奏会や、放送についても書いています。
・基本的に敬称は略させていただいております。
別館では軽快で快適な環境でお楽しみいただけます。
ツイッター
※要件などはこちらからお願い致します。

演奏家、タグ一覧
広告
1155

バーンスタイン/ソニークラシカル リマスター100枚組セット

Leonard Bernstein Remasteredposted with amazlet at 17.09.10Sony Classics (2017-10-27)売り上げランキング: 62Amazon.co.jpで詳細を見る 前回ソニークラシカルから発売されたセットは、交響曲集が60枚、協奏曲その他管弦楽曲が80枚の組でしたが、今回は100枚での登場です。詳細は、米アマゾン以上の物は確認できませんでした。HMV商品詳細ページLeonard Bernstein Collectionposted with amazlet at 17.09.10LEONARD BERNSTEI... <div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B072M4GVVB/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51JpMWDTusL.jpg" alt="Leonard Bernstein Remastered" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B072M4GVVB/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Leonard Bernstein Remastered</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.09.10</div></div><div class="amazlet-detail"><br />Sony Classics (2017-10-27)<br />売り上げランキング: 62<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B072M4GVVB/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div><br /><br /> 前回ソニークラシカルから発売されたセットは、<a href="http://amzn.to/2xXdFy3" target="_blank" title="交響曲集が60枚">交響曲集が60枚</a>、<a href="http://amzn.to/2xTiQhK" target="_blank" title="協奏曲その他管弦楽曲">協奏曲その他管弦楽曲</a>が80枚の組でしたが、今回は100枚での登場です。詳細は、<a href="https://www.amazon.com/Leonard-Bernstein-Remastered/dp/B072M4GVVB/ref=sr_1_2?ie=UTF8&amp;qid=1506132232&amp;sr=8-2&amp;keywords=bernstein" target="_blank" title="米アマゾン">米アマゾン</a>以上の物は確認できませんでした。<br /><br /><a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&amp;mid=2880&amp;murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_%25E3%2583%2590%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25BF%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3-1918-90_000000000034572%2Fitem_%25E3%2583%25AC%25E3%2583%258A%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2589%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2590%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25BF%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25EF%25BC%258F%25E3%2583%25AA%25E3%2583%259E%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2587%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25B3%25EF%25BC%2588100CD%25EF%25BC%2589_8300606" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00HRJVNVW/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51-PtidiZ2L.jpg" alt="Leonard Bernstein Collection" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00HRJVNVW/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Leonard Bernstein Collection</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.09.10</div></div><div class="amazlet-detail">LEONARD BERNSTEIN <br />Deutsche Grammophon (2014-04-22)<br />売り上げランキング: 11,828<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00HRJVNVW/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1153

ベーム/ベートーヴェン:交響曲9番「合唱」 [1963年バイロイト音楽祭]

 今年のオルフェオ・レーベルのバイロイト音楽祭シリーズは、ベームの第九だった。歌手は理想的なもの。 ベートーヴェンの第九交響曲は、ヨーロッパでは式典に用いられる楽曲の筆頭らしい。なんとなくフォーマルなイメージがついて回るのだとか。第九演奏を含む大規模式典は、たいてい名の通った巨大組織(政府など)が企画するもので、「演奏家は一流を連れてこなければ沽券にかかわる」ということなのか、一流の指揮者が選ばれ... <a href="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/img679.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/img679.jpg" alt="img679.jpg" width="300" height="299" border="0" /></a><br /><br /><br /> 今年のオルフェオ・レーベルのバイロイト音楽祭シリーズは、<a href="http://www.orfeo-international.de/pages/cd_c935171b_e.html" target="_blank" title="ベームの第九">ベームの第九</a>だった。歌手は理想的なもの。<br /><br /> ベートーヴェンの第九交響曲は、ヨーロッパでは式典に用いられる楽曲の筆頭らしい。なんとなくフォーマルなイメージがついて回るのだとか。第九演奏を含む大規模式典は、たいてい名の通った巨大組織(政府など)が企画するもので、「演奏家は一流を連れてこなければ沽券にかかわる」ということなのか、一流の指揮者が選ばれる傾向にあるようだ。<br /> 式典は放送され、記録として残った。生きているうちに伝説化したフルトヴェングラーの第九録音は非常に多いし、また、<a href="http://amzn.to/2hEMnsE" target="_blank" title="ベルリンのフィルハーモニーのこけら落とし">ベルリンのフィルハーモニーのこけら落とし</a>や、<a href="http://amzn.to/2hH6Qgf" target="_blank" title="欧州統合の式典でカラヤンが起用された">欧州統合の式典でカラヤンが起用された</a>という具合である。ベームも一流の指揮者であるため、第九録音は多いほうだ。<br /><br /><br /><a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&mid=2880&murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_%25E3%2583%2599%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25B4%25E3%2582%25A7%25E3%2583%25B3%25EF%25BC%25881770-1827%25EF%25BC%2589_000000000034571%2Fitem_%25E4%25BA%25A4%25E9%259F%25BF%25E6%259B%25B2%25E7%25AC%25AC9%25E7%2595%25AA%25E3%2580%2580%25E3%2583%2599%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25A0%25EF%25BC%2586%25E3%2583%2590%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25AD%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2588%25E3%2580%2581%25E3%2583%25A4%25E3%2583%258E%25E3%2583%25B4%25E3%2582%25A3%25E3%2583%2583%25E3%2583%2584%25E3%2580%2581%25E3%2583%2590%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2596%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2581%25E3%2583%2588%25E3%2583%25BC%25E3%2583%259E%25E3%2582%25B9%25E3%2580%2581%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E3%2583%25B3-1963_8164260" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4595498%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" width="0" height="1" border="0" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="http://amzn.to/2yQhMLS" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><br /><table width="550" cellspacing="1" cellpadding="1" border="1" align="center"><caption>【参考】私が知っているベームの第九一覧</caption><thead><tr><th scope="col">年</th><th scope="col">楽団</th><th scope="col">備考</th></tr></thead><tbody><tr><td><a href="http://amzn.to/2x72OA1" target="_blank" title="1941">1941</a></td><td>シュターツカペレ・ドレスデン</td><td>セッション・モノラル</td></tr><tr><td><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4329607%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" width="0" height="1" border="0" />1944</a></td><td>ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団</td><td>セッション・モノラル</td></tr><tr><td><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F1666725%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" width="0" height="1" border="0" />1954</a></td><td>ヘッセン放送交響楽団</td><td>ライブ・モノラル</td></tr><tr><td><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F2415159%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" width="0" height="1" border="0" />1957</a></td><td>ウィーン交響楽団</td><td>ライヴ・モノラル</td></tr><tr><td>1963</td><td>バイロイト祝祭管弦楽団</td><td>ライヴ・モノラル</td></tr><tr><td><a href="http://amzn.to/2yP9EMG" target="_blank" title="1970">1970</a></td><td>ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団</td><td>セッション・ステレオ、全集</td></tr><tr><td><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4393982%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" width="0" height="1" border="0" />1980</a></td><td>ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団</td><td>ライヴ・ステレオ</td></tr></tbody></table><br /><br /><h1>出演者等</h1><br />・ベートーヴェン:交響曲9番「合唱」<br /><br />・ソプラノ:グンドゥラ・ヤノヴィッツ<br />・メゾソプラノ:グレース・バンブリー<br />・テノール:ジェス・トーマス<br />・バリトン:ジョージ・ロンドン<br /><br />・バイロイト祝祭合唱団<br /><br />・バイロイト祝祭管弦楽団<br /><br />・指揮:カール・ベーム<br /><br />・1963年7月23日、バイロイト祝祭歌劇場でのモノラルライヴ録音。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">バイロイトのベートーヴェン</span></strong><br /><br /> バイロイト音楽祭の創始者ワーグナー(と妻コジマ)は、バイロイト祝祭劇場でのワーグナーの主要楽劇以外の上演を禁じた。しかし、当のワーグナー本人が、同劇場のこけら落としでベートーヴェンの第九交響曲を上演したので、唯一の例外とみなされている。ただ、ワーグナー存命中に同劇場で演奏された第九は、このこけら落としでの上演のみだった、ということを合わせて解釈されるようで、1953年(ヒンデミット)、1954年(フルトヴェングラー)の上演を除けば全て節目で上演されている。有名なフルトヴェングラーの「バイロイトの第九」は、祝祭劇場再建と戦後初のバイロイト音楽祭を祝してものだ。2001年のティーレマンの第九は、音楽祭再開50周年を記念しての上演であった。この、1963年のベームのバイロイトの第九は、ワーグナー生誕150周年、没後90周年を祝うものである。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">ベームとバイロイト音楽祭</span></strong><br /><br /> ベームとバイロイト音楽祭の関係は、自伝によればウィーンの国立歌劇場で音楽監督をやっていた時から始まっていたそうで、『トリスタンとイゾルデ』の新演出の依頼を当時音楽祭を仕切っていたヴィーラント・ワーグナーから受けて、快諾したという事が書かれているにとどまる。1963年に第九をやるという話はどこでどうまとかったかは分からないが、この事が音楽祭とベームの蜜月を象徴し、バイロイトにおける新即物主義の時代の幕開けを意味していたとは、現在の我々が知る通りである。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">60年代ベームの第九 石橋をたたいて渡るスタイル 合唱に美点</span></strong><br /><br /> 彼の第九指揮のスタイルは、前もって決めたことを再生する非常に慎重なものである。第一楽章のコーダ前、どうしても減速したくなる部分(事実フルトヴェングラーはそうしている)を厳格に刻んでコーダへと進んでいくところや、テノール歌手の評判がすこぶる良い第四楽章のトルコ風行進曲のテンポ設定などが良い例だ。合唱隊もオーケストラも引き連れて、勢い込んでわれ先にと指揮者自身が歓喜をつかまんとする演奏が多い中で、あくまで合唱隊を含む大軍勢の後ろに構える指揮官であり続ける。これが職人気質ベームの指揮姿である。<br /><br /> 一方で、このスタイルが、彼の第九の安定感と不完全燃焼の感じを聴く者に与えていることも言っておかなければならない。この弱点を知ってか知らずか、指揮者もいろいろと工夫しているようで、主に第四楽章だけ簡単に振り返ってみても、遅くしてみたり、早くしてみたりと、いろいろと相違点が見つかったものだった。<br /><br /> 一番荒れているのは1944年のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との放送用録音。全体に張りつめた空気が漂っていて、おそらく最も暑いベームのだいくである。顕著な違いは「歓喜の歌」直前のフガートが唯一嵐のようになっているところ。<br /> 天国的安らぎ、一番横に長いのがウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との全集の一枚。全体的にゆったりとした空気の中であり、まるで第三楽章の延長ようだった(逆に第三楽章が若干早足気味である)。<br /> 1981年のベーム唯一のデジタル録音とされている録音は、歓喜の主題が管弦楽のみで変奏される部分が非常に遅い一方で、歌手が加わると中庸のテンポに戻る、といった具合。<br /> 古いセッション録音のシュターツカペレ・ドレスデンが全体に中庸のテンポが設定されており、バイロイト音楽祭版もおおむねこの方針で通している。シュターツカペレ・ドレスデンのメンバーが多いとされるバイロイト祝祭管弦楽団を見て、昔のやり方を思い出したのだろうか。60年代はベームが最も芸術家として成熟していた時代であることを思い出そう。ベーム的統制と白熱はここでも顕在である。決めるところは決める、ただ、無理はしないのである。<br /><br /> 最後にかっこ書き程度で書いておくのだが、合唱の出来栄えが良かったかもしれない。「かもしれない」とは曖昧だが、私自身どういう合唱が立派なのかいまだに判断しかねるという意味で、「声が力強かったから」や「音領域間の分離が見事」から、「出来栄えがよかった」と判断したまでである。合唱で選ぶならバイロイト盤であるといえよう。おしくもモノラルでの収録だが。歓喜の歌はそうでもなかったが、その後がよかったのである。アルト(?)がよく聴こえてきた。ヤノヴィッツの歌唱ほど通るものではなかったけれども。<div style="text-align: right;">★★★★</div><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00129XQ2W/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51Zt5vC-maL.jpg" alt="Bayreuther Festspiele, Furtwangler: Beethoven Symphonie No. 9" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00129XQ2W/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Bayreuther Festspiele, Furtwangler: Beethoven Symphonie No. 9</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.08.20</div></div><div class="amazlet-detail">L. V. BEETHOVEN <br />ORFED (2007-12-04)<br />売り上げランキング: 6,729</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00129XQ2W/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
  • Date : 2017-10-08 (Sun)
  • Category : ベーム
1164

カラヤン/フィレンツェ・ライブ

 フィレンツェで催されたカラヤンの演奏会の記録。曲目は典型的なカラヤンの演奏会と言うべきものである。カラヤン50代、ベルリン・フィル/フィレンツェ・ライヴカラヤンが50代後半と最も油の乗り切った時代。手兵ベルリン・フィルを率いてのヨーロッパ楽旅中のライヴ。嬉しいことにステレオ収録。しかしフィレンツェ市立歌劇場のピットに蓋をしてのコンサート故に残響は乏しく、鳴りもドカンボコン調の憾みはあります。雰囲気と... <a href="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/4562484885475.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/4562484885475.jpg" alt="4562484885475.jpg" border="0" width="397" height="400" /></a><br /><br /> フィレンツェで催されたカラヤンの演奏会の記録。曲目は典型的なカラヤンの演奏会と言うべきものである。<br /><br /><blockquote><p>カラヤン50代、ベルリン・フィル/フィレンツェ・ライヴ<br /><br />カラヤンが50代後半と最も油の乗り切った時代。手兵ベルリン・フィルを率いてのヨーロッパ楽旅中のライヴ。嬉しいことにステレオ収録。しかしフィレンツェ市立歌劇場のピットに蓋をしてのコンサート故に残響は乏しく、鳴りもドカンボコン調の憾みはあります。雰囲気としては客席最前列で聴いている印象です。<br /> 『英雄の生涯』はカラヤンとしても異例の遅いテンポを採用しているため、細部の描写は克明を極めます。何かしら強い意図があったと思われます。バッハは自らチェンバロを弾いていることも興味を引きます。華麗な名演。ベートーヴェン:交響曲第4番は、巨匠の得意曲です。流麗そのもの、スーパーカーですっ飛ばす感じ。残念ながら第1楽章にテープの揺れが見られます。ハイドン変奏曲もコーダをミュンシュ張りに延ばしたりと表現意欲に燃えております。(輸入元情報)<a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&amp;mid=2880&amp;murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_Orchestral-Concert_000000000230838%2Fitem_R-%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A5%25E3%2583%2588%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25B9%25EF%25BC%259A%25E8%258B%25B1%25E9%259B%2584%25E3%2581%25AE%25E7%2594%259F%25E6%25B6%25AF%25E3%2580%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25B4%25E3%2582%25A7%25E3%2583%25B3%25EF%25BC%259A%25E4%25BA%25A4%25E9%259F%25BF%25E6%259B%25B2%25E7%25AC%25AC4%25E7%2595%25AA%25E3%2580%2581%25E3%2583%2590%25E3%2583%2583%25E3%2583%258F%25E3%2580%2581%25E3%2583%2596%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25A0%25E3%2582%25B9%25E3%2580%2580%25E3%2583%2598%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2599%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2588%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A9%25E3%2583%25B3%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25A4%25E3%2583%25B3%25EF%25BC%2586%25E3%2583%2599%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25B3%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25AB%25EF%25BC%2588%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2584%25E3%2582%25A71967%25EF%25BC%2589%25EF%25BC%25882CD%25EF%25BC%2589_7958445" target="_blank" title="HMVより">HMVより</a>引用</p></blockquote><br /><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4542672%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&amp;mid=2880&amp;murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_Orchestral-Concert_000000000230838%2Fitem_R-%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A5%25E3%2583%2588%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25B9%25EF%25BC%259A%25E8%258B%25B1%25E9%259B%2584%25E3%2581%25AE%25E7%2594%259F%25E6%25B6%25AF%25E3%2580%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25B4%25E3%2582%25A7%25E3%2583%25B3%25EF%25BC%259A%25E4%25BA%25A4%25E9%259F%25BF%25E6%259B%25B2%25E7%25AC%25AC4%25E7%2595%25AA%25E3%2580%2581%25E3%2583%2590%25E3%2583%2583%25E3%2583%258F%25E3%2580%2581%25E3%2583%2596%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25A0%25E3%2582%25B9%25E3%2580%2580%25E3%2583%2598%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2599%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2588%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A9%25E3%2583%25B3%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25A4%25E3%2583%25B3%25EF%25BC%2586%25E3%2583%2599%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25B3%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25AB%25EF%25BC%2588%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2584%25E3%2582%25A71967%25EF%25BC%2589%25EF%25BC%25882CD%25EF%25BC%2589_7958445" target="_blank" title="HMV商品詳細">HMV商品詳細</a><br /><br /><h1>曲目等</h1><br />・ベートーヴェン:交響曲4番<br />・J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲3番<br />・R.シュトラウス:英雄の生涯<br />・ブラームス:ハイドン変奏曲<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・フィレンツェでのステレオライヴ録音。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">バッハ・セレナーデ</span></strong><br /><br /> カラヤンのバッハ録音は、一般には無視され、我が国の専門家からは嘲笑と罵倒の的であるようだ。当の本人は、そんなことはつゆ知らずといった趣で(実際知らなかったのだろうが)、バッハはレパートリーの常連であった。特に管弦楽組曲の第2番は、録音は一度しか行われていないにもかかわらず演目の常連で、全演目中最多の上演数を誇る。<br /><br /> カラヤンのバッハへの注力は特筆されて良いのである。ウィーン交響楽団でボスをやっていた時期に、『マタイ受難曲』を上演していたし、一回目の『ロ短調ミサ』セッション録音の最中に不幸にも敗血症を患い、瀕死の体で寝ながら指揮をして完成させたという話は有名である。管弦楽組曲の上演回数もここに加える話としては充分であろう。<br /><br /> 彼のバッハへの傾注は、おそらく一人の偉大な音楽家に対する尊敬に端を発するものであるように思われる。例えば、作曲家の根本思想の体現としての、例えばバッハの胸の中には常にシナイの山があったなどという考えから音楽作品を解釈するという発想は、カラヤンにはない。『マタイ受難曲』と管弦楽組曲の差は歴然である。前者はレガートによって描かれた魂の遍歴だが、後者は、ちょうどモーツァルトが貴族の注文に応えて音楽の楽しみを提供したもののような逸品である。全く喜遊曲的だ。長調の音楽の高貴さや優雅さ、バッハ特有の格調高さは言うまでもないことだが、短調においても、イタリア・オペラのような壮絶な叫びもなければ、見る者の胸に痛みを与える世界もなく、それは通常我々が外を歩く社会において許容される悲しみや苦しみの訴えを超えるものではない。カラヤンの天才たるゆえんは、社交の中の音楽の位置、立って耳に入る音楽とはどういうものか、この手のさじ加減についての勘を持っていたところにもあるのかもしれない。最近はどうも、聴く方も演ずる方もコンサートホールの上演形式に慣れ切ってしまっている。<br /><br /> さて、フィレンツェでは、バッハのブランデンブルク協奏曲の第3番を採用したようだ。バッハの手になるこの長調の音楽の魅力はただ一つ、対位法を駆使して繰り広げられる音の線を聴き分けるところにある。我々はカラヤンが音たちを解きほぐすのを眺めていれば良いのだ。音楽を聴く喜びの一つは、聴き分ける喜びである。<br /><br /> この曲のセッション録音は、ボックスセット「カラヤンの70年代」の中に入っているはずのものであるが、記憶にない。記憶にないということは、おもしろくなかったのということだ。試しに聴いてみると、音の厚みがやや薄くなってペラペラとして感のあるサウンドであった。当時気に食わなかったのは、音質のせいでいまひとつ音楽を聴く姿勢が保てなかったことが原因ではなかったか?<br /><br /> 言っておかなければならないことだが、この録音にも一か所だけ聴き逃すことのできない歪みが第一楽章に存在する。それを我慢すれば、バッハを操る現場のカラヤンの姿を見ることができよう。そして、大言壮語の音楽屋と言われがちなカラヤンの隠れてしまった才能が我々を楽しませてくれる。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00CI49ANE/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41jilI2aP9L.jpg" alt="Karajan 1970's: The Complete DG Recordings" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00CI49ANE/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Karajan 1970's: The Complete DG Recordings</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.10.01</div></div><div class="amazlet-detail"><br />Deutsche Grammophon (2013-07-20)<br />売り上げランキング: 9,047<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00CI49ANE/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1163

ブラウニング/RCA全集

 ジョン・ブラウニング(1933-2003)は、アメリカのピアニスト。彼の世代では最も尊敬を受けたアメリカのピアニストの一人とのことである。ソニークラシカルから繰り出されるピアニストの全集企画を見ていると、アメリカのピアニストの数の多さに驚く。数は多くとも、彼らが一様に、ホロヴィッツらの彩った19世紀のロマン派の技巧あるいは精神を色濃く受け継いでいることが察せられておもしろい。一部演奏家はまるで無意識なところ... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01MR43GNH/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51Ujs%2Bi0STL.jpg" alt="COMPLETE RCA.. -BOX SET-" style="border: none;" /></a><br /><br /> ジョン・ブラウニング(1933-2003)は、アメリカのピアニスト。彼の世代では最も尊敬を受けたアメリカのピアニストの一人とのことである。ソニークラシカルから繰り出されるピアニストの全集企画を見ていると、アメリカのピアニストの数の多さに驚く。数は多くとも、彼らが一様に、ホロヴィッツらの彩った19世紀のロマン派の技巧あるいは精神を色濃く受け継いでいることが察せられておもしろい。一部演奏家はまるで無意識なところなどをみると、「脈々と」としてもよいだろう。これは土地柄であろうか、それとも伝統とでも言っておこうか。恐ろしく指が回るのは、もはや義務と言ってよろしい、ピアニストを名乗る権利を得るための。ブラウニングもやたらと巧い。<br /><br /><a href="https://www.amazon.co.jp/s/ref=as_li_ss_tl?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias=classical&field-keywords=browning&&linkCode=ll2&tag=furtwangler07-22&linkId=ac914a0d4d2c0d718a58f3f40ae59201" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4485690%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" width="0" height="1" border="0" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&mid=2880&murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_%25E3%2583%2594%25E3%2582%25A2%25E3%2583%258E%25E4%25BD%259C%25E5%2593%2581%25E9%259B%2586_000000000017977%2Fitem_%25E3%2582%25B8%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25B3%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2596%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25A6%25E3%2583%258B%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B0%25E3%2580%2580%25E3%2582%25B6%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588RCA%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2590%25E3%2583%25A0%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25AF%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25B3%25EF%25BC%258812CD%25EF%25BC%2589_7798834" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><h1>CD1</h1><br />・バーバー:ピアノ協奏曲<a href="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/201709301451532ed.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/201709301451532ed.jpg" alt="John Browning - CD01 Barber PianoConerto" width="200" height="200" border="0" align="right" /></a><br />・W.シューマン:オルフェウスの歌<br /><br />・ピアノ:ジョン・ブラウニング<br /><br />・指揮:ジョージ・セル<br /><br />・クリーヴランド管弦楽団<br /><br />・1964年1月3日、クリーヴランド、セヴェランスホールでのセッションステレオ録音。(バーバー)<br />・1964年1月11日、クリーヴランド、セヴェランスホールでのセッションステレオ録音。(シューマン)<br /><br /><h1>CD2</h1><br />・ベートーヴェン:ディアベリのワルツによる33の変奏曲<a href="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170930145155867.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170930145155867.jpg" alt="John Browning - CD02 Beethoven Diabeli Variations" width="200" height="200" border="0" align="right" /></a><br /><br />・ピアノ:ジョン・ブラウニング<br /><br />・1,965年6月15-17,20,21日、ニューヨークウェブスターホールでのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><h1>CD3</h1><br />・プロコフィエフ:ピアノ協奏曲2番<a href="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170930145156b27.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170930145156b27.jpg" alt="John Browning - CD03 Prokofiev Piano Concertos" width="200" height="200" border="0" align="right" /></a><br />・プロコフィエフ:ピアノ協奏曲1番<br /><br />・ピアノ:ジョン・ブラウニング<br /><br />・1965年12月1, 2日、ボストン、シンフォニーホールでのセッションステレオ録音。(2番)<br />・1965年12月2日、ボストン、ィンふぉにーホールでのセッションステレオ録音。(1番)<br /><br />プロコフィエフピアノ協奏曲全集製作の開始<br /><br /><br /><br /><h1>CD4</h1><br />・ベートーヴェン:ピアノソナタ31番<a href="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170930145158dff.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170930145158dff.jpg" alt="John Browning - CD04 BEETHOVEN,SCHUMANN" width="200" height="200" border="0" align="right" /></a><br />・シューマン:交響的練習曲<br /><br />・ピアノ:ジョン・ブラウニング<br />・チェロ:ウィリアム・ローズ(シューマン)<br /><br />・1966年9月15,21日、セッション録音。(ベートーヴェン)<br />・1966年9月19日、セッション録音。(シューマン)<br /><br /> なお、録音場所は不明とのことである。<br /><br /><br /><h1>CD5</h1><br />・プロコフィエフ:ピアノ協奏曲3番<a href="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170930145421fd2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170930145421fd2.jpg" alt="John Browning - CD05 Prokofieff Piano Concertos Nos3-4" width="200" height="200" border="0" align="right" /></a><br />・プロコフィエフ:ピアノ協奏曲4番<br /><br />・ピアノ:ジョン・ブラウニング<br /><br />・ボストン交響楽団<br /><br />・指揮:エーリッヒ・ラインズドルフ<br /><br />・1967年11月25日、ボストン、シンフォニーホールでのセッションステレオ録音。(3番)<br />・1967年11月27日、ボストン、シンフォニーホールでのセッションステレオ録音。(4番)<br /><br /><br /><h1>CD6</h1><br />・ラヴェル:ソナチネ<a href="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170930145422532.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170930145422532.jpg" alt="John Browning - CD06 plays Ravel" width="200" height="200" border="0" align="right" /></a><br />・ラヴェル:クープランの墓<br />・ラヴェル:夜のガスパール<br /><br />・ピアノ:ジョン・ブラウニング<br /><br />・1967年9月21日、セッションステレオ録音。(ソナチネ、『夜のガスパール』のオンディーヌ)<br />・1967年9月22日、セッションステレオ録音。(『夜のガスパール』のオンディーヌとスカルボ)<br />・1967年9月25日、セッションステレオ録音。(ソナチネ、『夜のガスパール』のギベット)<br />・1967年9月18-20日、セッションステレオ録音。(クープランの墓)<br /><br /><br /> なお、録音場所は不明とのこと。<br /><br /><br /><h1>CD7</h1><br />・チャイコフスキー:ピアノ協奏曲1番<a href="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170930145424569.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170930145424569.jpg" alt="John Browning - CD07 Tchaikovsky Piano Concerto No1" width="200" height="200" border="0" align="right" /></a><br /><br />・ピアノ:ジョン・ブラウニング<br /><br />・ロンドン交響楽団<br /><br />・指揮:小澤 征爾<br /><br />・1966年8月24,25日、Walthamstow Assembly Hallでのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><br /><h1>CD8</h1><br />・プロコフィエフ:ピアノ協奏曲5番<a href="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170930145425c3b.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170930145425c3b.jpg" alt="John Browning - CD08 Prokofieff Piano Concerto No 5,WeillKleinw Dreigroschenmusik" width="200" height="200" border="0" align="right" /></a><br />・ヴァイル:『三文オペラ』より組曲<br /><br />・ピアノ:ジョン・ブラウニング<br /><br />・ボストン交響楽団<br /><br />・指揮:エーリッヒ・ラインズドルフ<br /><br />・1969年4月25日、ボストンシンフォニーホールでのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><h1>CD9</h1><br />・ショパン:練習曲作品10<br />・ショパン:練習曲作品25<br /><br />・ピアノ:ジョン・ブラウニング<br /><br /><table width="700" cellspacing="1" cellpadding="1" border="1"><caption>録音記録など</caption><thead><tr><th scope="col">年</th><th scope="col">月日</th><th scope="col">作品10</th><th scope="col">作品25</th><th scope="col" style="text-align: center;">録音場所・方法</th></tr></thead><tbody><tr><td rowspan="7" style="text-align: center;">1968年</td><td>9月9日</td><td style="text-align: center;">7</td><td>1,2,3,5</td><td rowspan="7">ニューヨーク、ウェブスターホールでのセッションステレオ録音。</td></tr><tr><td>9月10日</td><td>1,4,5,9,10</td><td style="text-align: center;">-</td></tr><tr><td>9月11日</td><td style="text-align: center;">8</td><td style="text-align: center;">10</td></tr><tr><td>9月12日</td><td style="text-align: center;">11</td><td style="text-align: center;">4,11</td></tr><tr><td>9月13日</td><td style="text-align: center;">6,12</td><td>7,8,9,12</td></tr><tr><td>9月16日</td><td style="text-align: center;">2,3</td><td style="text-align: center;">-</td></tr><tr><td>9月18日</td><td style="text-align: center;">-</td><td style="text-align: center;">6</td></tr></tbody></table><br /><br /><a href="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170930145427163.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170930145427163.jpg" alt="John Browning - CD09 Chopin Etudes Io 10 and Op 25" width="200" height="200" border="0" align="right" /></a><br />ブラウニング唯一のショパン録音<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><h1>CD10</h1><br />・ベートーヴェン:三重協奏曲<a href="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/201709301454285b1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/201709301454285b1.jpg" alt="John Browning - CD10 Beethoven Triple Concerto,Barber Piano Concerto" width="200" height="200" border="0" align="right" /></a><br />・バーバー:ピアノ協奏曲<br /><br />・ピアノ:ジョン・ブラウニング<br />・ヴァイオリン:ピンカス・ズーカーマン(ベートーヴェン)<br />・チェロ:ラルフ・キルシュバウム(ベートーヴェン)<br /><br />・ロンドン交響楽団(ベートーヴェン)<br />・セント・ルイス交響楽団(バーバー)<br /><br />・指揮:クリストフ・エッシェンバッハ(ベートーヴェン)<br />・指揮:レナード・スラットキン(バーバー)<br /><br />・1996年3月29日、ロンドン、アビ―ロード第一スタジオでのセッションステレオ録音。<br />・1990年10月6,7日、セント・ルイス、パーヴェル・シンフォニー・ホールでのセッションステレオ録音。<br /><br /><h1>CD11</h1><br />・バーバー:4手のための思い出<a href="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170930145430c14.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170930145430c14.jpg" alt="John Browning - CD11 BARBER,SAINT-SAENS,DEBUSSY" width="200" height="200" border="0" align="right" /></a><br />・サン=サーンス:動物の謝肉祭<br />・ドビュッシー:前奏曲集第2巻<br /><br />・ピアノ:ジョン・ブラウニング<br />・ピアノ:レナード・スラットキン(バーバー)<br />・語り手:メリッサ・ジョン・ハート(サン=サーンス)<br />・ピアノ・ガリック・オールソン(サン=サーンス)<br /><br />・ボストン交響楽団<br /><br />・指揮:小澤 征爾<br /><br />・1990年10月15日、ニューヨーク、マンハッタンセンターでのセッションステレオ録音。(バーバー)<br />・1992年2月15日、ボストン、シンフォニーホールでのセッションステレオ録音。(サン=サーンス)<br />・セッションモノラル録音。(ドビュッシー)<br /><br /> なお、ドビュッシーについては、録音についてのデータは残っていない。<br /><br /><br /><h1>CD12</h1><br />・ドビュッシー:ピアノのために<a href="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/2017093014543137d.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/2017093014543137d.jpg" alt="John Browning - CD12 The Unreleased Debussy Recital" width="200" height="200" border="0" align="right" /></a><br /><br />・ドビュッシー:映像第一集<br />・ドビュッシー:映像第二集<br />・ドビュッシー:版画<br /><br />・ピアノ:ジョン・ブラウニング<br /><br /> 録音についてのデータは残っていない。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01HMAH3Z0/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51JbWo9GEiL.jpg" alt="COMPLETE RCA ALBUM COLLEC" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01HMAH3Z0/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">COMPLETE RCA ALBUM COLLEC</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.09.27</div></div><div class="amazlet-detail">ALEXIS WEISSENBERG <br />SONY CLASSICAL (2016-11-04)<br />売り上げランキング: 1,350</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01HMAH3Z0/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div><br />
1162

フルトヴェングラー/ルツェルンのフルトヴェングラー 1953年

 ルツェルン音楽祭の一環として1953年8月26日に催されたフルトヴェングラーの演奏会を記録したもの。通販サイトによれば、スイス放送局所蔵のテープを採用するとのことで、これはaudite社が過去に発売したルツェルンの第九と同じ形である。重要なのは、失われていたとされていた、マンフレッド序曲が存在していたという事であり、今回このソフトの発売でもって、初めて世に出ることとなる。TOWER RECORDS商品詳細ページAmazon商品... <a href="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/4988003513672.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/4988003513672.jpg" alt="4988003513672.jpg" border="0" width="400" height="400" /></a><br /><br /> ルツェルン音楽祭の一環として1953年8月26日に催されたフルトヴェングラーの演奏会を記録したもの。通販サイトによれば、スイス放送局所蔵のテープを採用するとのことで、これは<a href="http://musikvereinarchiv.blog.fc2.com/blog-entry-142.html" target="_blank" title="audite社が過去に発売したルツェルンの第九">audite社が過去に発売したルツェルンの第九</a>と同じ形である。重要なのは、失われていたとされていた、マンフレッド序曲が存在していたという事であり、今回このソフトの発売でもって、初めて世に出ることとなる。<br /><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4607363%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="https://www.amazon.co.jp/1953%E5%B9%B4%E3%83%AB%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%BC-%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%BC-%E6%8C%87%E6%8F%AE-%E3%83%AB%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%B3%E7%A5%9D%E7%A5%AD%E7%AE%A1%E5%BC%A6%E6%A5%BD%E5%9B%A3-%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9%E7%A5%9D%E7%A5%AD%E7%AE%A1%E5%BC%A6%E6%A5%BD%E5%9B%A3/dp/B075RGZYZ6/ref=as_li_ss_tl?s=music&amp;ie=UTF8&amp;qid=1506434595&amp;sr=1-2&amp;keywords=furtwangler&amp;linkCode=ll1&amp;tag=furtwangler07-22&amp;linkId=c53a76110b10d43950a0134bf86fa6b3" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004JC16LC/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41gy08fK5TL.jpg" alt="Wilhelm Furtwangler: the Legacy" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004JC16LC/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Wilhelm Furtwangler: the Legacy</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.09.26</div></div><div class="amazlet-detail">Elisabeth Schwarzkopf Gottlob Frick Dietrich Fischer-Dieskau Erna Berger <br />MEMBRAN (2011-03-25)<br />売り上げランキング: 62<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004JC16LC/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1161

ヨッフム/DG録音全集第2集

 第一集の曲目さえ整理しきれずに第二集の発売予告を迎えてしまった。よくあることである。 第二集は、オペラ・楽劇・合唱曲を集めたセット。ロングセラーを誇る『カルミナ・ブラーナ』をはじめ、ブルックナーの『テ・デウム』、フィッシャー=ディースカウがザックスを務める『ニュルンベルクのマイスタージンガー』、はじめてDGより発売される『ローエングリン』などを収める。HMV商品詳細ページTOWER RECORDS商品詳細ページCo... <br /> <a href="http://musikvereinarchiv.blog.fc2.com/blog-entry-869.html" target="_blank" title="第一集">第一集</a>の曲目さえ整理しきれずに第二集の発売予告を迎えてしまった。よくあることである。<br /> 第二集は、オペラ・楽劇・合唱曲を集めたセット。ロングセラーを誇る『カルミナ・ブラーナ』をはじめ、ブルックナーの『テ・デウム』、フィッシャー=ディースカウがザックスを務める『ニュルンベルクのマイスタージンガー』、はじめてDGより発売される『ローエングリン』などを収める。<br /><br /><a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&amp;mid=2880&amp;murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_Box-Set-Classical_000000000088040%2Fitem_%25E3%2582%25AA%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25B2%25E3%2583%25B3%25E3%2583%25BB%25E3%2583%25A8%25E3%2583%2583%25E3%2583%2595%25E3%2583%25A0%25EF%25BC%258FDG%25E9%258C%25B2%25E9%259F%25B3%25E5%2585%25A8%25E9%259B%2586%25E3%2580%2580%25E7%25AC%25AC2%25E9%259B%2586%25E3%2580%258E%25E3%2582%25AA%25E3%2583%259A%25E3%2583%25A9%25EF%25BC%2586%25E5%2590%2588%25E5%2594%25B1%25E6%259B%25B2%25E4%25BD%259C%25E5%2593%2581%25E9%259B%2586%25E3%2580%258F%25EF%25BC%258838CD%25EF%25BC%2589_8237686" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4607613%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01I60XCB4/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51DSDJUFuDL.jpg" alt="Complete Orchestral Recordings On Deutsche Grammophon" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01I60XCB4/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Complete Orchestral Recordings On Deutsche Grammophon</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.09.21</div></div><div class="amazlet-detail">Eugen Jochum <br />ユニバーサル ミュージック合同会社 (2016-09-02)<br />売り上げランキング: 6,019<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01I60XCB4/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1160

デ・サーバタ/DG&デッカ録音集

 デ・サバタを本当に知ったのは、彼の『トリスタンとイゾルデ』を聴いてから。それまでカラスがタイトルロールを務める『トスカ』の評判を見たことがある程度だった私を、情熱と化した音たちの激流でもって、真っ白になるまで燃やし続けたのであった。最悪との呼び声高い音質も、大した障壁ではなかったようである。TOWER RECORDS商品詳細ページHMV商品詳細ページプッチーニ:歌劇「トスカ」全曲(1953年)posted with amazlet at 17... <a href="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/685.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/685.jpg" alt="685.jpg" width="400" height="400" border="0" /></a><br /><br /> デ・サバタを本当に知ったのは、<a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F2619413%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">彼の『トリスタンとイゾルデ』</a>を聴いてから。それまでカラスがタイトルロールを務める『トスカ』の評判を見たことがある程度だった私を、情熱と化した音たちの激流でもって、真っ白になるまで燃やし続けたのであった。最悪との呼び声高い音質も、大した障壁ではなかったようである。<br /><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4607609%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&amp;mid=2880&amp;murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_Box-Set-Classical_000000000088040%2Fitem_%25E3%2583%25B4%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25AF%25E3%2583%2588%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2587%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25B5%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2590%25E3%2582%25BF%25EF%25BC%258FDG%25EF%25BC%2586%25E3%2583%2587%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AB%25E9%258C%25B2%25E9%259F%25B3%25E9%259B%2586%25EF%25BC%25884CD%25EF%25BC%2589_8237685%3Futm_medium%3Drss%26utm_source%3Draa000000c0" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00N447994/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61NFnMqEnwL.jpg" alt="プッチーニ:歌劇「トスカ」全曲(1953年)" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00N447994/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">プッチーニ:歌劇「トスカ」全曲(1953年)</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.09.21</div></div><div class="amazlet-detail">カラス(マリア) ゴッビ(ティト) ステファノ(ジュゼッペ・ディ) コルドヴァ(アルヴァーロ) カゼルリ(ダリオ) メルクリアーリ(アンジェロ) ルイゼ(メルキオーレ) <br />ワーナーミュージック・ジャパン (2014-12-24)<br />売り上げランキング: 15,862<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00N447994/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1159

トスカニーニ/ステレオ録音集

 トスカニーニのステレオ録音とされるものを集めたアルバム。最近発掘されたヴェルディのレクイエムから、トスカニーニ最後の公演として有名なワーグナー・プログラム等を収める。セヴィリャの理髪師序曲の録音は初めて知った。チャイコフスキーの悲愴交響曲の前に演奏されたらしい。なお、その1954年3月21日分の音源は、ラジオの解説、NBC交響楽団の直前練習もステレオで収録されていたようだ。TOWER RECORDS商品詳細ページHMV商... <a href="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/930_20170916121548976.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/930_20170916121548976.jpg" alt="930_20170916121548976.jpg" width="350" height="350" border="0" /></a><br /><br /> トスカニーニのステレオ録音とされるものを集めたアルバム。最近発掘されたヴェルディのレクイエムから、トスカニーニ最後の公演として有名なワーグナー・プログラム等を収める。セヴィリャの理髪師序曲の録音は初めて知った。チャイコフスキーの悲愴交響曲の前に演奏されたらしい。なお、その1954年3月21日分の音源は、ラジオの解説、NBC交響楽団の直前練習もステレオで収録されていたようだ。<br /><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4575116%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&amp;mid=2880&amp;murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_Box-Set-Classical_000000000088040%2Fitem_%25E3%2583%25B4%25E3%2582%25A7%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2587%25E3%2582%25A3%25EF%25BC%259A%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25AF%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25A8%25E3%2583%25A0%25E3%2580%2581%25E3%2583%2581%25E3%2583%25A3%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25B3%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25EF%25BC%259A%25E6%2582%25B2%25E6%2584%25B4%25E3%2580%2581%25E3%2583%25AF%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B0%25E3%2583%258A%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AD%25E3%2580%2581%25E4%25BB%2596%25E3%2580%2580%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A5%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2588%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AB%25E3%2583%258B%25E3%2583%25BC%25E3%2583%258B%25EF%25BC%2586NBC%25E4%25BA%25A4%25E9%259F%25BF%25E6%25A5%25BD%25E5%259B%25A3%25EF%25BC%25883CD%25EF%25BC%2589_8088930" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><h1>曲目等</h1><br />・ヴェルディ:レクイエム<br />・ロッシーニ:『セヴィリャの理髪師』序曲<br />・チャイコフスキー:交響曲6番「悲愴」<br />・ワーグナー:『ローエングリン』より第一幕への前奏曲<br />・ワーグナー:『ジークフリード』より森のささやき<br />・ワーグナー:『タンホイザー』序曲とバッカナール<br />・ワーグナー:『ニュルンベルクのマイスタージンガー』より第一幕への前奏曲<br /><br />・NBC交響楽団<br /><br />・指揮:アルトゥーロ・トスカニーニ<br /><br />・1951年1月27日、ステレオライヴ録音。(ヴェルディ)<br />・1954年3月21日、ニューヨーク、カーネギー・ホールでのステレオ録音。(ロッシーニ、チャイコフスキー)<br />・1954年4月4日、ニューヨーク、カーネギー・ホールでのステレオライヴ録音。(ワーグナー)<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B006VKKAWQ/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51OPgVU5R%2BL.jpg" alt="Toscanini Collection" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B006VKKAWQ/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Toscanini Collection</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.09.16</div></div><div class="amazlet-detail">Arturo Toscanini <br />RCA (2012-05-01)<br />売り上げランキング: 425<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B006VKKAWQ/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1152

ベネデッティ・ミケランジェリ/ベルン・リサイタル 1972

 ミケランジェリの完全初出音源が登場とのこと。この世のあらゆる名曲という名曲を弾いてもらいたい、そういう名人の一人がベネデッティ・ミケランジェリである。今回は、D.スカルラッティ、シューマン、グリーグの音源が出る。1972年ベルン放送スタジオ6で収録されたステレオのライヴ録音である。TOWER RECORDS商品詳細ページHMV商品詳細ページAmazon商品詳細曲目等・D.スカルラッティ:ソナタ K.11・D.スカルラッティ:ソナタ K... <a href="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/572.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/572.jpg" alt="572.jpg" border="0" width="400" height="400" /></a><br /><br /> ミケランジェリの完全初出音源が登場とのこと。この世のあらゆる名曲という名曲を弾いてもらいたい、そういう名人の一人がベネデッティ・ミケランジェリである。今回は、D.スカルラッティ、シューマン、グリーグの音源が出る。1972年ベルン放送スタジオ6で収録されたステレオのライヴ録音である。<br /><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4584675%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&amp;mid=2880&amp;murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_%25E3%2583%2594%25E3%2582%25A2%25E3%2583%258E%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B5%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588_000000000230513%2Fitem_%25E3%2580%258E%25E3%2583%2599%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25B3%25E3%2583%25BB%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B5%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25AB-1972%25E3%2580%259C%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A5%25E3%2583%25BC%25E3%2583%259E%25E3%2583%25B3%25E3%2580%2581D-%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25A9%25E3%2583%2583%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3%25E3%2580%258F%25E3%2580%2580%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A5%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2599%25E3%2583%258D%25E3%2583%2587%25E3%2583%2583%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25BB%25E3%2583%259F%25E3%2582%25B1%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B8%25E3%2582%25A7%25E3%2583%25AA%25EF%25BC%2588%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2586%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25AA%25EF%25BC%2589_8123572%3Futm_medium%3Drss%26utm_source%3Draa000000c0" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><a href="http://amzn.to/2x8r9af" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><br /><h1>曲目等</h1><br />・D.スカルラッティ:ソナタ K.11<br />・D.スカルラッティ:ソナタ K.322<br />・シューマン:謝肉祭<br />・シューマン:ウィーンの謝肉祭の道化師<br />・グリーグ:抒情小曲集作品68より「ゆりかごの歌」<br /><br />・ピアノ:アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ<br /><br />・1972年11月2日、スイス・ベルン放送スタジオ6でのステレオライヴ録音。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">スカルラッティのソナタ</span></strong><br /><br /> スカルラッティの録音は<a href="http://amzn.to/2f2m230" target="_blank" title="DECCAからステレオ録音で出ている">DECCAからステレオ録音で出ている</a>。音楽の作り方、テンポの相違もほとんどない。ただ、音はこちらの方が良いように思われた。高音のさっぱりとした輝きが入っていて、まるで水晶のように美しい。<br /><br /> 昨今、様式の差や文化的背景の違いをとやかく言うことがずっとはやっている。こじつけもあれば興味深いものもあるのだけれども、実際はこうであったと見せつけられると、やはり我々は現代に生きていることを痛感するわけである。<br /><br /> ところで、我々は、何を求めて音楽会に足を運ぶのだろうか。全身をしびれさす凄まじい感動だろうか、音の世界で展開される悲劇に涙する事であろうか、全宇宙に君臨する作曲家の哲学に教えを請うことであろうか、それとも、最新式の芸術や演奏家の解釈の理解のためだろうか。音楽が、我々が通常生活の場としている世界とは別の部分を描いているという前提は、いよいよ巨大な複雑なものへと変わっていっているように思われる。つくられる楽曲も演奏も過去も現在もすべてまきこんで。わざわざ音楽を聴きに出かけるという過程自体が、いわば一種の秘境への冒険の始まりを演出しているのかもしれない。<br /><br /> さて、このミケランジェリのスカルラッティについては、どうもそれとは違った用途を偲ばせるところがあったことを報告しておく。<br /> 時代は十七世紀の王侯の屋敷。執務と執務の間に時間が空いてしまった、それもどう仕様もなく短く、遊びに興じるには短すぎる、しかし退屈などはあってはならないではないか。その時間を埋めるため、侍従たちは、例えば、ミケランジェリ級の音楽家を呼んできて住みこませ、スカルラッティ等のソナタを一曲二曲弾いてもらう、そんな実際的な道具としての音楽である。こう言う音楽は、その用途の性質上前後の行事や執務に影響を与えてはいけないので、湧き上がる情熱や、震えるような涙、太陽のような喜びは禁物である。教えを垂れるなどもってのほかだ。あくまで、退屈な時間を彩るものとしての音楽。それはそれで難しい仕事だったに違いない。<br /> 幼稚な連想だと笑われるだろうが、私は、聴くというよりも、音楽がもたらす最低限の魅力とみえるものに吸いついているような思いがしたものだった。一つの感想文である。17世紀にピアノは無い。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">カーニバル</span></strong><br /><br /> さて、場は整ったところで、シューマンのカーニバルの二連発だ。<br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LBZ2XKW/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51xobUf5plL.jpg" alt="SSS0187 「ミケランジェリ・ベルン・リサイタル1975」" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LBZ2XKW/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">SSS0187 「ミケランジェリ・ベルン・リサイタル1975」</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.08.07</div></div><div class="amazlet-detail">アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ <br />WEITBLICK (2016-09-01)<br />売り上げランキング: 17,125<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LBZ2XKW/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1158

トスカニーニ/ザルツブルク音楽祭、ルツェルン音楽祭録音集

 トスカニーニのルツブルク音楽祭、ルツェルン音楽祭録音集。全集ではない。いずれも1930年代の録音で、音質など悪い方で有名になるくらいのものだろうし、似たような境遇でも『ニュルンベルクのマイスタージンガー』のような唯一の録音でもない。しかし、捨てておけなくて手を出してしまうのが愛好家の性というものではなかろうか?HMV商品詳細ページTOWER RECORDS商品詳細ページ曲目等・ベートーヴェン:交響曲6番「田園」(第4... <a href="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_201709161153303fc.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_201709161153303fc.jpg" alt="Folder_201709161153303fc.jpg" width="350" height="350" border="0" /></a><br /><br /> トスカニーニのルツブルク音楽祭、ルツェルン音楽祭録音集。全集ではない。いずれも1930年代の録音で、音質など悪い方で有名になるくらいのものだろうし、似たような境遇でも<a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F3044944%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">『ニュルンベルクのマイスタージンガー』のような唯一の録音</a>でもない。しかし、捨てておけなくて手を出してしまうのが愛好家の性というものではなかろうか?<br /><br /><a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&amp;mid=2880&amp;murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_Orchestral-Concert_000000000230838%2Fitem_R-%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A5%25E3%2583%2588%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25B9%25EF%25BC%259A%25E6%25AD%25BB%25E3%2581%25A8%25E6%25B5%2584%25E5%258C%2596%25E3%2580%2581%25E3%2583%25AF%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B0%25E3%2583%258A%25E3%2583%25BC%25EF%25BC%259A%25E3%2582%25B8%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25AF%25E3%2583%2595%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%25E3%2581%25AE%25E6%25AD%25BB%25E3%2581%25A8%25E8%2591%25AC%25E9%2580%2581%25E9%259F%25B3%25E6%25A5%25BD%25E3%2580%2581%25E3%2583%2596%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25A0%25E3%2582%25B9%25EF%25BC%259A%25E4%25BA%25A4%25E9%259F%25BF%25E6%259B%25B2%25E7%25AC%25AC3%25E7%2595%25AA%25E3%2580%2581%25E4%25BB%2596%25E3%2580%2580%25E3%2583%2588%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AB%25E3%2583%258B%25E3%2583%25BC%25E3%2583%258B%25EF%25BC%2586%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25B3%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25AB%25E3%2580%2581%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2584%25E3%2582%25A7%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25B3%25E9%259F%25B3%25E6%25A5%25BD%25E7%25A5%25AD%25E7%25AE%25A1%25EF%25BC%25882CD%25EF%25BC%2589_7972805" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4545533%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><br /><h1>曲目等</h1><br />・ベートーヴェン:交響曲6番「田園」(第4,5楽章のみ)<br />・R.シュトラウス:交響詩『死と変容』<br />・ワーグナー:神々の黄昏より「ジークフリードの死と葬送行進曲」<br />・ブラームス:交響曲3番<br />・ケルビーニ:歌劇『アナクレオン』序曲<br /><br />・ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(ベートーヴェン、R.シュトラウス、ワーグナー)<br />・ルツェルン祝祭管弦楽団(ブラームス、ケルビーニ)<br /><br />・指揮:アルトゥーロ・トスカニーニ<br /><br />・1937年8月24日、ザルツブルク祝祭劇場でのモノラルライヴ録音。(ベートーヴェン、R.シュトラウス)<br />・1934年8月26日、ザルツブルク祝祭劇場でのモノラルライヴ録音。(ワーグナー)<br />・1938年8月27日、ルツェルン、クンストハウスでのモノラルライヴ録音。(ブラームス、ケルビーニ)<br /><br /><br /><strong><span style="font-size:large;">ルツェルン音楽祭</span></strong><br /><br /> トスカニーニのルツェルン音楽祭への参加は、たしか、ドイツ・オーストリアがナチスの手に落ちたことによると読んだ事がある。現代日本でもそうだが、古典文化事業は政府の援助なしには始まらない。ザルツブルク音楽祭は当然新しい支配者に恭順するわけで、彼の大嫌いなムッソリーニと大変な友好関係にあったナチスの配下で仕事をするのは、まるでムッソリーニをたたえる祭りを盛り上げているようでおもしろくなかったのだろう、とのこと。ザルツブルク音楽祭で『ニュルンベルクのマイスタージンガー』をやるというバイロイト音楽祭への嫌がらせもナチス嫌いからまっすぐに実行された対抗措置である。まったく包み隠さない嫌悪と抗議の姿勢は、逆に腹蔵のない正直さを感じさせられる。これがスタンダールの愛したイタリア人気質というものではあるまいか?<br /><br /> そういう経緯からこのスイスの保養地での音楽祭との関係は始まったのだが、その割に随分長く続いたようで、戦後には娘婿のホロヴィッツを連れてブラームスの第二ピアノ協奏曲を披露している。<br /><br /> 音質である。全編にわたって砂利をゴシゴシとこすり合わせるような音が混ざっているため、ヘッドホンでの鑑賞は難しいだろう。<br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B006VKKAWQ/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51OPgVU5R%2BL.jpg" alt="Toscanini Collection" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B006VKKAWQ/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Toscanini Collection</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.09.16</div></div><div class="amazlet-detail">Arturo Toscanini <br />RCA (2012-05-01)<br />売り上げランキング: 425<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B006VKKAWQ/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1157

チェリビダッケ/R.シュトラウス:死と浄化、マーラー:亡き子をしのぶ歌

 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団所有チェリビダッケ音源第二弾が発売される。『死と変容』のほうは、有名な東京公演の録音がすでに出ているが、マーラーの方は私は初めてみる。マーラーの歌曲を歌うのは、C.クライバーとの共演で有名なファスベンダーである。HMV商品詳細ページTOWER RECORDS商品詳細ページ曲目等・マーラー:歌曲集『亡き子をしのぶ歌』・R.シュトラウス:交響詩『死と変容』・メゾ・ソプラノ:ブリギッテ... <a href="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/252.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/252.jpg" alt="252.jpg" border="0" width="400" height="400" /></a><br /><br /> ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団所有チェリビダッケ音源第二弾が発売される。『死と変容』のほうは、有名な東京公演の録音がすでに出ているが、マーラーの方は私は初めてみる。マーラーの歌曲を歌うのは、C.クライバーとの共演で有名なファスベンダーである。<br /><br /><a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&amp;mid=2880&amp;murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A5%25E3%2583%2588%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25B9%25E3%2580%2581%25E3%2583%25AA%25E3%2583%2592%25E3%2583%25A3%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2588%25EF%25BC%25881864-1949%25EF%25BC%2589_000000000019384%2Fitem_R-%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A5%25E3%2583%2588%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25B9%25EF%25BC%259A%25E6%25AD%25BB%25E3%2581%25A8%25E6%25B5%2584%25E5%258C%2596%25E3%2580%2581%25E3%2583%259E%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25BC%25EF%25BC%259A%25E4%25BA%25A1%25E3%2581%258D%25E5%25AD%2590%25E3%2582%2592%25E3%2581%2597%25E3%2581%25AE%25E3%2581%25B6%25E6%25AD%258C%25E3%2580%2580%25E3%2582%25BB%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25B8%25E3%2582%25A6%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2581%25E3%2582%25A7%25E3%2583%25AA%25E3%2583%2593%25E3%2583%2580%25E3%2583%2583%25E3%2582%25B1%25EF%25BC%2586%25E3%2583%259F%25E3%2583%25A5%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2598%25E3%2583%25B3%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25AB%25E3%2580%2581%25E3%2583%2596%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25AE%25E3%2583%2583%25E3%2583%2586%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A1%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2599%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2580%25E3%2583%25BC_8220252" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4605111%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><h1>曲目等</h1><br />・マーラー:歌曲集『亡き子をしのぶ歌』<br />・R.シュトラウス:交響詩『死と変容』<br /><br />・メゾ・ソプラノ:ブリギッテ・ファスベンダー(マーラー)<br /><br />・ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:セルジウ・チェリビダッケ<br /><br />・1983年6月30日、ミュンヘン、ヘルクレスザールでのステレオライヴ録音。(マーラー)<br />・1979年2月17日、ミュンヘン、ヘルクレスザールでのステレオライヴ録音。(シュトラウス)<br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000VQXY8I/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/512OxqUTlgL.jpg" alt="ブラームス:交響曲第4番、R.シュトラウス:死と変容、他" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000VQXY8I/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">ブラームス:交響曲第4番、R.シュトラウス:死と変容、他</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.09.16</div></div><div class="amazlet-detail"><br />ALTUS (2007-06-08)<br />売り上げランキング: 14,500<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000VQXY8I/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1156

カラヤン/DG、DECCA録音全集

 ありそうでなかったカラヤンのユニバーサル全集が登場。かつて空前の巨大ボックスセットであった、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団全集を上回る枚数と価格での登場です。ただし、ザルツブルク音楽祭およびウィーン国立歌劇場の一部の録音は含まれていません。HMV商品詳細ページTOWER RECORDS商品詳細ページ内訳・DECCA管弦楽曲セッション録音集 DECCAでの録音は、カラヤンのいわゆる帝王時代を記録している。ピットにはウィ... <div style="text-align: center;"><a href="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/794.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/794.jpg" alt="794.jpg" width="400" height="400" border="0" /></a></div><br /> ありそうでなかったカラヤンのユニバーサル全集が登場。かつて空前の巨大ボックスセットであった、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団全集を上回る枚数と価格での登場です。ただし、ザルツブルク音楽祭およびウィーン国立歌劇場の一部の録音は含まれていません。<br /><br /><a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&mid=2880&murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2580%2581%25E3%2583%2598%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2599%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2588%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A9%25E3%2583%25B3%25EF%25BC%25881908-1989%25EF%25BC%2589_000000000213588%2Fitem_%25E3%2583%2598%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2599%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2588%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A9%25E3%2583%25B3%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2580%2580DG%25E3%2580%2581DECCA%25E9%258C%25B2%25E9%259F%25B3%25E5%2585%25A8%25E9%259B%2586%25EF%25BC%2588330CD%25EF%25BC%258B24DVD%25EF%25BC%258B2%25E3%2583%2596%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2587%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25AA%25EF%25BC%2589_8212794%3Futm_medium%3Drss%26utm_source%3Draa000000c0" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4604537%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" width="0" height="1" border="0" alt="" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><br /><h1>内訳</h1><br /><br /><strong><span style="font-size:large;"><a href="http://musikvereinarchiv.blog.fc2.com/blog-entry-645.html" target="_blank" title="・DECCA管弦楽曲セッション録音集">・DECCA管弦楽曲セッション録音集</a></span></strong><br /><br /> DECCAでの録音は、カラヤンのいわゆる帝王時代を記録している。ピットにはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を、専属歌手をふんだんに配置し、当時高音質で有名であったDECCAレコードの技術力を資本にしたオペラ録音が中心だが、管弦楽曲ファンにこたえるレコードもまた製作している。R.シュトラウスの『ツァラトゥストラはかく語りき』やホルストの『惑星』、チャイコフスキーのバレエ組曲集などがそれだ。脂の乗り切った60年台という指揮者の若さも音楽に生気を与えているように思う。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;"><a href="http://musikvereinarchiv.blog.fc2.com/blog-entry-531.html" target="_blank" title="・カラヤンの60年代">・カラヤンの60年代</a></span></strong><br /><br /> フルトヴェングラー亡きあと、チェリビダッケの短期政権が終わった直後に発足したカラヤン時代のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を記録するものでもある。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;"><a href="http://musikvereinarchiv.blog.fc2.com/blog-entry-733.html" target="_blank" title="・カラヤンの70年代">・カラヤンの70年代</a></span></strong><br /><br /> カラヤンの国際的な名声が絶頂に達したのがこの時期だろう。十年前でも天井に達したと言ってもよいのだろうが。音楽的には、さらに精度を上げたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が、いよいよカラヤンの色に染まっている。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;"><a href="http://musikvereinarchiv.blog.fc2.com/blog-entry-907.html" target="_blank" title="・カラヤンの80年代">・カラヤンの80年代</a></span></strong><br /><br /> カラヤン最後の十年である。長く仕事を続けてきたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と決裂し、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との仕事の割合が多くなるのが特徴。音楽的には、レガートの横幅が大きくなっている。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;"><a href="http://musikvereinarchiv.blog.fc2.com/blog-entry-161.html" target="_blank" title="・オペラ録音集">・オペラ録音集</a></span></strong><br /><br />ほか映像作品等。<br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00G6N4GLO/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41SCYsW1Q-L.jpg" alt="RCO 125周年記念 特別限定ボックス (Royal Concertgebouw Orchestra 125 Years Special Box) (152CD Box) [Limited Edition] [輸入盤]" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00G6N4GLO/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">RCO 125周年記念 特別限定ボックス (Royal Concertgebouw Orchestra 125 Years Special Box) (152CD Box) [Limited Edition] [輸入盤]</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.09.12</div></div><div class="amazlet-detail">ロイヤル・コンセルトへボウ管弦楽団 <br />RCO Live (2013-11-30)<br />売り上げランキング: 52,249</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00G6N4GLO/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1151

ホロヴィッツ/シューマン:子供の情景/クライスレリアーナ(LP初出版) 他

噂の音源 - 二種類のCBS版『クライスレリアーナ』 ソニーによる第一回目のCD全集以降、CBS版ホロヴィッツの『クライスレリアーナ』は、ホロヴィッツが発売を許可したLP初出の音源とは別のもの(テイク)が採録されているらしい。さて、この噂を確認するには、音源の波形を比較するのが一般的であろう。全部載せると長いので、第一曲(クライスレリアーナ 作品16 第1曲 極度に感動して)のみ。以下の通りである。LP初出版(SICC-30... <a href="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/518ipETJVuL.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/518ipETJVuL.jpg" alt="518ipETJVuL.jpg" width="400" height="397" border="0" /></a><br /><br /><strong><span style="font-size:large;">噂の音源 - 二種類のCBS版『クライスレリアーナ』</span></strong><br /><br /> ソニーによる第一回目のCD全集以降、CBS版ホロヴィッツの『クライスレリアーナ』は、ホロヴィッツが発売を許可したLP初出の音源とは別のもの(テイク)が採録されているらしい。さて、この噂を確認するには、音源の波形を比較するのが一般的であろう。全部載せると長いので、第一曲(クライスレリアーナ 作品16 第1曲 極度に感動して)のみ。以下の通りである。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170808203731798.jpg" target="_blank" title="LP初出版(SICC-30361)">LP初出版(SICC-30361)</a><br /><a href="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170808203729ca5.jpg" target="_blank" title="CD全集版">CD全集版</a><br /><br /> もっとも、届く前に確信していたのである。通販サイトの試聴サービスで聴く限り、もう別のものとしか思えなかった。試しに、以下赤枠の音に注目して聴くとわかりやすいだろう。フレーズの頭を強調するのは彼の常策ではあるが、CD全集版にはない特徴である。<a href="http://amzn.to/2fi2Bqt" target="_blank" title="68年のカーネギーホールライヴ録音">68年のカーネギーホールライヴ録音</a>(試聴音源に似る)とは、ミスタッチと客席ノイズとの比較で排除できるかと思われる。<br /><br /><a href="http://amzn.to/2v8UiRu" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4343086%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" width="0" height="1" border="0" alt="" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><br /><br /><a href="//blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/201708052158162fe.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/201708052158162fe.jpg" alt="schumann op16" width="700" height="141" border="0" /></a><br /><br /> ホロヴィッツの同曲異演は大量にあることが、最近の<a href="http://amzn.to/2wuYNFC" target="_blank" title="ライヴ録音の発掘リリース">ライヴ録音の発掘リリース</a>で一般にも知れ渡るようになった。<a href="http://amzn.to/2fhoSob" target="_blank" title="復帰五十周年記念版">復帰五十周年記念版</a>のブックレットでは、アルバム作成での複雑な編集過程が記されている。あんまり多く、日付単位の管理が基本という中で、演奏はどれも似通っている(当然である)ため、まぁ、この手の作業には慣れてはいるのだろうが、単純な錯誤でこういう次第なのだろう。ここまではよろしい、たまにある話である。<a href="http://amzn.to/2wuBg7x" target="_blank" title="アーノンクールの渾身の遺言ともいうべき『ミサ・ソレムニス』">アーノンクールの渾身の遺言ともいうべき『ミサ・ソレムニス』</a>も回収騒ぎとなった。<a href="http://amzn.to/2fgsl6F" target="_blank" title="シュナーベルのベートーヴェン">シュナーベルのベートーヴェン</a>にいたっては、二度のリコールである。それに、ローマの格言にも次のようなものがあるではないか、すなわち、「Errare humanum est (誤るのが人間である)」。<br /><br /> 問題は、この異常事態についてアナウンスすらなかった点である。版元はホロヴィッツの音源を無断で新たに追加使用していたことになるため、認めるわけにはいかなかったのかもしれない。あるいは、指摘があるまでは黙っておいた方が賢明だと思ったのかもしれない、「ホロヴィッツときたら、連中は何を聴いても『バカな天才的神経症患者のやる音楽』と言ってくれるさ」というわけである。もっとも、一番問題なのは、担当者がこの状況にいまだ気がついていないというパターンであるが……。<br /><br /> (※ところで、68年テレビ放送のカルメン変奏曲が、アルティメット・エディションとジャケットコレクションで、音質だけでなく音源での差異があるように思ったのだが、私だけだろうか?)<br /><br /><span style="font-size:large;"><strong>演奏について</strong></span><br /><br /> 演奏を振り返ってみて、CD全集版は、確かに、言われてみれば、ホロヴィッツにしては淡白な印象を与えるもので、<a href="http://amzn.to/2fi2Bqt" target="_blank" title="68年のカーネギーホールでのライヴ録音">68年のカーネギーホールでのライヴ録音</a>を聴いてみたときなど、「何か違うな」と思った記憶がある。あの、か細い、嗚咽と絶望と倦怠の世界も、セッションでは何となく端正である。そう、セッションとライヴの対比から、「観客もいないスタジオで缶詰にされた状況だったので燃え上がらなかっただろう」と書いてももっともらしい格好がつくのである。隠遁中の録音と共通の傾向と書き添えれば、さらに主張に箔が付くというものだ。<br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002P3J3BW/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51OYvhIUG4L.jpg" alt="Vladimir Horowitz -Complete Original Jacket Collection" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002P3J3BW/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Vladimir Horowitz -Complete Original Jacket Collection</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.08.05</div></div><div class="amazlet-detail">Vladimir Horowitz <br />Sony Classics (2009-12-07)<br />売り上げランキング: 3,269</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002P3J3BW/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1150

ゼルキン/コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション

 ルドルフ・ゼルキンのコロンビア全集。75歳記念リサイタルの映像は付かない。 ゼルキンは、ボックスが出るという事で、カーネギーホールの記念ボックスについていた75歳記念リサイタルの録音を引っ張り出して聴いたくらいで、ほとんど聴いていないに等しい。オーストリア=ハンガリー帝国期のチェコ出身という情報もさっき仕入れたくらいである。しかし、名前くらいは何度か横目で見ているわけで、漠然とドイツ系の作曲家を得意... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06XKWL779/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51lOAcP8CwL.jpg" alt="Complete.. -Box Set-" style="border: none;" /></a><br /><br /> ルドルフ・ゼルキンのコロンビア全集。75歳記念リサイタルの映像は付かない。<br /> ゼルキンは、ボックスが出るという事で、<a href="http://amzn.to/2uoWMuL" target="_blank" title="カーネギーホールの記念ボックスについていた75歳記念リサイタル">カーネギーホールの記念ボックスについていた75歳記念リサイタル</a>の録音を引っ張り出して聴いたくらいで、ほとんど聴いていないに等しい。オーストリア=ハンガリー帝国期のチェコ出身という情報もさっき仕入れたくらいである。しかし、名前くらいは何度か横目で見ているわけで、漠然とドイツ系の作曲家を得意とする、パリ風の華やかさよりも、教会風の精神の奥行きの音楽をやる人というイメージだが、そうも言いきれない。レパートリーに<a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F3287938%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" width="0" height="1" border="0" />プロコフィエフやバルトークの協奏曲</a>が含まれているのを見てしまうと、どうも近現代に目線があり、古典物は一時代前のやり方でまとめる、例えば、彼の弾くシューベルトもなんとなくロマン派よりの音楽なのかもしれない、という具合に、イメージが揺れるのである。<br /><br /> ゼルキンの音楽に就いて、一つ方向性を与えてくれたのが、上のライヴ録音で、特にベートーヴェンの「告別」ソナタだった。<a href="http://musikvereinarchiv.blog.fc2.com/blog-entry-1051.html" target="_blank" title="シュナーベル風のやり方">シュナーベル風のやり方</a>と言って伝われば話は早い。楽譜に対する一種の崇拝と、自らの演奏家としての官能から得た音楽の創造をどう両立させるのか、二人のピアニストの演奏は形式に立脚するものだが、表現自体は「怒り、悲哀、ときには憂愁でさえも、嵐の如き、あるいは嵐の後の静けさの如き感情を前提としている」といった姿をしているのである。どうも、ベートーヴェンの楽曲はその手の葛藤が一番出やすいのかもしれない。<br /><br /><a href="http://amzn.to/2uoooA5" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4566513%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" width="0" height="1" border="0" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&mid=2880&murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_%25E3%2583%2594%25E3%2582%25A2%25E3%2583%258E%25E4%25BD%259C%25E5%2593%2581%25E9%259B%2586_000000000017977%2Fitem_%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2589%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2595%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25BC%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25B3%25EF%25BC%258F%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2597%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2588%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2593%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2590%25E3%2583%25A0%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25AF%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25B3%25EF%25BC%258875CD%25EF%25BC%2589_8061545%3Futm_medium%3Drss%26utm_source%3Draa000000c0" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><h1>目次</h1><br /><br /><h1>CD1</h1><br />・ブラームス:ピアノ協奏曲1番<br /><br />・ピアノ:ルドルフ・ゼルキン<br /><br />・ピッツバーグ交響楽団<br /><br />・指揮:フリッツ・ライナー<br /><br />・1946年2月2日、ピッツバーグ、シリア・モスクでのセッションモノラル録音。<br /><br /> <br /><br /><br /><br /><h1>CD2</h1><br />・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ14番<br />・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ8番<br /><br />・ピアノ:ルドルフ・ゼルキン<br /><br />・1941年9月3日、1942年4月30日、ニューヨーク、リーダーズクランツ・ホールでのセッションモノラル録音。(14番)<br />・1945年6月5日、ニューヨーク、コロンビアスタジオでのセッションモノラル録音。(8番)<br /><br /><br /><h1>CD3</h1><br />・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲5番<br /><br />・ピアノ:ルドルフ・ゼルキン<br /><br />・ニューヨーク・フィルハーモニック<br /><br />・指揮:ブルーノ・ワルター<br /><br />・1941年12月22日、リーダーズクランツ・ホールでのセッションモノラル録音。<br /><br /><br /><br /><h1>CD53</h1><br /><a href="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170924173549088.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170924173549088.jpg" alt="Rudolf Serkin - The Complete Columbia Album Collection CD53" width="200" height="199" border="0" align="right" /></a> ・ブラームス:ピアノ協奏曲2番<br /><br />・ピアノ:ルドルフ・ゼルキン<br /><br />・クリーヴランド管弦楽団<br /><br />・指揮:ジョージ・セル<br /><br />・1966年1月21,22日、クリーヴランド、セヴェランス・ホールでのセッションステレオ録音。<br /><br /> ゼルキン同曲最後のセッション録音。<div style="text-align: right;">★★★★★</div><h1>CD58</h1><div style="text-align: right;"><a href="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170924173553e76.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20170924173553e76.jpg" alt="Rudolf Serkin - The Complete Columbia Album Collection CD58" width="200" height="196" border="0" align="right" /></a></div>・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ28番<br />・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ31番<br /><br />・ピアノ:ルドルフ・ゼルキン<br /><br />・1970年10月7,14,15日、ニューヨーク、30番街コロンビアスタジオでのセッションステレオ録音。(28番)<br />・1971年1月12日、ニューヨーク、30番街コロンビアスタジオでのセッションステレオ録音。(31番)<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002P3J3BW/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51OYvhIUG4L.jpg" alt="Vladimir Horowitz -Complete Original Jacket Collection" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002P3J3BW/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Vladimir Horowitz -Complete Original Jacket Collection</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.07.23</div></div><div class="amazlet-detail">Vladimir Horowitz <br />Sony Classics (2009-12-07)<br />売り上げランキング: 9,314</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002P3J3BW/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1149

バドゥラ=スコダ/パウル・バドゥラ=スコダ・エディション

 バドゥラ=スコダのウェストミンスター全集(演奏者自薦の選集でした。大変申し訳ありませんでした)がでる。 パウル・バドゥラ=スコダ(1927- )の名前は、フルトヴェングラーとの共演の記録で知り、その上存命という事でちょっと不思議な気分になった。フルトヴェングラーの共演者と言えばE.フィッシャーやギーゼキングというイメージがあったからで、文献の中から人物が飛び出してきたような感じがしたのである。 ただ、演奏... <a href="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/scoda.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/scoda.jpg" alt="scoda.jpg" width="500" height="500" border="0" /></a><br /><br /><br /> バドゥラ=スコダのウェストミンスター<s>全集</s>(演奏者自薦の選集でした。大変申し訳ありませんでした)がでる。<br /> パウル・バドゥラ=スコダ(1927- )の名前は、フルトヴェングラーとの共演の記録で知り、その上存命という事でちょっと不思議な気分になった。フルトヴェングラーの共演者と言えばE.フィッシャーやギーゼキングというイメージがあったからで、文献の中から人物が飛び出してきたような感じがしたのである。<br /><br /> ただ、演奏に触れたのは随分と後になってからだ。夏の音楽祭中継をあさっていると、その幕間で最近の演奏や古い録音が流れてくる。その中の一つが、バドゥラ=スコダのエオリアンハープ練習曲だった。中継は深夜である場合が常のため、良い演奏でも忘れてしまうことが多いにもかかわらず、これだけはよく覚えている。番組紹介のページで演奏者の名前を確認した。演奏の中身は、シューベルト風、最近のピアニストでいうとリシエツキみたいなもので、「詩的」とか「円熟したロマンティック」などと形容されるタイプ。しかし、バドゥラ=スコダに比べれば上手なリシエツキもまだまだ硬いのである。最近では、ロマンティックも型から入ることができる時代である。二人の違いは、よく計画された詩的表現と、詩的表現を体で覚えている点であるといっていい。表現の自在で自然な様は、自ら開拓しなければ得られないものだ。<br /><br /><a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&mid=2880&murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_%25E3%2583%2594%25E3%2582%25A2%25E3%2583%258E%25E4%25BD%259C%25E5%2593%2581%25E9%259B%2586_000000000017977%2Fitem_%25E3%2583%2591%25E3%2582%25A6%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2590%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A5%25E3%2583%25A9%25EF%25BC%259D%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25B3%25E3%2583%2580%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2587%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25B3%25EF%25BC%258820CD%25EF%25BC%2589_8059771%3Futm_medium%3Drss%26utm_source%3Draa000000c0" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4566157%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" width="0" height="1" border="0" alt="" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="https://www.amazon.co.jp/Paul-Badura-Skoda-V-C/dp/B073XCGB9Q/ref=as_li_ss_tl?s=music&ie=UTF8&qid=1506132386&sr=1-43&refinements=p_n_format_browse-bin:81878051&linkCode=ll1&tag=furtwangler07-22&linkId=7909bfcb829d6f16c4f9e219b173e853">Amazon商品詳細</a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00AHQRU28/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41w5SAJf4NL.jpg" alt="フルトヴェングラー : ウィーンでの演奏会 1944 - 1954 (Konzerte in Wien 1944 - 54 / Wilhelm Furtwangler , Wiener Philharmoniker) (18CD) [輸入盤]" style="border: none;" width="300" height="295" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00AHQRU28/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">フルトヴェングラー : ウィーンでの演奏会 1944 - 1954 (Konzerte in Wien 1944 - 54 / Wilhelm Furtwangler , Wiener Philharmoniker) (18CD) [輸入盤]</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.07.15</div></div><div class="amazlet-detail">ヴィルヘルム・フルトヴェングラー ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 <br />Orfeo D'or (2013-01-30)<br />売り上げランキング: 3,577</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00AHQRU28/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1148

ツィマーマン/シューベルト:ピアノソナタ20,21番

 ツィマーマンの久しぶりの新譜である。 会場は別だが、シューベルトの21番なら生で聴いた。その日は二曲構成のリサイタルで、一曲目がベートーヴェンの31番ソナタ、その後が21番だった(アンコールはなかった)。相変わらず学校から連れてきたようなきれいな音と、俗受けしそうなテンポルバート(つまらない演奏家がロマン風の味付けで使う安易な技巧)から音楽は始まって、どうなることかと思ったが、これは非常に大げさな挨拶... <a href="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/028947975885.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/028947975885.jpg" alt="028947975885.jpg" border="0" width="400" height="400" /></a><br /><br /><br /> ツィマーマンの久しぶりの新譜である。<br /> 会場は別だが、シューベルトの21番なら生で聴いた。その日は二曲構成のリサイタルで、一曲目がベートーヴェンの31番ソナタ、その後が21番だった(アンコールはなかった)。相変わらず学校から連れてきたようなきれいな音と、俗受けしそうなテンポルバート(つまらない演奏家がロマン風の味付けで使う安易な技巧)から音楽は始まって、どうなることかと思ったが、これは非常に大げさな挨拶のようなものらしい。この人はどうやら現代ピアノの豊かな音響を前提に、多くの音の線を操るのに長けているようである。ピアノとは、チェンバロとオルガンの間に位置する鍵盤楽器という事だろうか。そういう意味では、ベートーヴェンのフーガが一番聴きごたえがした。ふたの半分開いた大きな竪琴から、煙みたいに音の線が立ち上って、ゆっくりと会場を満たしていくのである。<br /> シューベルトの味付けは、どちらかと言えば締まったものだったはずだ。人懐っこいセピア色の思い出をくすぐるの音楽よりも、音の間間に挟まれる嫌な沈黙の方が耳に残っている。<br /><br /><a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&amp;mid=2880&amp;murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A5%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2599%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2588%25EF%25BC%25881797-1828%25EF%25BC%2589_000000000034589%2Fitem_%25E3%2583%2594%25E3%2582%25A2%25E3%2583%258E%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25BD%25E3%2583%258A%25E3%2582%25BF%25E7%25AC%25AC21%25E7%2595%25AA%25E3%2580%2581%25E7%25AC%25AC20%25E7%2595%25AA%25E3%2580%2580%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25B3%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2584%25E3%2582%25A3%25E3%2583%259E%25E3%2583%25BC%25E3%2583%259E%25E3%2583%25B3_8040925" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4561986%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><br /><h1>曲目等</h1><br />・シューベルト:ピアノソナタ20番 D959<br />・シューベルト:ピアノソナタ21番 D960<br /><br />・ピアノ:クリスティアン・ツィマーマン<br /><br />・2016年、新潟県柏崎市でのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /> アンダンチーノの真ん中に配置されているのは、間違いなくベートーヴェンの中期に燃え上がった、疑惑と否定の炎であり、衣鉢を継ぐシューベルトはさらに燃え上がらせることに成功した。しかし、その焔の輝きとは裏腹に、燃えつきれば悲しいのである。焼いたのは己の心ではなかったか。やり切れぬ焦燥が生むものこそが歌であるという事を、誰よりも理解しているのはシューベルトではなかったか。『冬の旅』に音楽を付けた作曲家の影はここにもある。<br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000001G9G/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51T7YbBrdBL.jpg" alt="Impromptus" style="border: none;" width="300" height="300" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000001G9G/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Impromptus</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.07.08</div></div><div class="amazlet-detail"><br />Dg Imports (1992-04-14)<br />売り上げランキング: 26,335</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000001G9G/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1147

ショルティ/シカゴ交響楽団とのDECCA録音全集

 DECCAに残されたショルティのシカゴ交響楽団との仕事をすべて集めたセット。『ニュルンベルクのマイスタージンガー』(再録音)やベートーヴェンの第九、『がんばれ、シカゴ・ベアーズ』と多彩。 ワーグナーを通じてショルティを知ったので、どうしてもウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のイメージが強いのだが、ショルティの仕事と言えば、シカゴ交響楽団とのものを外すわけにはいかない位の事は知っているつもりである。具... <div style="text-align: center;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B073GSGGH1/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51dZpgoCzoL.jpg" alt="Solti Chicago" style="border: none;" /></a></div><br /> DECCAに残されたショルティのシカゴ交響楽団との仕事をすべて集めたセット。『ニュルンベルクのマイスタージンガー』(再録音)やベートーヴェンの第九、『がんばれ、シカゴ・ベアーズ』と多彩。<br /> ワーグナーを通じてショルティを知ったので、どうしてもウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のイメージが強いのだが、ショルティの仕事と言えば、シカゴ交響楽団とのものを外すわけにはいかない位の事は知っているつもりである。具体的には、合衆国風のオーケストラの力を借りた、恐ろしく重くて恐ろしく速い右ストレートのようなフォルティッシモという点のみ。もっと何かあるはずだろう。楽しみである。<br /><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4562003%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" width="0" height="1" border="0" alt="" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&mid=2880&murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_Box-Set-Classical_000000000088040%2Fitem_%25E3%2582%25B2%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25B0%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A7%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3%25EF%25BC%2586%25E3%2582%25B7%25E3%2582%25AB%25E3%2582%25B4%25E4%25BA%25A4%25E9%259F%25BF%25E6%25A5%25BD%25E5%259B%25A3%25E3%2580%2580%25E3%2583%2587%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AB%25E9%258C%25B2%25E9%259F%25B3%25E5%2585%25A8%25E9%259B%2586%25EF%25BC%2588108CD%25EF%25BC%2589_8040930%3Futm_medium%3Drss%26utm_source%3Draa000000c0" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><a href="https://www.amazon.co.jp/Solti-Chicago-Georg/dp/B073GSGGH1/ref=as_li_ss_tl?s=music&amp;ie=UTF8&amp;qid=1506132420&amp;sr=1-65&amp;refinements=p_n_format_browse-bin:81878051&amp;linkCode=ll1&amp;tag=furtwangler07-22&amp;linkId=353e5bb74bdd87b1e3ffbaa5bfd4fe9b" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00VVZUXRS/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51Hvaq-5bAL.jpg" alt="DER RING DES NIBELUNGEN -" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00VVZUXRS/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">DER RING DES NIBELUNGEN -</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.07.06</div></div><div class="amazlet-detail">R. WAGNER <br />DECCA (2015-06-05)<br />売り上げランキング: 11,093</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00VVZUXRS/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1146

アマデウス弦楽四重奏団/DG全集

 アマデウス弦楽四重奏団のDG全集が出る。初出音源も含まれるとのこと。カラヤンの仕事を10年代毎に分けたセットと同じような仕様なのだろうか。TOWER RECORDS商品詳細ページHMV商品詳細ページBeaux Arts Trioposted with amazlet at 17.07.05Beaux Arts Trio Decca (2015-07-10)売り上げランキング: 8,504Amazon.co.jpで詳細を見る... <a href="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/460.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/460.jpg" alt="460.jpg" border="0" width="400" height="400" /></a><br /><br /> アマデウス弦楽四重奏団のDG全集が出る。初出音源も含まれるとのこと。カラヤンの仕事を10年代毎に分けたセットと同じような仕様なのだろうか。<br /><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4561475%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&amp;mid=2880&amp;murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_%25E5%25BC%25A6%25E6%25A5%25BD%25E5%259B%259B%25E9%2587%258D%25E5%25A5%258F%25E6%259B%25B2%25E9%259B%2586_000000000222284%2Fitem_%25E3%2582%25A2%25E3%2583%259E%25E3%2583%2587%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25B9%25E5%259B%259B%25E9%2587%258D%25E5%25A5%258F%25E5%259B%25A3%25E3%2580%2580DG%25E9%258C%25B2%25E9%259F%25B3%25E5%2585%25A8%25E9%259B%2586%25EF%25BC%258870CD%25EF%25BC%2589_8035460" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00VL4Q0A8/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51uUteLYhRL.jpg" alt="Beaux Arts Trio" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00VL4Q0A8/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Beaux Arts Trio</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.07.05</div></div><div class="amazlet-detail">Beaux Arts Trio <br />Decca (2015-07-10)<br />売り上げランキング: 8,504<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00VL4Q0A8/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1138

I.ファウスト、メルニコフ、サラゴン・カルテット/フランク:ヴァイロイン・ソナタ、ショーソン:コンセール

 イザベル・ファウストによるフランクのヴァイオリン・ソナタが出る。カップリングは、ショーソンのコンソールと、フランスの後期ロマン派の名曲を集めた。  ピアノはエラール社のものが使用されている。いわゆる古楽器の類で、工業製品、あるいは、演奏の現場とのコミュニケーションによって洗練された現代楽器が成立する過程で失われ音を、今に伝えるものである。古楽器の重要性とは、極端な事を言えば、縄文時代に係る貝塚や... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06XY6Y414/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61dzFbMjhbL.jpg" alt="Concert Violin Sonata" style="border: none;" width="400" height="397" /></a><br /><br /> イザベル・ファウストによるフランクのヴァイオリン・ソナタが出る。カップリングは、ショーソンのコンソールと、フランスの後期ロマン派の名曲を集めた。<br /><br />  ピアノはエラール社のものが使用されている。いわゆる古楽器の類で、工業製品、あるいは、演奏の現場とのコミュニケーションによって洗練された現代楽器が成立する過程で失われ音を、今に伝えるものである。古楽器の重要性とは、極端な事を言えば、縄文時代に係る貝塚や土器のようなものだが、土器の美術品としての価値はまた個別の問題となろう。ただ古いものとして土の中から現れたものが、その美しさにおいて天下の耳目を驚嘆せしめることもある。私が古楽器に期待するのは美点である。<br /><br /><a href="http://amzn.to/2pvdE2r" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><a href="https://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&amp;subid=&amp;offerid=314039.1&amp;type=10&amp;tmpid=1161&amp;RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252583%252595%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525AF%2525EF%2525BC%2525881822-1890%2525EF%2525BC%252589_000000000023200%252Fitem_%2525E3%252583%252595%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525AF%2525EF%2525BC%25259A%2525E3%252583%2525B4%2525E3%252582%2525A1%2525E3%252582%2525A4%2525E3%252582%2525AA%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252582%2525BD%2525E3%252583%25258A%2525E3%252582%2525BF%2525E3%252580%252581%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525A7%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525BD%2525E3%252583%2525B3%2525EF%2525BC%25259A%2525E3%252582%2525B3%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525BB%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252580%252580%2525E3%252582%2525A4%2525E3%252582%2525B6%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252595%2525E3%252582%2525A1%2525E3%252582%2525A6%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252583%252588%2525E3%252580%252581%2525E3%252582%2525A2%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252582%2525AF%2525E3%252582%2525B5%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%252589%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%2525A1%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%25258B%2525E3%252582%2525B3%2525E3%252583%252595%2525E3%252580%252581%2525E3%252582%2525B5%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252582%2525B4%2525E3%252583%2525B3%2525E5%25259B%25259B%2525E9%252587%25258D%2525E5%2525A5%25258F%2525E5%25259B%2525A3_7866221" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4506537%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><br /><h1>曲目等</h1><br />・フランク:ヴァイオリン・ソナタ<br />・ショーソン:ピアノ、ヴァイオリン、弦楽四重奏のための協奏曲<br /><br />・ヴァイオリン:イザベル・ファウスト<br /><br />・ピアノ:アレクサンドル・メルニコフ<br /><br />・サラゴン弦楽四重奏団<br /><br />・2016年6月、9月、テルデックス・スタジオ・ベルリンでのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0062QFZ10/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51xDtXbCJQL.jpg" alt="ベルク&ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 (Berg & Beethoven : Violin Concertos / Orchestra Mozart, Isabelle Faust, Claudio Abbado)" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0062QFZ10/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">ベルク&ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 (Berg & Beethoven : Violin Concertos / Orchestra Mozart, Isabelle Faust, Claudio Abbado)</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.04.29</div></div><div class="amazlet-detail">イザベル・ファウスト <br />Harmonia Mundi France (2012-01-09)<br />売り上げランキング: 10,449<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0062QFZ10/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1145

エルダー/パルジファル

 最近発売されたロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団との『ローエングリン』で指揮を務めたエルダー卿の『パルジファル』が出る。 イギリスの音楽祭プロムスの一環としてとして催されたもの。「Halle」というレーベルは、一貫して同音楽祭の音源を発売しているようだが、どういうわけかCD-Rでの販売にこだわっている。まるで海賊盤のようである。HMV商品詳細ページ出演者等Wagner: Lohengrinposted with amazlet at 17.06.23Wagn... <a href="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/1494403457_CDHLD7539.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/1494403457_CDHLD7539.jpg" alt="1494403457_CDHLD7539.jpg" width="400" height="400" border="0" /></a><br /><br /> 最近発売された<a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&amp;mid=2880&amp;murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_%25E3%2583%25AF%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B0%25E3%2583%258A%25E3%2583%25BC%25EF%25BC%25881813-1883%25EF%25BC%2589_000000000019275%2Fitem_%25E3%2580%258E%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25A8%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B0%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25B3%25E3%2580%258F%25E5%2585%25A8%25E6%259B%25B2%25E3%2580%2580%25E3%2583%259E%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25BB%25E3%2582%25A8%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2580%25E3%2583%25BC%25EF%25BC%2586%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25BB%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2588%25E3%2583%2598%25E3%2583%259C%25E3%2582%25A6%25E7%25AE%25A1%25E5%25BC%25A6%25E6%25A5%25BD%25E5%259B%25A3%25E3%2580%2581%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25A6%25E3%2582%25B9%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2595%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25B3%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A9%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25AF%25E3%2583%2588%25E3%2580%2581%25E3%2582%25AB%25E3%2583%259F%25E3%2583%2583%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25BB%25E3%2583%258B%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AB%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E3%2580%2581%25E4%25BB%2596%25EF%25BC%25882015%25E3%2580%2580%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2586%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25AA%25EF%25BC%2589%25EF%25BC%25883SACD%25EF%25BC%2589_7768897" target="_blank" title="ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団との『ローエングリン』">ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団との『ローエングリン』</a>で指揮を務めたエルダー卿の『パルジファル』が出る。<br /> イギリスの音楽祭プロムスの一環としてとして催されたもの。「Halle」というレーベルは、一貫して同音楽祭の音源を発売しているようだが、どういうわけかCD-Rでの販売にこだわっている。まるで海賊盤のようである。<br /><br /><a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&mid=2880&murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_%25E3%2583%25AF%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B0%25E3%2583%258A%25E3%2583%25BC%25EF%25BC%25881813-1883%25EF%25BC%2589_000000000019275%2Fitem_Parsifal-Elder-Halle-O-Cleveman-Dalayman-Tomlinson_8006782%3Fsite%3Dmailmagart%26utm_source%3Dmoa170623sa%26utm_medium%3Dother" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><br /><h1>出演者等</h1><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06VX3Y8JJ/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51lkWNrnHwL.jpg" alt="Wagner: Lohengrin" style="border: none;" width="300" height="300" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06VX3Y8JJ/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Wagner: Lohengrin</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.06.23</div></div><div class="amazlet-detail">Wagner Royal Concertgebouw Orchestra Elder <br />Rco Live Holland (2017-03-17)<br />売り上げランキング: 21,668</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06VX3Y8JJ/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1144

ティーレマン/ブルックナー:交響曲3番

 ティーレマンによるブルックナーの第三交響曲である。ミュンヘンのガスタイク・フィルハーモニーで催された演奏会の模様を記録したもの。TOWER RECORDS商品詳細ページHMV商品詳細ページAmazon商品詳細曲目等・ブルックナー:交響曲3番(1877年稿)・シュターツカペレ・ドレスデン・指揮:クリスティアン・ティーレマン・2016 年9 月2,3 日、フィルハーモニー、ミュンヘンでのライヴ収録。 通販サイトの版の違いの話がやけに込み入... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B071YMF6SB/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51ZCndnRXcL.jpg" alt="Bruckner: Symphony 3 [Blu-ray] [Import]" style="border: none;" width="300" height="378" /></a><br /><br /> ティーレマンによるブルックナーの第三交響曲である。ミュンヘンのガスタイク・フィルハーモニーで催された演奏会の模様を記録したもの。<br /><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4507631%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&amp;mid=2880&amp;murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_%25E3%2583%2596%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%25E3%2583%258A%25E3%2583%25BC-1824-1896_000000000019429%2Fitem_%25E4%25BA%25A4%25E9%259F%25BF%25E6%259B%25B2%25E7%25AC%25AC3%25E7%2595%25AA%25E3%2580%2580%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25B3%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AC%25E3%2583%259E%25E3%2583%25B3%25EF%25BC%2586%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A5%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2584%25E3%2582%25AB%25E3%2583%259A%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2589%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2587%25E3%2583%25B3_7872203" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><a href="http://amzn.to/2sGJMTa" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><br /><h1>曲目等</h1><br />・ブルックナー:交響曲3番(1877年稿)<br /><br />・シュターツカペレ・ドレスデン<br /><br />・指揮:クリスティアン・ティーレマン<br /><br />・2016 年9 月2,3 日、フィルハーモニー、ミュンヘンでのライヴ収録。<br /><br /> 通販サイトの版の違いの話がやけに込み入っていたので、Wikipediaの情報と組み合わせて以下のような表をつくってみた。告白すると、私は版の名前を言われてもピンとこない人間(わからない箇所は空欄である)だから、いい加減な表になっているかもしれない。<br /><br /><table width="600" cellspacing="1" cellpadding="1" border="1"><caption>ブルックナー第三交響曲の稿の違い</caption><thead><tr><th scope="col">採用</th><th scope="col">名称</th><th scope="col">成立</th><th scope="col">校訂</th><th scope="col">備考</th></tr></thead><tbody><tr><td></td><td style="text-align: center;">第一稿</td><td style="text-align: center;">1873</td><td></td><td>ワーグナー献呈譜。ワーグナー作品の引用多し。</td></tr><tr><td></td><td rowspan="2" style="text-align: center;">第二稿</td><td rowspan="2" style="text-align: center;">1877</td><td>エーザー版</td><td>ワーグナー作品の引用削減。出版後の作曲者の希望を汲み、第三楽章のコーダ削除。</td></tr><tr><td style="text-align: center;">○</td><td>新ノーヴァク版</td><td>ワーグナ作品の引用削減。第三楽章のコーダあり。</td></tr><tr><td></td><td style="text-align: center;">第三稿</td><td style="text-align: center;">1889</td><td></td><td>ワーグナー作品の引用さらに削減。多数支持譜。</td></tr></tbody></table><br /><br /> なお、シュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者を務めていたジノーポリは当該採用版に依って全集を製作したとのこと。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とのベートーヴェンの英雄交響曲(少なくともWPhの時とは別の楽譜である)のことからも、ティーレマンは、シュターツカペレ・ドレスデンのこの路線を尊重して採用したのかもしれない。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000003FCD/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51R3QnAM93L.jpg" alt="Bruckner Symphony 3" style="border: none;" width="300" height="300" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000003FCD/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Bruckner Symphony 3</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.06.18</div></div><div class="amazlet-detail">Anton Bruckner Gunter Wand North German Radio Orchestra (Hamburg) <br />Imports (1992-11-10)<br />売り上げランキング: 44,848</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000003FCD/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1142

ティーレマン/ローエングリン

 一つ抜けた穴であった『ローエングリン』が埋まり、ティーレマンのワーグナー楽劇は全てそろった。タンホイザーはソフト化待ちの状態である。HMV商品詳細ページTOWER RECORDS商品詳細ページAmazon商品詳細Tristan Und Isolde [Blu-ray] [Import]posted with amazlet at 17.05.26Decca (2016-07-08)売り上げランキング: 60,910Amazon.co.jpで詳細を見る... <a href="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/106.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/106.jpg" alt="106.jpg" width="400" border="0" height="519" /></a><br /><br /> 一つ抜けた穴であった『ローエングリン』が埋まり、ティーレマンのワーグナー楽劇は全てそろった。タンホイザーはソフト化待ちの状態である。<br /><br /><a href="https://click.linksynergy.com/deeplink?id=Ahv2ESFAe9I&amp;mid=2880&amp;murl=http%3A%2F%2Fwww.hmv.co.jp%2Fartist_%25E3%2583%25AF%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B0%25E3%2583%258A%25E3%2583%25BC%25EF%25BC%25881813-1883%25EF%25BC%2589_000000000019275%2Fitem_%25E3%2580%258E%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25A8%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B0%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25B3%25E3%2580%258F%25E5%2585%25A8%25E6%259B%25B2%25E3%2580%2580%25E3%2583%259F%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AA%25E3%2583%2583%25E3%2583%2584%25E6%25BC%2594%25E5%2587%25BA%25E3%2580%2581%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25B3%25E3%2583%25BB%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AC%25E3%2583%259E%25E3%2583%25B3%25EF%25BC%2586%25E3%2583%2589%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2587%25E3%2583%25B3%25E5%259B%25BD%25E7%25AB%258B%25E6%25AD%258C%25E5%258A%2587%25E5%25A0%25B4%25E3%2580%2581%25E3%2583%2599%25E3%2583%2581%25E3%2583%25A3%25E3%2583%25AF%25E3%2580%2581%25E3%2583%258D%25E3%2583%2588%25E3%2583%25AC%25E3%2583%2597%25E3%2582%25B3%25E3%2580%2581%25E4%25BB%2596%25EF%25BC%25882016%25E3%2580%2580%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2586%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25AA%25EF%25BC%2589_7935106" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4533419%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="http://amzn.to/2qkC9AY" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01E7ZORYS/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51pggWVJ-KL.jpg" alt="Tristan Und Isolde [Blu-ray] [Import]" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01E7ZORYS/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Tristan Und Isolde [Blu-ray] [Import]</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.05.26</div></div><div class="amazlet-detail">Decca (2016-07-08)<br />売り上げランキング: 60,910<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01E7ZORYS/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
991

ルドルフ・ショック生誕百周年記念、ワーグナー名唱集

Wagner: Operasposted with amazlet at 15.07.23Rudolf Schock Imports (2015-07-10)売り上げランキング: 19,606Amazon.co.jpで詳細を見る ルドルフ・ショック[1915-1986] は、ドイツのDuisburg出身のテノール歌手。これは、彼の生誕百周年を記念して作られたボックスセット。特に彼のファンというわけではないのだけれど、ケンペ/BPhのマイスタージンガーを含む往年のワーグナー楽劇名演集という事で興味を持った。10枚目のの『... <div style="margin-bottom:0px;" class="amazlet-box"><div style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;" class="amazlet-image"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00XCCJEPA/furtwangler07-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="Wagner: Operas" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51EKPNUCdPL.jpg" width="400" height="396" /></a></div><div style="line-height:120%; margin-bottom: 10px" class="amazlet-info"><div style="margin-bottom:10px;line-height:120%" class="amazlet-name"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00XCCJEPA/furtwangler07-22/ref=nosim/">Wagner: Operas</a><div style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%" class="amazlet-powered-date">posted with <a target="_blank" title="amazlet" href="http://www.amazlet.com/">amazlet</a> at 15.07.23</div></div><div class="amazlet-detail">Rudolf Schock <br />Imports (2015-07-10)<br />売り上げランキング: 19,606</div><div style="float: left;" class="amazlet-sub-info"><div style="margin-top: 5px" class="amazlet-link"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00XCCJEPA/furtwangler07-22/ref=nosim/">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div style="clear: left" class="amazlet-footer"></div></div><br /><br /> ルドルフ・ショック[1915-1986] は、ドイツのDuisburg出身のテノール歌手。これは、彼の生誕百周年を記念して作られたボックスセット。特に彼のファンというわけではないのだけれど、ケンペ/BPhのマイスタージンガーを含む往年のワーグナー楽劇名演集という事で興味を持った。10枚目のの『ラインの黄金』以外は名場面集ではなく全曲であるため、ワーグナー楽劇を手軽に集めたい人にも良いものだろう。オランダ人を除いてモノラルの録音。ショックの役柄は以下の通りである。<br /><br /><table width="600" cellspacing="1" cellpadding="1" border="1"><caption>ルドルフ・ショックの役柄一覧</caption><thead><tr><th scope="col">楽劇名</th><th scope="col">指揮者</th><th scope="col">役柄</th><th scope="col">備考</th></tr></thead><tbody><tr><td>ローエングリン</td><td>ヴィルヘルム・シュヒター</td><td>ローエングリン</td><td></td></tr><tr><td>ニュルンベルクのマイスタージンガー</td><td>ルドルフ・ケンペ</td><td>ヴァルター</td><td></td></tr><tr><td>さまよえるオランダ人</td><td>フランツ・コンヴィチュニー</td><td>エリック</td><td>ステレオ録音</td></tr><tr><td>ラインの黄金</td><td>ヴィルヘルム・シュヒター</td><td>フロー</td><td>抜粋</td></tr></tbody></table><br /> てっきり『ラインの黄金』でローゲをやっているものだと思っていたが、ローゲ役はヴィントガッセンだった。<br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00ZUC7CCC/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51P9QKt2tDL.jpg" alt="Rudllf Schock/ Mozart Operas" style="border: none;" width="300" height="296" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00ZUC7CCC/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Rudllf Schock/ Mozart Operas</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.05.19</div></div><div class="amazlet-detail"><br />DOCUMENTS (2015-09-03)<br />売り上げランキング: 180,548</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00ZUC7CCC/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
  • Date : 2017-05-19 (Fri)
  • Category : 未分類
1139

P.ヤルヴィ/テラーク・レコーディングス全集

 パーヴォ・ヤルヴィのシンシナティ交響楽団との録音の仕事をまとめたもの。彼の録音の仕事がベートーヴェンから始まっているように見えるのは、このテラークの録音がそろいもそろって廃盤になっているからで、ベートーヴェンやR.シュトラウスの仕事ぶりからこの指揮者に興味を持った愛好家にはもどかしい限りであった。そのうち下にも書くし、リンク先にもあるが、今や国際的指揮者となった彼のあれほど豊かなレパートリーが、何... <div style="text-align: center;"><a href="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/263.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-112.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/263.jpg" alt="263.jpg" width="400" height="400" border="0" /></a></div><br /> パーヴォ・ヤルヴィのシンシナティ交響楽団との録音の仕事をまとめたもの。彼の録音の仕事がベートーヴェンから始まっているように見えるのは、このテラークの録音がそろいもそろって廃盤になっているからで、ベートーヴェンやR.シュトラウスの仕事ぶりからこの指揮者に興味を持った愛好家にはもどかしい限りであった。そのうち下にも書くし、リンク先にもあるが、今や国際的指揮者となった彼のあれほど豊かなレパートリーが、何年も放っておかれていたのが驚きである。再発の広告を見て「しめた」と思った人は私だけではないのではないか?<br /><br /><a href="https://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=314039.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_Box-Set-Classical_000000000088040%252Fitem_%2525E3%252583%252591%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525B4%2525E3%252582%2525A9%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%2525A4%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525B4%2525E3%252582%2525A3%2525EF%2525BC%252586%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%25258A%2525E3%252583%252586%2525E3%252582%2525A3%2525E4%2525BA%2525A4%2525E9%25259F%2525BF%2525E6%2525A5%2525BD%2525E5%25259B%2525A3%2525E3%252580%252580%2525E3%252583%252586%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525AF%2525E9%25258C%2525B2%2525E9%25259F%2525B3%2525E5%252585%2525A8%2525E9%25259B%252586%2525EF%2525BC%25258816CD%2525EF%2525BC%252589_7897263" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4515890%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" width="0" height="1" border="0" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><br /><h1>CD1</h1><br />・ベルリオーズ:幻想交響曲<br />・ベルリオーズ:劇的交響曲「ロメオとジュリエット」より愛の場面<br /><br />・シンシナティ交響楽団<br /><br />・指揮:パーヴィ・ヤルヴィ<br /><br />・2000年10月8‐10日、オハイオ州、シンシナティ音楽堂でのセッションステレオ録音。<br /><br /><h1>CD2</h1><br />・シベリウス:交響曲2番<br />・トゥビン:交響曲5番<br /><br />・シンシナティ交響楽団<br /><br />・指揮:パーヴィ・ヤルヴィ<br /><br />・2001年12月1-2日、オハイオ州、シンシナティ音楽堂でのセッションステレオ録音。<br /><br /> P.ヤルヴィのシベリウスの交響曲を企画しないレコード会社は何をやっているのか、と昔書いたような、もしかしたら、何か内輪の席で口走っただけかもしれないが、いずれにしろ、この組み合わせを聴くのは一つの念願であった。2016年には現在の手兵NHK交響楽団で披露したとのことだが、これは聴き逃した。まさか録音が既にあろうとは考えもしなかったのである。北国出身者がシベリウスをやるという、ありきたりな企画が通っても不思議ではあるまいと、今更ながらに思う。<br /><br /><h1>CD3</h1><br />・ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ(1947年版)<br />・ストラヴィンスキーロシア風スケルツォ<br />・ストラヴィンスキー:「火の鳥」組曲<br /><br />・シンシナティ交響楽団<br /><br />・指揮:パーヴィ・ヤルヴィ<br /><br />・2002年3月24-25日、オハイオ州、シンシナティ音楽堂でのセッションステレオ録音。<br /><br /><h1>CD4</h1><br />・プロコフィエフ:「ロミオとジュリエット」第一組曲<br />・プロコフィエフ:「ロミオとジュリエット」第二組曲<br />・プロコフィエフ:「ロミオとジュリエット」第三組曲<br /><br />・シンシナティ交響楽団<br /><br />・指揮:パーヴィ・ヤルヴィ<br /><br />・2003年11月17,18日、オハイオ州、シンシナティ音楽堂でのセッションステレオ録音。<br /><br /> ブックレットによれば、「ロミオとジュリエット」組曲の全集だそうだ。ヤルヴィには全曲を避ける積極的な理由があるのだろう。<br /><br /><h1>CD5</h1><br />・ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第二組曲<br />・ラヴェル:ラ・ヴァルス<br />・ラヴェル:組曲「マ・メール・ロワ」<br />・ラヴェル:ボレロ<br /><br />・シンシナティ交響楽団<br /><br />・指揮:パーヴィ・ヤルヴィ<br /><br />・2003年9月9-10日、オハイオ州、シンシナティ音楽堂でのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><br /><h1>CD6</h1><br />・ストラヴィンスキー:春の祭典<br />・ニールセン:交響曲5番<br /><br />・シンシナティ交響楽団<br /><br />・指揮:パーヴィ・ヤルヴィ<br /><br />・2004年1月25-26日、2月22-23日、オハイオ州、シンシナティ音楽堂でのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><h1>CD7</h1><br />・ドビュッシー:午後の牧神への前奏曲<br />・ドビュッシー:夜想曲<br />・ドビュッシー:海<br />・ドビュッシー:英雄の子守歌<br /><br />・メイ・フェスティバル女声合唱団<br /><br />・合唱指揮:ロバート・ポルコ<br /><br />・シンシナティ交響楽団<br /><br />・指揮:パーヴィ・ヤルヴィ<br /><br />・2004年1月25-26日,2月22-23日、オハイオ州、シンシナティ音楽堂でのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><h1>CD8</h1><br />・ドヴォルザーク:交響曲9番「新世界より」<br />・マルティヌー:交響曲2番<br /><br />・シンシナティ交響楽団<br /><br />・指揮:パーヴィ・ヤルヴィ<br /><br />・2005年3月13-14日、オハイオ州、シンシナティ音楽堂でのセッションステレオ録音。<br /><br /> 新世界より「新世界より」などというダジャレも通用しないくらいにドヴォルザーク第一級の名曲は定着してしまった。しかし、ヤルヴィはありきたりな名曲の名演を極力避けたかったようだ。鑑賞の第一回目はそういう楽しみがある。<br /><br /><br /><br /><h1>CD9</h1><br />・ルトスワフスキー:管弦楽のための協奏曲<br />・ルトスワフスキー:ルイヴィルのためのファンファーレ<br />・バルトーク:管弦楽のための協奏曲<br /><br />・シンシナティ交響楽団<br /><br />・指揮:パーヴィ・ヤルヴィ<br /><br />・2005年3月1-2日、オハイオ州、シンシナティ音楽堂でのセッションステレオ録音。<br /><br /> ルトスワフスキーの名前は、ラサール弦楽四重奏団の録音で見た限りで、私は未だにシェーンベルクやベルク、ウェーベルンと聴き分けることが出来ない。音楽界のある一角を構成する存在である。それも、入るのにも修行がいりそうな非常に厳しい一角である。その一方で、ルトスワフスキーに限って言えば、いわゆるソナタ形式を踏襲した主題の明暗(有名な比喩として男性的、女性的と言っても良いだろう)分け方は古典的な配慮があるので、音楽の構成ははっきり認識できた。私にとって、構成から音楽に入っていった最初の例であった。<br /><br /><h1>CD10</h1><br />・ブリテン:青少年のための管弦楽入門<br />・ブリテン:歌劇「ピーター・グライムズ」から「4つの海の間奏曲」<br />・エルガー:エニグマ変奏曲<br /><br />・シンシナティ交響楽団<br /><br />・指揮:パーヴィ・ヤルヴィ<br /><br />・2006年1月22-23日、オハイオ州、シンシナティ音楽堂でのセッションステレオ録音。<br /><br /> 英国の世界的作曲家らによる変奏曲集。管弦楽案内は、なぜか後にもう一度録音している。<br /><br /><br /><br /><h1>CD11</h1><br />・ラフマニノフ:交響曲2番<br />・ラフマニノフ:歌劇「アレコ」より2つの舞曲<br /><br />・シンシナティ交響楽団<br /><br />・指揮:パーヴィ・ヤルヴィ<br /><br />・2006年4月30日、5月1日、オハイオ州、シンシナティ音楽堂でのセッションステレオ録音。<br /><br /> <br /><br /><br /><h1>CD12</h1><br />・チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」<br />・チャイコフスキー:交響曲6番「悲愴」<br /><br />・シンシナティ交響楽団<br /><br />・指揮:パーヴィ・ヤルヴィ<br /><br />・2007年1月21-22日、オハイオ州、シンシナティ音楽堂でのセッションステレオ録音。<br /><br /> <br /><br /><br /><h1>CD13</h1><br />・プロコフィエフ:交響曲5番<br />・プロコフィエフ:組曲「キージェ中尉」<br /><br />・シンシナティ交響楽団<br /><br />・指揮:パーヴィ・ヤルヴィ<br /><br />・2007年3月18,19日、オハイオ州、シンシナティ音楽堂でのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><h1>CD14</h1><br />・ムソルグスキー(リムスキー=コルサコフ編曲):交響詩「禿山の一夜」<br />・ムソルグスキー(ラヴェル編曲):展覧会の絵<br />・ムソルグスキー(リムスキー=コルサコフ編曲):歌劇「ホヴァーンシチナ」より前奏曲「モスクワ河の夜明け」<br /><br />・シンシナティ交響楽団<br /><br />・指揮:パーヴィ・ヤルヴィ<br /><br />・2007年3月18,19日、オハイオ州、シンシナティ音楽堂でのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><br /><h1>CD15</h1><br />・ショスタコーヴィチ:交響曲10番<br />・トルミス:序曲2番<br /><br />・シンシナティ交響楽団<br /><br />・指揮:パーヴィ・ヤルヴィ<br /><br />・2008年4月27,28日、オハイオ州、シンシナティ音楽堂でのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><h1>CD16</h1><br />・ホルスト:組曲「惑星」<br />・ブリテン:青少年のための管弦楽入門<br /><br />・シンシナティ交響楽団<br /><br />・指揮:パーヴィ・ヤルヴィ<br /><br />・2008年11月23-24日、オハイオ州、シンシナティ音楽堂でのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00E7FSN2Q/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/6141VZkumoL.jpg" alt="ベートーヴェン:交響曲全集" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00E7FSN2Q/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">ベートーヴェン:交響曲全集</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.09.24</div></div><div class="amazlet-detail">ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン ヤルヴィ(パーヴォ) <br />SMJ (2013-10-30)<br />売り上げランキング: 9,497</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00E7FSN2Q/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div><br /><br /><br /><br />
75

ブーレーズ/ソニー・クラシカル録音集

 ソニー・ミュージックに残されているブーレーズの音源がまとまって再発されることとなった。通販サイトの方をのぞいてみると、どうやら全集ではないとのことではあるものの、大容量廉価箱物の特性からくる経済的利便性(中身は大芸術)は、やはり大きいように思われる。Amazon商品詳細TOWER RECORDS商品詳細ページHMV商品詳細ページ指揮者ブーレーズ ピエール・ブーレーズは言わずと知れた現代音楽の作曲家である。私は現代音楽... <div style="text-align: center;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00JAOK44O/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51GUgI0BcLL.jpg" alt="Pierre Boulez - The Complete Columbis Album Collection" style="border: none;" /></a></div><br /><br /> ソニー・ミュージックに残されているブーレーズの音源がまとまって再発されることとなった。通販サイトの方をのぞいてみると、どうやら全集ではないとのことではあるものの、大容量廉価箱物の特性からくる経済的利便性(中身は大芸術)は、やはり大きいように思われる。<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00JAOK44O/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B00JAOK44O&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">Amazon商品詳細</a><img style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B00JAOK44O" width="1" border="0" height="1" /><br /><a href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F3676773%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank"><img alt="" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" width="1px" border="0" height="1px" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="https://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=314039.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_Box-Set-Classical_000000000088040%252Fitem_%252525E3%25252583%25252594%252525E3%25252582%252525A8%252525E3%25252583%252525BC%252525E3%25252583%252525AB%252525E3%25252583%252525BB%252525E3%25252583%25252596%252525E3%25252583%252525BC%252525E3%25252583%252525AC%252525E3%25252583%252525BC%252525E3%25252582%252525BA%252525E3%25252580%25252580%252525E3%25252582%252525B6%252525E3%25252583%252525BB%252525E3%25252582%252525B3%252525E3%25252583%252525B3%252525E3%25252583%25252597%252525E3%25252583%252525AA%252525E3%25252583%252525BC%252525E3%25252583%25252588%252525E3%25252583%252525BB%252525E3%25252582%252525BD%252525E3%25252583%2525258B%252525E3%25252583%252525BC%252525E3%25252583%252525BB%252525E3%25252582%252525AF%252525E3%25252583%252525A9%252525E3%25252582%252525B7%252525E3%25252582%252525AB%252525E3%25252583%252525AB%252525E3%25252583%252525BB%252525E3%25252582%252525A2%252525E3%25252583%252525AB%252525E3%25252583%25252590%252525E3%25252583%252525A0%252525E3%25252583%252525BB%252525E3%25252582%252525B3%252525E3%25252583%252525AC%252525E3%25252582%252525AF%252525E3%25252582%252525B7%252525E3%25252583%252525A7%252525E3%25252583%252525B3%252525EF%252525BC%25252588%252525EF%252525BC%25252596%252525EF%252525BC%25252597%252525EF%252525BC%252525A3%252525EF%252525BC%252525A4%252525EF%252525BC%25252589_5754760" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><br /><strong><span style="font-size:large;">指揮者ブーレーズ</span></strong><br /><div style="text-align: justify;"> ピエール・ブーレーズは言わずと知れた現代音楽の作曲家である。私は現代音楽の方には不案内であるから、ブーレーズの作曲にしてもフルトヴェングラーやケンプの作曲くらいの感覚で受け止めているのであるが、作曲もできる演奏家という色彩の強い二人(本人達はそんなこと全く考えていなかっただろうけれども……)のようなものではなく、前線の担い手でもあった作曲家の作品について何の興味も見識もないというのはよくないことであろう。けれども、私でも親しみをこめて接することができる指揮活動の方からブーレーズという音の芸術家に近づいてみるのもまた一考ではあるまいか? ブーレーズは決して取るに足らない指揮者ではないのである。<br /><br /> ブーレーズは文筆もよくやった人で、音楽評論家としてもすぐれているように思われる。というわけで、言葉でどうにかなるところはどうにかしてもらうということにして、演奏の門前のところでの整理として、彼の著作をあたった。</div><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480092374/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4480092374&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22"><img src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=4480092374&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" alt="" width="178" vspace="5" hspace="5" border="0" align="right" height="250" /></a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=4480092374" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1" border="0" height="1" /><div style="text-align: justify;"> 最も手に入りやすい彼の著作集は、筑摩書房から出ている笠羽映子訳の<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480092374/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4480092374&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">『ブーレーズ作曲家論選』</a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=4480092374" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1" border="0" height="1" />であろう。そして、この次に来るのは『ドビュッシーに関するノート(重訳)』だと思われる。指揮について書かれているのは、『テクスト、作曲家とオーケストラ指揮者』。ここで、私は経験と見解めいたものだけを拾った。実践的過ぎて、かえって迫力のないものなのだが、興味深い事には変わりない。<br /> 「作曲家は作品を確実に意識するが、それは抽象的にである。」一方で専門の「オーケストラ指揮者は、反対に、他者に作品を説明する前に、自分自身に対してそれを解明する義務をもつ」という比較論や、「時として、作曲家は最良の演奏解釈者だと言われる。それも自作に限ったことではない。(中略)それは正しいと同時に間違っている。実際、作曲家が、原則的に、演奏よりも強力な、そして特に、自分に深く根ざした分析手段を利用できるという意味では正しい!」といったような作曲家兼指揮者特有の事情の分析の軽い比較論まである。古楽器については、一つの流行か何かと思っているらしい。</div><br /> さて、指揮上の要所は以下のところに集約される。<br /><br /><br /><br /><blockquote><p>ベートーヴェンの『大フーガ』の深い謂れは誰にも決して解読できないだろう。知識が直感の神秘にぶつかる瞬間があるのだ。直感は、指揮者に於いて、特に、私が“相対値”と呼ぶものに対して介入してくる。まず、リズム形を組織化する“テンポ”であり、それは、とりわけ作品に対する指揮者の心理的対決のような、非常に主観的な要因に依存する。次いで、“様々な音響の均衡”がそうだが、それもまた、ある演奏会場に固有な音響効果と同様、あるグループ内のこれこれの楽器の響きそれ自体、そして、無論、スコアの複雑さの程度にも依存するだろう。私にとって最も重要な第三の相対値は、“作品に固有な軌道”である。その軌道を辿ると同時にそれを組織化し、その形式を表現する必要がある。そうした軌道は様々な手段によって、とりわけ、ある作品や作品の一楽章の様々なエピソード間に築き上げるべき均衡によって達成されるだろう。私の考えるところ、“演奏解釈の本質”が存在するのはまさに軌道にである。 ※1絶対値は「私なら絶対値とでも呼ぶであろうもの、つまり音高や持続にかかわること」 ※2“”で囲まれた部分は引用元では傍点がふられている。</p></blockquote><br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4102024018/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4102024018&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22"><img src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=4102024018&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" alt="" width="172" vspace="5" hspace="5" border="0" align="right" height="250" /></a><img style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=4102024018" width="1" border="0" height="1" /><div style="text-align: justify;"> <a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4102024018/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4102024018&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">フルトヴェングラーも自著で似たようなことを言っている</a><img style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=4102024018" width="1" border="0" height="1" />が、ブーレーズとは違う。フルトヴェングラーもまた「楽譜に忠実な演奏理論」と「創作的再現の理論」の激烈な批判者であった。つまり、彼もまたひとつ前の世代の薫陶を受けつつも、独自の手法を確立していたというわけである。余談だが、手法の書き方は非常に独特で、出来上がったものは論理と詩が混じる文学的な論文であり、時に彼が見せる眩暈を見るような思いであった。<br /> まず彼は音楽とは即興であると苦もなく言いかえてしまう。その後、形式すらもその即興にそって生まれた非常に実用的な存在であり、「すべての音楽は自己を完成しようとする即興」であると言い切る。ところで再現芸術家は、楽譜という完成したように見えるものをどう解釈するかという問題を前にするのであるが、ここで多くの再現芸術家は、細部に拘泥するという罠にかかる。そうなってしまうと、「それら細部の上に超脱的にたゆたっている作品全体の幻想」はみつからない。ときに余計なものと映る。だが、これではだめだ。というのは、細部はむしろ、この「それら細部の上に超脱的にたゆたっている作品全体の幻想」を捉えると、自然と細部の役割が判然としてくるからだ。趣旨をごく簡単にかいつまんで書くとこういう次第である。</div><div style="text-align: justify;"> 「作品に固有な軌道」重要視するブーレーズとそっくりではあるのだが、姿勢上の差異は確かにある。ブーレーズとフルトヴェングラーとの違いは、楽曲の各部分を逃さないように全く汲み取るということ、「明証」的というところまではっきりとさせること、形式に実用的なものをフルトヴェングラーほどに見出さないことが大きな違いであろう。「軌道」と「それら細部の上に超脱的にたゆたっている作品全体の幻想」の差とも言って良いと思うが、両者とも最重要とする概念に、どこまで楽曲の精髄としての役割を担わせるかの違いである。</div><div></div><div style="text-align: justify;"> 私がブーレーズの指揮で思い出すのは、有名な<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B001FOSKKC/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B001FOSKKC&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">春の祭典</a><img style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B001FOSKKC" width="1" border="0" height="1" />ではなくて、<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00ET81ZTY/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B00ET81ZTY&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">ワーグナーの管弦楽曲集</a><img style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B00ET81ZTY" width="1" border="0" height="1" />、特にトリスタンとイゾルデのものである。何の障害もなく一気呵成に草書体で滑っていく様は、迫力はないにしろ圧巻である。後に再録音でこういう向きは後にいろいろなところで現れるようになるし、<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0002ZF03U/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B0002ZF03U&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">火の鳥</a><img style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B0002ZF03U" width="1" border="0" height="1" />では一回目からでも見られるのだけれど、おそらくこれが、彼が言うところの「軌道」であって、また、トリスタンとイゾルデ以上にはっきりと出たものはないように思われる。</div><div style="text-align: justify;"> 結局のところ、ブーレーズが指揮して生まれる音楽は、極めて精巧に整理されたフルトヴェングラーというところに落ちつくかもしれないのだが、彼にはドイツ仕込みの通奏低音の重みは重視しないし、あの清明な様はフルトヴェングラーにはないものだ。</div><br /><h1>目次</h1><br />CD1-2 ヴォツェック<br />CD12 ベートーヴェン:交響曲5番、カンタータ、マーラー:交響曲10番抜粋<br /><br /><h1>ヴォツェック</h1><br /><br />・ヴォツェック:ヴァルター・ベリー<br />・マリー:イザベル・シュトラウス<br />・鼓手長:フリッツ・ウール<br />・医師:カール・デンヒ<br /><br />・パリ・オペラ座合唱団<br /><br />・パリ・オペラ座管弦楽団<br /><br />・指揮:ピエール・ブーレーズ<br /><br />・1966年、パリでのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><h1>春の祭典</h1><br />・ストラヴィンスキー:春の祭典(1947年版)<br /><br />・クリーヴランド管弦楽団<br /><br />・指揮:ピエール・ブーレーズ<br /><br />・1969年、クリーヴランドでのセッションステレオ録音。<br /><br /> ブーレーズによる『春の祭典』は、彼の代表的な名演として知られているだけでなく、『春の祭典』の名演として必ずと言っていいほど名を連ねるものである。『春の祭典』を語らずして、ブーレーズを語ったことにはならない。<br /> 発表当初から話題となり、指揮者は死ぬまで『春の祭典』の専門家と見なされていたことから、録音は複数存在する。<br /><br /><table width="500" cellspacing="0" cellpadding="0" border="1" align="center"><thead><tr><th scope="col"></th><th style="text-align: center;" scope="col">オーケストラ</th><th style="text-align: center;" scope="col">録音</th><th style="text-align: center;" scope="col">備考</th></tr></thead><tbody><tr><td style="text-align: center;">1</td><td><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F3270698%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" width="0" border="0" height="1" />フランス国立放送管弦楽団</a></td><td>1963</td><td></td></tr><tr><td style="text-align: center;">2</td><td><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4293569%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" width="0" border="0" height="1" />フランス国立放送管弦楽団</a></td><td>1963</td><td>ライヴ録音</td></tr><tr><td style="text-align: center;">3</td><td><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4343071%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" width="0" border="0" height="1" />クリーヴランド管弦楽団</a></td><td>1969</td><td>当セット所収</td></tr><tr><td style="text-align: center;">4</td><td><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F3629636%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" width="0" border="0" height="1" />クリーヴランド管弦楽団</a></td><td>1991</td><td>DG</td></tr></tbody></table><br /><br /> 見つけられたのは以上の四種類だが、探せばもっとあるかもしれない。このセットに含まれている録音は、「3」のもの。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><h1>ベートーヴェン:交響曲5番等、マーラー:交響曲10番より「アダージョ」</h1><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005G888/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B00005G888&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22"><img alt="" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B00005G888&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" border="0" align="right" /></a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B00005G888" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1" border="0" height="1" /><br />・ベートーヴェン:交響曲5番<br />・ベートーヴェン:カンタータ「海の静けさと幸ある航海」<br />・マーラー:交響曲10番より「アダージョ」<br /><br />・ジョン・オールディス合唱団(カンタータ)<br /><br />・ニュー・フィルハーモニア管弦楽団(ベートーヴェン)<br />・ロンドン交響楽団(マーラー)<br /><br />・指揮:ピエール・ブーレーズ<br /><br />・1968年、ロンドンでのセッションステレオ録音。(ベートーヴェン)<br />・1968年、ロンドンでのセッションステレオ録音。(マーラー)<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">ブーレーズの運命交響曲は力が足りない</span></strong><br /><br /> ドイツ系、フランス系を問わず、多くの運命交響曲第一楽章の演奏は、だいたい第一主題と第二主題の対比に重点を置き、ソナタ形式の王道を行く提示と展開とコーダの雪崩的力学展開によって聴く者を圧倒するものである。そういう中で比較すると、ブーレーズの演奏は特異なものの一群に入るものと言えよう。<br /><br /> 彼がやっていることは単純で、テンポを一般的なものから一段階落とすというもの。録音をいろいろ見て回っていると、チェリビダッケもこの手の演奏をミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団と残しているが、これは響きへのこだわりから、例えば「タタタタ」の最後の「タ」の音量変化を聴かせたくてああいう姿になっているようなのだが、ブーレーズの場合は、そういう積極的な意図で提示における山道谷道やソナタ式展開の嵐を晴天下の舗装された一直線にしているのではないように思われる。いずれの部分にしても、役割を誇張したり軽くみたりすることはない代わりに、どの部分も目立たない。なにかこう、歯に引っ掛かった感じのする演奏である。人々を鼓舞する悲劇的大演説の調子を出したくないからという消極的な感じがする。だが、消極的な意図から録音に踏み切るような人物とも負えない。ブーレーズの意図は何か?<br /><br /> 感情のぶつかり合いや、煽るような楽想を極力避けたブーレーズの方針は、一見して秩序感を重視したとみなされているバロック、古典派の文脈から見た運命交響曲と見る事は可能である。しかしながら、時代考証の立場に立ったものであるとは、ブーレーズの著作(古楽器を使用したところで、論点は結局のところ太古からの演奏の問題、いわゆる「良し悪し」に還元されるとする)を見るに考えにくい。第一現代楽器での演奏であるため、ハイドン、モーツァルト時代の楽壇の常識、演奏環境の空気下で、再びベートーヴェン像を描き出すところから、あの第一楽章が導き出されたと考えるのは誤りであろう。<br /><br /> 思い切って、現代的な運命交響曲という試みと考えてみる。この音楽は、一から四楽章に向かっていわゆる「暗」から「明」の大きな構想を持った音楽というのが通説で、一見して低調な雰囲気の第一楽章は、現代的な無感動的憂鬱、カフカ的悲劇を「暗」として描き出したのだという理屈もできなくはない。しかし、第四楽章が爆発するのかと言えば、そうでもない。賑やかなだが古典派の行進曲風のロンド楽章のようである。そもそも、その手の単純な構図を人々が信じられるほど現代は単純なものであろうか? 話が複雑になってきた。<br /><br /> そこで、ブーレーズの運命交響曲の着想なにか、という問いを解いてくれそうなのが、「ベートーヴェンは間違いを犯した」というブーレーズの発言である。クラシック音楽界とは要するにベートーヴェン信仰なので、これは彼の有名な比喩「オペラ座爆破」発言どころの騒ぎではなかったのだが、あんまり話題にならなかったようである。私にはよくわからない話だが、評論家ブーレーズは、形式上の不備を指摘しているらしい。ある楽句を挿入すれば、調和のとれた音楽形式として成立するのだとか。内容はともかく、話の外枠を見ただけでも、ブーレーズの立場ははっきりする。現代(20世紀中期)におけるハイドンやモーツァルトの視点から、つまりは現代楽器で演奏される古典派作曲家たちと同様に、正しい形式の秩序を持たせた古典派的運命交響曲を演奏するとどういうことになるか。ブーレーズの出した問いとその答えである。<br /><br /> さて、私は録音と言う答えだけを前にして物を言うのだが、これは退屈であるように思われる。私の頭がロマンティックだから、古典派的運命交響曲に対しても力の相克を見ることにのみ興味が行き、秩序ある音楽の世界を見る事が出来ないのかもしれないが、上で書いたように、どこか音楽の形は消極的な方向でつくられているように感じた。<br /><br /> そもそも、ベートーヴェンは誤りを承知の上で出版に踏み切ったのではなかったか? このメッセージが、ロマン派の夜明けを暗示するものではなかったか? 第一楽章提示部に配した旋律の対比が強烈なのには、いったいどのような意味が込められていたのか? 作曲者意外に知る由はない。ただ、この実験に関しては、激しいことを言って世間に録音をたたきつけた割に全然話題にならなかったことが、何より失敗を物語っているのではないだろうか? 第二,第三楽章はそれなりに立派だ。しかし、ブーレーズの運命交響曲には力が足りなかった。<br /><br /><br /><br /> しかし、一方で、合唱曲の素晴らしさは、特筆に値するものである。ブーレーズのオーケストラ操作の妙、そしてすべるような音楽回しとまことベートーヴェン的魅力、幻想的な世界と勝どきを上げよと鼓舞する作風との絶妙な親和が見事に実現している。これは名演である。ブーレーズが『フィデリオ』をやっていたら、さぞかし素晴らしいものが出来上がっていたに違いない。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><strong><span style="font-size:x-large;">ラヴェル管弦楽曲集</span></strong><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B009GN76EK/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B009GN76EK&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22"><img alt="" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B009GN76EK&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" border="0" align="right" /></a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B009GN76EK" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1" border="0" height="1" /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><strong><span style="font-size:x-large;">ストラヴィンスキー:バレエ音楽「ペトルーシュカ」</span></strong><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0090S4AIQ/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B0090S4AIQ&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22"><img alt="" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B0090S4AIQ&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" border="0" align="right" /></a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B0090S4AIQ" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1" border="0" height="1" /><br /><br />・ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ<br /><br />・ニューヨーク・フィルハーモニック<br /><br />・指揮:ピエール・ブーレーズ<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><strong><span style="font-size:x-large;">ラヴェル管弦楽曲集</span></strong><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B009GN76EK/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B009GN76EK&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22"><img alt="" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B009GN76EK&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" border="0" align="right" /></a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B009GN76EK" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1" border="0" height="1" /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><strong><span style="font-size:x-large;"><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%8A%E3%83%BC%E7%AE%A1%E5%BC%A6%E6%A5%BD%E6%9B%B2%E9%9B%86" class="tagword">ワーグナー管弦楽曲集</a></span></strong><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00ET81ZTY/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B00ET81ZTY&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22"><img src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B00ET81ZTY&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" alt="" border="0" align="right" /></a><img style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B00ET81ZTY" width="1" border="0" height="1" /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><strong><span style="font-size:x-large;">ラヴェル管弦楽曲集</span></strong><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B009GN76EK/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B009GN76EK&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22"><img alt="" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B009GN76EK&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" border="0" align="right" /></a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B009GN76EK" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1" border="0" height="1" /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><strong><span style="font-size:x-large;">ストラヴィンスキー:バレエ音楽「火の鳥」、「ナイチンゲールの歌」</span></strong><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B001J8NQ3U/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B001J8NQ3U&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22"><img src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B001J8NQ3U&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" alt="" border="0" align="right" /></a><img style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B001J8NQ3U" width="1" border="0" height="1" /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><strong><span style="font-size:x-large;">ラヴェル:ダフニスとクロエ</span></strong><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B009GN76EK/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B009GN76EK&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22"><img alt="" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B009GN76EK&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" border="0" align="right" /></a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B009GN76EK" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1" border="0" height="1" /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><strong><span style="font-size:x-large;">ワーグナー:使徒の愛餐、ジークフリード牧歌</span></strong><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00ET81ZTY/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B00ET81ZTY&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22"><img src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B00ET81ZTY&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" alt="" border="0" align="right" /></a><img style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B00ET81ZTY" width="1" border="0" height="1" /><br /><br />・ワーグナー:使徒の愛餐<br />・ワーグナー:ジークフリード牧歌<br /><br />・ロンドン交響楽団<br /><br />・指揮:ピエール・ブーレーズ<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">第二義的なあるいはマイナーな作品</span></strong><br /><br /> 使徒の愛餐という作品を見たのはこれが初めてである。ワーグナーの作品は、例の楽劇群に比べれば他の作品、交響曲やピアノソナタが演奏会で取り上げられることはまれで、「ワーグナーの絶対音楽作品」という、ワーグナーと言えば楽劇の名人というイメージが前提の見出しがついて回るのが常である。この合唱曲もおそらくその一つであろう。<br /><br /> ブーレーズは、<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B009GN76F4/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B009GN76F4&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">ドビュッシーの管弦楽曲のアルバムについているノート</a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B009GN76F4" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1" border="0" height="1" />でこんなことを言っている。<br /><br /><blockquote><p>ある作曲家の全作品を次のように大別することがしばしば行われる。主要作品、副次的なあるいはマイナーな作品、習作というように。これはきわめて便利な分類法であり、敢えて言うのだが、事実によって裏付けられているものである。しばしば、第二義的なあるいはマイナーな作品、いや、まだ羽も生え揃わないような作品であっても、凡庸な作曲家の主要作品よりも私の興味を引き付けることがある。もちろん、この種の好奇心が私の場合は並外れていることは承知しているが、なおかつ、大作曲家にしても、家族同士で撮りあったスナップ・ショットのような作品の中に、そのもっとも愛すべき面をあらわしていることがあり、後世に残さんがための肖像写真よりも、自己をより露わにしていることがあるものだという考えを捨てかねているこれがつまり、《クラリネットと管弦楽のためのラプソディ第1番》についてどう考えているかということの説明にもなっているのである。<br /> この作品はパリ音楽院の作曲コンクールのために書かれた。このような景気で作られた作品が、この曲のように優雅さと詩情を湛えていることは稀である。</p></blockquote><br /><br /> おそらく、使徒の愛餐においても同じことが言えるのではないかと思われる。<br /> 聴くところによれば、この曲はドレスデンの楽長時代か何かの時に、催し物の一環として何千人もの合唱団を動員し披露するという趣旨で必要とされたらしい。内容よりも物量で圧倒するという趣向が強い場面において必要なものとして書かれたものである。こういうものに作曲家の個性が表れているというのは珍しいのではないだろうか。まぁ、そんな感じでブーレーズもこの発見を喜んだのかも知れない。<br /><br /> ワーグナーの作品に、いかにもワーグナーだという癖を発見するのは比較的難しいように思う。というのも、彼は後期になるにつれてその作曲技法が深化していったということだけでなくて、その技法が非常に自由度の高いものであったという事情がある。簡単に言えば、ワルキューレの後にトリスタンとイゾルデを書いて、マイスタージンガーの後にジークフリードを書き、神々の黄昏の後にパルジファルを書いたということである。統一感があるのはむしろ哲学の方かも知れない。場面を散文的、韻文的に描写として、音で正確に捉えるということをやるからこういうことになっていくのだが、その一方でワーグナーという個人が薄れていくのである。表現技術の高度なものとなっていくにつれて個々の場面における芸術家の個性的な側面(手癖のことである)が消えていき、その一方で作品全体そのものは全くの芸術家から生まれたものという点で個性的になる、そういう妙ことが起こる。<br /><br /> そういうなかで、この作品はなぜかワーグナーがワーグナーとしてあるような気がする作品である。後になると、もう管弦楽作品においてもジークフリード牧歌のように何かをあらわしていなければならないようになるのだが、良くも悪くもそれ以前という意味である。<br /><br /> もっとも、その実はタンホイザーとローエングリンで大活躍する音階がたくさん登場するというもので、はたしてこれをもってしてワーグナー的といっていいかどうかは、ここにきて言い切るのはためらわれるのだが、なにもテーマが無く場面もないところでワーグナーが一音楽作品として仕上げた場合どうなるのかと言えば、リエンツィ以来これら手慣れた物々を使うのだろうという気がした。盛り上がりと英雄的な側面を一手に担って、合唱団の讃歌は上へ上へと目指していく。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><strong><span style="font-size:x-large;">ワーグナー:「ヴェーゼンドンクの5つの詩」、「リュッケルトによる5つの歌曲」</span></strong><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00ET81ZTY/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B00ET81ZTY&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22"><img alt="" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B00ET81ZTY&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" border="0" align="right" /></a><img src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B00ET81ZTY" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1" border="0" height="1" /><br /><br />・ワーグナー:「ヴェーゼンドンクの5つの詩」<br />・ワーグナー:「リュッケルトによる5つの歌曲」<br /><br />・ソプラノ:イヴォンヌ・ミントン<br /><br />・ロンドン交響楽団<br /><br />・指揮:ピエール・ブーレーズ<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><strong><span style="font-size:x-large;">ラヴェル:管弦楽曲、歌曲集</span></strong><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B009GN76EK/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B009GN76EK&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22"><img src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B009GN76EK&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" alt="" border="0" align="right" /></a><img style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B009GN76EK" width="1" border="0" height="1" /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><div style="margin-bottom:0px;" class="amazlet-box"><div style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;" class="amazlet-image"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B006VKKAWQ/furtwangler07-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="Toscanini Collection" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41%2B3jVwYLtL.jpg" /></a></div><div style="line-height:120%; margin-bottom: 10px" class="amazlet-info"><div style="margin-bottom:10px;line-height:120%" class="amazlet-name"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B006VKKAWQ/furtwangler07-22/ref=nosim/">Toscanini Collection</a><div style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%" class="amazlet-powered-date">posted with <a target="_blank" title="amazlet" href="http://www.amazlet.com/">amazlet</a> at 14.08.04</div></div><div class="amazlet-detail">Arturo Toscanini <br />RCA (2012-05-01)<br />売り上げランキング: 4,488</div><div style="float: left;" class="amazlet-sub-info"><div style="margin-top: 5px" class="amazlet-link"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B006VKKAWQ/furtwangler07-22/ref=nosim/">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div style="clear: left" class="amazlet-footer"></div></div>
1137

チェリビダッケ/ドヴォルザーク:交響曲9番「新世界より」、シューベルト:未完成交響曲

 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団自主制作レーベルからチェリビダッケの新世界交響曲と未完成交響曲が出る。ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団が自主製作レーベルを立ち上げていたことを、この広告でもって知ったわけだが、公式ページを見てみると、ティーレマンの音源(メンデルスゾーンの第4交響曲とプフィッツナーの交響曲)も出しているようだ。こちらは配信の形式で売っているらしい。そして今回のチェリビダッケ... <a href="http://blog-imgs-104.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/019.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-104.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/019.jpg" alt="019.jpg" height="300" border="0" width="300" /></a><br /><br /><div style="text-align: justify;"> ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団自主制作レーベルからチェリビダッケの新世界交響曲と未完成交響曲が出る。ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団が自主製作レーベルを立ち上げていたことを、この広告でもって知ったわけだが、公式ページを見てみると、ティーレマンの音源(メンデルスゾーンの第4交響曲とプフィッツナーの交響曲)も出しているようだ。こちらは配信の形式で売っているらしい。そして今回のチェリビダッケはCDでのリリース。なんとなく方針が定まらない印象を受ける。確かに成功例がよくわからない自主制作レーベル事業だが、先駆者はいる。有名なベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は独自映像配信と記念盤の作成と初期投資の桁が違うので、CDを作るかどうか迷ったミュンへンの参考になるまいが、バイエルン放送交響楽団やロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団あたりを参考にされてはいかがだろうか、LSOもいいかもしれない。演奏会のことを、ちょうど写真のように録音という形でもっておきたい層は一定数いるものである。そして、録音が無ければ聴くこともかなわない人たちもいる。</div><br /><a href="https://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=314039.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252583%252589%2525E3%252583%2525B4%2525E3%252582%2525A9%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252582%2525B6%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525AF%2525EF%2525BC%2525881841-1904%2525EF%2525BC%252589_000000000019851%252Fitem_%2525E3%252583%252589%2525E3%252583%2525B4%2525E3%252582%2525A9%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252582%2525B6%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525AF%2525EF%2525BC%25259A%2525E4%2525BA%2525A4%2525E9%25259F%2525BF%2525E6%25259B%2525B2%2525E7%2525AC%2525AC9%2525E7%252595%2525AA%2525E3%252580%25258E%2525E6%252596%2525B0%2525E4%2525B8%252596%2525E7%252595%25258C%2525E3%252582%252588%2525E3%252582%25258A%2525E3%252580%25258F%2525EF%2525BC%2525881985%2525EF%2525BC%252589%2525E3%252580%252581%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525A5%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%252588%2525EF%2525BC%25259A%2525E4%2525BA%2525A4%2525E9%25259F%2525BF%2525E6%25259B%2525B2%2525E7%2525AC%2525AC8%2525E7%252595%2525AA%2525E3%252580%25258E%2525E6%25259C%2525AA%2525E5%2525AE%25258C%2525E6%252588%252590%2525E3%252580%25258F%2525EF%2525BC%2525881988%2525EF%2525BC%252589%2525E3%252580%252580%2525E3%252582%2525BB%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252582%2525B8%2525E3%252582%2525A6%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252581%2525E3%252582%2525A7%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%252593%2525E3%252583%252580%2525E3%252583%252583%2525E3%252582%2525B1%2525EF%2525BC%252586%2525E3%252583%25259F%2525E3%252583%2525A5%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%252598%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252595%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%2525AB_7843019%253Futm_campaign%253DNewsEd_rss%2526utm_source%253D170421" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4501758%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" border="0" width="0" alt="" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01N9V747E/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41W71zZsS8L.jpg" alt="Strauss: Don Juan/Ein Heldenle" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01N9V747E/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Strauss: Don Juan/Ein Heldenle</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.04.21</div></div><div class="amazlet-detail">R Strauss Gergiev <br />Munchner Philharmoni (2017-03-31)</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01N9V747E/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
401

ワッツ/コロンビア・アルバム全集

 アンドレ・ワッツは、アメリカ出身のピアニスト。ラ・カンパネラの演奏(EMI音源だが)を聴いて名前を憶えた。主にロマン派の楽曲を得意とし、水をも漏らさぬ仕上げの基、楽譜の音をもれなく拾い、拾った音は歯切れ良い。清新の中に情緒を含んだ歌い回しが特徴。このセットに含まれているショパンの練習曲作品10-1は、まるで彼のために用意された曲のようにに聞こえる。グレン・グールドの代役として舞台に上がったのが経歴の最... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01BIH5V66/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/517k%2BXI6nZL.jpg" alt="THE COMPLETE COLUMBIA ALB" style="border: none;" /></a><br /><br /> アンドレ・ワッツは、アメリカ出身のピアニスト。ラ・カンパネラの演奏(EMI音源だが)を聴いて名前を憶えた。主にロマン派の楽曲を得意とし、水をも漏らさぬ仕上げの基、楽譜の音をもれなく拾い、拾った音は歯切れ良い。清新の中に情緒を含んだ歌い回しが特徴。このセットに含まれているショパンの練習曲作品10-1は、まるで彼のために用意された曲のようにに聞こえる。<br />グレン・グールドの代役として舞台に上がったのが経歴の最初だそうで、いかにも新人らしい透明度のある音楽が始まって、ホロヴィッツの隠遁とバッハ・ルネサンスの絶頂の中にあったアメリカの聴衆は、ロマン派の新時代を夢想したかもしれない。<br /><br /> このセットは、ワッツがコロンビアに残した録音を全部集めたものとのことだが、噂によると何曲か取りこぼしているらしい。しかし、まとまって手に入るという点に変わりはなく、63年バーンスタインとのレコード・デビューから、83年の東京公演まで12枚を収める。<br /><br /><a href="http://amzn.to/2oxGixG" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><br /><h1>CD1 「デビュー」</h1><br /><br />・リスト:ピアノ協奏曲1番<br />・リスト:交響詩「前奏曲」<br />・ショパン:ピアノ協奏曲2番<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ(協奏曲)<br /><br />・ニューヨーク・フィルハーモニック(リスト)<br /><br />・指揮:レナード・バーンスタイン(リスト)<br />・指揮:トーマス・ジッパース(ショパン)<br /><br />・1963年2月18日、ニューヨーク、フィルハーモニック・ホールでのセッションステレオ録音。(リスト)<br />・1965年1月26日、2月9日、ニューヨーク、マンハッタン・センターでのセッションステレオ録音。(ショパン)<br /><br /><br /><br /><br />CD2 「リサイタル」<br /><br />・ハイドン:ピアノソナタ<br />・リスト:パガニーニ大練習曲より第2番<br />・ドビュッシー:前奏曲集第一巻より「沈める寺」<br />・ショパン:夜想曲13番<br />・リスト:巡礼の年第二年より「ペトラルカのソネット104」<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br />・1963年6月10日、11月5日、1964年2月18日、ニューヨークでのセッションステレオ録音。(ピアノソナタ、パガニーニ大練習曲)<br />・1963年11月5日、1964年3月11日、ニューヨークでのセッションステレオ録音。(前奏曲、夜想曲、ソネット)<br /><br /><br /><br /><br /><br />CD3 「凱旋帰国」<br /><br />・ブラームス:ピアノ協奏曲2番<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br />・ニューヨーク・フィルハーモニック<br /><br />・指揮:レナード・バーンスタイン<br /><br />・1968年1月23日、ニューヨーク、フィルハーモニック・ホールでのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />CD4<br /><br />・ラフマニノフ:ピアノ協奏曲3番<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br />・ニューヨーク・フィルハーモニック<br /><br />・指揮:小澤 征爾<br /><br />・1969年10月、ニューヨーク、フィルハーモニック・ホールでのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br />CD5<br /><br />・リスト:ピアノソナタ<br />・リスト:パガニーニ大練習曲<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br /> ワッツのパガニーニ練習曲は、EMIにもある。<br /><br /><br /><br /><br />CD6<br /><br />・ショパン:ピアノソナタ2番<br />・ショパン:幻想曲<br />・ショパン:練習曲作品10-1<br />・ショパン練習曲作品25-7<br />・ショパン:練習曲作品25-12<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br />・1972年9月7,8日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオでのセッションステレオ録音。(ピアノソナタ)<br />・1972年11月27日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオでのセッションステレオ録音。(幻想曲)<br />・1972年12月7日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオでのセッションステレオ録音。(練習曲)<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />CD7<br /><br />・リスト:死の舞踏 S126<br />・フランク:交響的変奏曲<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br />・ロンドン交響楽団<br /><br />・指揮:エーリッヒ・ラインズドルフ<br /><br />・1974年5月20,21日、ロンドン、クリップルゲート、聖ジャイルズ教会でのステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />CD8<br /><br />・シューベルト:12のワルツ D145<br />・シューベルト:ピアノソナタ D784<br />・シューベルト:さすらい人幻想曲<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br />・1973年5月2,3日、フランクフルトでのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />CD9<br /><br />・ベートーヴェン:ピアノソナタ7番<br />・ベートーヴェン:バガテル「エリーゼのために」 WoO59<br />・ベートーヴェン:創作主題による32の変奏曲 WoO80<br />・ベートーヴェン:ロンドカプリッチョ 作品129<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br />・1973年4月19日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオでのセッションステレオ録音。(ピアノソナタ、バガテル)<br />・1973年4月19,20日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオでのセッションステレオ録音。(変奏曲)<br />・1973年4月20日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオでのセッションステレオ録音。(ロンドカプリッチョ)<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />CD10<br /><br />チャイコフスキー:ピアノ協奏曲1番<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br />・ニューヨーク・フィルハーモニック<br /><br />・指揮:レナード・バーンスタイン<br /><br />・1973年5月12日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオでのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />CD11 ワッツ・バイ・ジョージ!<br /><br />・ガーシュイン:ラプソディー・イン・ブルー<br />・ガーシュイン:三つの前奏曲<br />・ガーシュイン:(ガーシュインの歌曲より)<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br />・1976年2月24,25日、3月3,4日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオでのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />CD12 東京公演<br /><br />・スカルラッティ:ソナタ K481(L 187)<br />・スカルラッティ:ソナタ K39(L 391)<br />・ハイドン:ピアノソナタ<br />・ブラームス:四つの小品より間奏曲 作品119-2<br />・ブラームス:四つの小品より間奏曲 作品119-3<br />・ラヴェル:組曲「鏡」より<br />・ドビュッシー:組曲「子供の領分」<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br />・1980年9月8日、東京、文化会館でのステレオライヴ録音。(スカルラッティ)<br />・1980年9月27日、東京、厚生年金会館でのステレオライヴ録音。(ハイドン、ブラームス、ラヴェル。ドビュッシー)<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div style="margin-bottom:0px;" class="amazlet-box"><div style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;" class="amazlet-image"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00UOFCPQI/furtwangler07-22/ref=nosim/"><img width="400" height="400" style="border: none;" alt="THE CONCERTO & SOLO RECORDINGS" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51kWX2srbqL.jpg" /></a></div><div style="line-height:120%; margin-bottom: 10px" class="amazlet-info"><div style="margin-bottom:10px;line-height:120%" class="amazlet-name"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00UOFCPQI/furtwangler07-22/ref=nosim/">THE CONCERTO &amp; SOLO RECORDINGS</a><div style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%" class="amazlet-powered-date">posted with <a target="_blank" title="amazlet" href="http://www.amazlet.com/">amazlet</a> at 16.04.30</div></div><div class="amazlet-detail">EUGENE ISTOMIN <br />SONNY CLASSIC (2015-12-11)<br />売り上げランキング: 1,766</div><div style="float: left;" class="amazlet-sub-info"><div style="margin-top: 5px" class="amazlet-link"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00UOFCPQI/furtwangler07-22/ref=nosim/">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div style="clear: left" class="amazlet-footer"></div></div>
  • Date : 2017-04-15 (Sat)
  • Category : ワッツ
1124

ベーム/名演集1953年から1972年

 DGからベームの録音集が出る。巨匠の現役最後の数年に絞った先のボックスと比べても、1953年から1972年とは変わった因縁のつけ方と思ったが、普段あまり再発されない戦後初期録音を集めたものとなっているようである。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との英雄交響曲やリヒャルト・シュトラウスの管弦楽曲集、ハイドンの『天地創造』『四季』などが含まれる。 ブックレットによると1972年のシュターツカペレ・ドレスデンとの... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01N95PJFX/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51bLFJjNNiL.jpg" alt="Great Recordings 1953-1972" style="border: none;" /></a><br /><br /> DGからベームの録音集が出る。巨匠の現役<a href="http://amzn.to/2jjuqMZ" target="_blank" title="最後の数年に絞った先のボックス">最後の数年に絞った先のボックス</a>と比べても、1953年から1972年とは変わった因縁のつけ方と思ったが、普段あまり再発されない戦後初期録音を集めたものとなっているようである。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との英雄交響曲やリヒャルト・シュトラウスの管弦楽曲集、ハイドンの<s>『天地創造』</s>『四季』などが含まれる。<br /> ブックレットによると1972年のシュターツカペレ・ドレスデンとの『死と変容』は、ザルツブルク音楽祭のライヴ録音の再発とのこと。<br /><br /><a href="http://amzn.to/2jto6EL" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4437541%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" width="0" border="0" height="1" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=314039.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_Box-Set-Classical_000000000088040%252Fitem_%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525A0%2525E3%252580%252580%2525E3%252582%2525B0%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252588%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252582%2525B3%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252587%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525B01953-1972-17CD_7626821" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><br /><h1>CD1</h1><br /><a href="https://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC3%E7%95%AA-%E5%A4%89%E3%83%9B%E9%95%B7%E8%AA%BF-%E4%BD%9C%E5%93%8155%E3%80%8A%E8%8B%B1%E9%9B%84%E3%80%8B-%E3%80%8A%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%80%8B%E5%BA%8F%E6%9B%B2/dp/B00005LL8Y/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&qid=1492309280&sr=8-4&keywords=bohm+beethoven+3&linkCode=li3&tag=furtwangler07-22&linkId=90304d35056c0715fb7911279eebf937" target="_blank"><img src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B00005LL8Y&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" alt="" border="0" align="right" /></a><img src="https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=li3&o=9&a=B00005LL8Y" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1" border="0" height="1" />・ベートーヴェン:交響曲3番「英雄」<br />・ベートーヴェン:コリオラン序曲<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・1961年、セッションステレオ録音。<br /><br /> <a href="http://musikvereinarchiv.blog.fc2.com/blog-entry-29.html" target="_blank" title="別頁">別頁</a>ですでに書いたアルバム。英雄交響曲の代表的名盤。コリオラン序曲も同様である。<br /><br /><table width="500" cellspacing="1" cellpadding="1" border="1"><caption>ベームの英雄交響曲の録音</caption><thead><tr><th scope="col"></th><th scope="col">オーケストラ</th><th scope="col">録音年</th><th scope="col">備考</th></tr></thead><tbody><tr><td>1</td><td>ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団</td><td>1961</td><td>当セット所収</td></tr><tr><td>2</td><td>バイエルン放送交響楽団</td><td>1978</td><td>ライヴ</td></tr><tr><td>3</td><td>ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団</td><td>1971</td><td><a href="http://musikvereinarchiv.blog.fc2.com/blog-entry-818.html">全集</a></td></tr></tbody></table><br /><h1>CD2</h1><br /><a href="https://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC%E7%AC%AC5%E7%95%AA%E3%83%BB%E7%AC%AC7%E7%95%AA-%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB/dp/B0002ZEXNI/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&qid=1492242793&sr=8-1&keywords=UCCG-3733&linkCode=li3&tag=furtwangler07-22&linkId=4ff532ce70a20c98f8a81d24fcc42ccf" target="_blank"><img src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B0002ZEXNI&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" alt="" border="0" align="right" /></a><img src="https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=li3&o=9&a=B0002ZEXNI" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1" border="0" height="1" />・ベートーヴェン:交響曲5番<br />・ベートーヴェン:交響曲7番<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・1953年セッションモノラル録音。(5番)<br />・1958年セッションステレオ録音。(7番)<br /><br /> オリジナルス・シリーズの初期から供給され続けている英雄交響曲に比べると待遇の悪い5番と7番である。この二曲は、ベートーヴェンの交響曲のアルバムでは定番中の定番の組み合わせとして知られており、大家のリリースならそれだけで話題になりそうなものだが、子会社の廉価盤シリーズで顔を見たくらいで、DG本体からの出来は今回が久しぶりのような気がする。5番がモノラルと言う点が扱いに困ったのかもしれないけれど、ベームのアルバムはこういうものが多い。<br /> <br /> 中身は、管理屋ベームの面目躍如といったところ。ベームは後年、<a href="http://amzn.to/2pCS1do" target="_blank" title="ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とやった田園交響曲の名盤">ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とやった田園交響曲の名盤</a>を残しているが、おおむねああいう風景である。勢いに任せない厳格なリズムの刻みと、音量の配分。それでいて、演奏技法上のメカニカルな部分を客には見せない。音楽がそれを覆い隠すのだ。テンポは、遅くもなく早くもないものを選んでいる(つまり、やや遅く感じる)。オペラで見られるような、残虐さと無鉄砲は全然ない。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">5番</span></strong><br /><br /> 運命交響曲は、立派で精悍だが、何かが欠けていたように思った。ベームは運命交響曲との距離を取り過ぎたのではなかったか? それこそ<a href="http://amzn.to/2pD3Ekx" target="_blank" title="『エレクトラ』">『エレクトラ』</a>の様にさばいていれば、スリリングであったものを。もし必要な距離であったというのなら、ベームは我慢するものが多かったのかもしれない。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">7番</span></strong><br /><br /> 第七番は、うまくいったものだろう。稽古はリズムの正確さを中心につけたようである。フルトヴェングラー時代の魔術的なしなりと悪魔的舞踏が整えられ、平らでまっすぐに伸びた道の上を行進するような感があった。ただ、正確な足取りに気を払っても、足音を強調せず裏方に回る。これは、ベームがベートーヴェンの音楽は主題を中心に据えたものと見ている証拠であろう。第一楽章などは、テンポも手伝ってか、非常に長く感じたものだった。開放的なメロディーと正確な音の刻みは、心地よい眠気を誘うものである。興奮は後からやってくる(第四楽章)。<br /><br /> 特によかったのは第二楽章。ベームは、こう言う楽章をやる時には、響きに頼ったり歌に磨きをかけるということを後回しにして、音の推移の整理でもって音楽を仕上げることを第一に考えるタイプのようで、オーケストラの細い音の線たちを驚くべき手腕でもって、まっすぐにしたり曲げてみたり、太くしてみたり細くして見せたりする。<br /> 彼がこの職人技を披露している場面が映像で残っているらしく(<a href="http://amzn.to/2oy1Cmm" target="_blank" title="これのこと">これのこと</a>だろうか)、個々の楽器担当者に「ああしろ、こうしろ」と指示を飛ばしまくる様子を吉田秀和氏は<a href="http://amzn.to/2pD52nl" target="_blank" title="『世界の指揮者』">『世界の指揮者』</a>で書いている。<br /><br /><blockquote><p>ベームの練習での指示を見ていると。その内容は、リズムの正確な扱い、特に付点音符、それからクレッシェンド、ディミヌエンド、フォルテ、ピアノといったダイナミックの線密忠実な扱い、いろいろな楽器の間でのバランス、特におもしろいのはいくつかの声部が重なって和声をなす時と、そうでなくて声部がいわば横の線の流れとして旋律的な役目を持つ時との、そのけじめの厳守等々といったものが主である。要するに、楽譜に書いてあることが忠実に守られて音になって出てくるかどうかを厳重に監督しているというわけだが、その監督の厳しい細かさはちっとやそっとのものではない。(中略)ときどきオーケストラに演奏をさせておいて見て、やにわに「ファゴットもっと歌って!」と注意してみたり、「ここから、ヴァイオリンがリードして!!」と怒鳴ったりする。その結果、(中略)その変化にずっとついてきたきき手は何かがぴったりと落ちつくところに落ちついたという、手応えのある印象を受ける結果になるのである。</p></blockquote><br /><br /> 完璧にこなされた時に現れる音楽は、つまりはこの第二楽章を一つ例としてあげるのだが、整然とした足並みの上に、まるで木枯らしのような歌が現れるのである。それは、シューベルトが生涯書き続けた音楽の中に宿るものであり、また、装飾を嫌うモーツァルトの長調においては凛としたしとやかな音の流れとなる。世紀末ウィーンの薫陶を受けた表現主義者ベームは、指揮という音楽の現場を通じてドイツ・オーストリアの伝統に帰って行くようだ。<br /><div style="text-align: right;">★★★★</div><br /><a href="https://www.amazon.co.jp/Beethoven-Missa-Solemnis/dp/B000001GXA/ref=as_li_ss_il?s=music&ie=UTF8&qid=1492309202&sr=1-5&keywords=bohm+beethoven&linkCode=li3&tag=furtwangler07-22&linkId=63c4334744b36badf1bb6259c26ee53f" target="_blank"><img src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B000001GXA&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" alt="" border="0" align="right" /></a><img src="https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=li3&o=9&a=B000001GXA" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1" border="0" height="1" /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00UW6AFXO/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41itR1YblOL.jpg" alt="Various: Late Recordings" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00UW6AFXO/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Various: Late Recordings</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.01.17</div></div><div class="amazlet-detail">Karl Bohm <br />Deutsche Grammophon (2015-06-02)<br />売り上げランキング: 1,333</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00UW6AFXO/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
  • Date : 2017-04-15 (Sat)
  • Category : ベーム
    Return to Pagetop