プロフィール

musikvereinarchiv

Author:musikvereinarchiv
・クラシック音楽の音源や、映像作品について書いているサイトです。たまに演奏会や、放送についても書いています。
・基本的に敬称は略させていただいております。
別館では軽快で快適な環境でお楽しみいただけます。
ツイッター
※要件などはこちらからお願い致します。

演奏家、タグ一覧
広告
1137

チェリビダッケ/ドヴォルザーク:交響曲9番「新世界より」、シューベルト:未完成交響曲

 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団自主制作レーベルからチェリビダッケの新世界交響曲と未完成交響曲が出る。ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団が自主製作レーベルを立ち上げていたことを、この広告でもって知ったわけだが、公式ページを見てみると、ティーレマンの音源(メンデルスゾーンの第4交響曲とプフィッツナーの交響曲)も出しているようだ。こちらは配信の形式で売っているらしい。そして今回のチェリビダッケ... <a href="http://blog-imgs-104.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/019.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-104.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/019.jpg" alt="019.jpg" height="300" border="0" width="300" /></a><br /><br /><div style="text-align: justify;"> ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団自主制作レーベルからチェリビダッケの新世界交響曲と未完成交響曲が出る。ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団が自主製作レーベルを立ち上げていたことを、この広告でもって知ったわけだが、公式ページを見てみると、ティーレマンの音源(メンデルスゾーンの第4交響曲とプフィッツナーの交響曲)も出しているようだ。こちらは配信の形式で売っているらしい。そして今回のチェリビダッケはCDでのリリース。なんとなく方針が定まらない印象を受ける。確かに成功例がよくわからない自主制作レーベル事業だが、先駆者はいる。有名なベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は独自映像配信と記念盤の作成と初期投資の桁が違うので、CDを作るかどうか迷ったミュンへンの参考になるまいが、バイエルン放送交響楽団やロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団あたりを参考にされてはいかがだろうか、LSOもいいかもしれない。演奏会のことを、ちょうど写真のように録音という形でもっておきたい層は一定数いるものである。そして、録音が無ければ聴くこともかなわない人たちもいる。</div><br /><a href="https://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=314039.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252583%252589%2525E3%252583%2525B4%2525E3%252582%2525A9%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252582%2525B6%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525AF%2525EF%2525BC%2525881841-1904%2525EF%2525BC%252589_000000000019851%252Fitem_%2525E3%252583%252589%2525E3%252583%2525B4%2525E3%252582%2525A9%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252582%2525B6%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525AF%2525EF%2525BC%25259A%2525E4%2525BA%2525A4%2525E9%25259F%2525BF%2525E6%25259B%2525B2%2525E7%2525AC%2525AC9%2525E7%252595%2525AA%2525E3%252580%25258E%2525E6%252596%2525B0%2525E4%2525B8%252596%2525E7%252595%25258C%2525E3%252582%252588%2525E3%252582%25258A%2525E3%252580%25258F%2525EF%2525BC%2525881985%2525EF%2525BC%252589%2525E3%252580%252581%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525A5%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%252588%2525EF%2525BC%25259A%2525E4%2525BA%2525A4%2525E9%25259F%2525BF%2525E6%25259B%2525B2%2525E7%2525AC%2525AC8%2525E7%252595%2525AA%2525E3%252580%25258E%2525E6%25259C%2525AA%2525E5%2525AE%25258C%2525E6%252588%252590%2525E3%252580%25258F%2525EF%2525BC%2525881988%2525EF%2525BC%252589%2525E3%252580%252580%2525E3%252582%2525BB%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252582%2525B8%2525E3%252582%2525A6%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252581%2525E3%252582%2525A7%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%252593%2525E3%252583%252580%2525E3%252583%252583%2525E3%252582%2525B1%2525EF%2525BC%252586%2525E3%252583%25259F%2525E3%252583%2525A5%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%252598%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252595%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%2525AB_7843019%253Futm_campaign%253DNewsEd_rss%2526utm_source%253D170421" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4501758%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" border="0" width="0" alt="" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01N9V747E/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41W71zZsS8L.jpg" alt="Strauss: Don Juan/Ein Heldenle" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01N9V747E/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Strauss: Don Juan/Ein Heldenle</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.04.21</div></div><div class="amazlet-detail">R Strauss Gergiev <br />Munchner Philharmoni (2017-03-31)</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01N9V747E/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
401

ワッツ/コロンビア・アルバム全集

 アンドレ・ワッツは、アメリカ出身のピアニスト。ラ・カンパネラの演奏(EMI音源だが)を聴いて名前を憶えた。主にロマン派の楽曲を得意とし、水をも漏らさぬ仕上げの基、楽譜の音をもれなく拾い、拾った音は歯切れ良い。清新の中に情緒を含んだ歌い回しが特徴。このセットに含まれているショパンの練習曲作品10-1は、まるで彼のために用意された曲のようにに聞こえる。グレン・グールドの代役として舞台に上がったのが経歴の最... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01BIH5V66/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/517k%2BXI6nZL.jpg" alt="THE COMPLETE COLUMBIA ALB" style="border: none;" /></a><br /><br /> アンドレ・ワッツは、アメリカ出身のピアニスト。ラ・カンパネラの演奏(EMI音源だが)を聴いて名前を憶えた。主にロマン派の楽曲を得意とし、水をも漏らさぬ仕上げの基、楽譜の音をもれなく拾い、拾った音は歯切れ良い。清新の中に情緒を含んだ歌い回しが特徴。このセットに含まれているショパンの練習曲作品10-1は、まるで彼のために用意された曲のようにに聞こえる。<br />グレン・グールドの代役として舞台に上がったのが経歴の最初だそうで、いかにも新人らしい透明度のある音楽が始まって、ホロヴィッツの隠遁とバッハ・ルネサンスの絶頂の中にあったアメリカの聴衆は、ロマン派の新時代を夢想したかもしれない。<br /><br /> このセットは、ワッツがコロンビアに残した録音を全部集めたものとのことだが、噂によると何曲か取りこぼしているらしい。しかし、まとまって手に入るという点に変わりはなく、63年バーンスタインとのレコード・デビューから、83年の東京公演まで12枚を収める。<br /><br /><a href="http://amzn.to/2oxGixG" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><br /><h1>CD1 「デビュー」</h1><br /><br />・リスト:ピアノ協奏曲1番<br />・リスト:交響詩「前奏曲」<br />・ショパン:ピアノ協奏曲2番<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ(協奏曲)<br /><br />・ニューヨーク・フィルハーモニック(リスト)<br /><br />・指揮:レナード・バーンスタイン(リスト)<br />・指揮:トーマス・ジッパース(ショパン)<br /><br />・1963年2月18日、ニューヨーク、フィルハーモニック・ホールでのセッションステレオ録音。(リスト)<br />・1965年1月26日、2月9日、ニューヨーク、マンハッタン・センターでのセッションステレオ録音。(ショパン)<br /><br /><br /><br /><br />CD2 「リサイタル」<br /><br />・ハイドン:ピアノソナタ<br />・リスト:パガニーニ大練習曲より第2番<br />・ドビュッシー:前奏曲集第一巻より「沈める寺」<br />・ショパン:夜想曲13番<br />・リスト:巡礼の年第二年より「ペトラルカのソネット104」<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br />・1963年6月10日、11月5日、1964年2月18日、ニューヨークでのセッションステレオ録音。(ピアノソナタ、パガニーニ大練習曲)<br />・1963年11月5日、1964年3月11日、ニューヨークでのセッションステレオ録音。(前奏曲、夜想曲、ソネット)<br /><br /><br /><br /><br /><br />CD3 「凱旋帰国」<br /><br />・ブラームス:ピアノ協奏曲2番<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br />・ニューヨーク・フィルハーモニック<br /><br />・指揮:レナード・バーンスタイン<br /><br />・1968年1月23日、ニューヨーク、フィルハーモニック・ホールでのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />CD4<br /><br />・ラフマニノフ:ピアノ協奏曲3番<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br />・ニューヨーク・フィルハーモニック<br /><br />・指揮:小澤 征爾<br /><br />・1969年10月、ニューヨーク、フィルハーモニック・ホールでのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br />CD5<br /><br />・リスト:ピアノソナタ<br />・リスト:パガニーニ大練習曲<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br /> ワッツのパガニーニ練習曲は、EMIにもある。<br /><br /><br /><br /><br />CD6<br /><br />・ショパン:ピアノソナタ2番<br />・ショパン:幻想曲<br />・ショパン:練習曲作品10-1<br />・ショパン練習曲作品25-7<br />・ショパン:練習曲作品25-12<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br />・1972年9月7,8日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオでのセッションステレオ録音。(ピアノソナタ)<br />・1972年11月27日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオでのセッションステレオ録音。(幻想曲)<br />・1972年12月7日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオでのセッションステレオ録音。(練習曲)<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />CD7<br /><br />・リスト:死の舞踏 S126<br />・フランク:交響的変奏曲<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br />・ロンドン交響楽団<br /><br />・指揮:エーリッヒ・ラインズドルフ<br /><br />・1974年5月20,21日、ロンドン、クリップルゲート、聖ジャイルズ教会でのステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />CD8<br /><br />・シューベルト:12のワルツ D145<br />・シューベルト:ピアノソナタ D784<br />・シューベルト:さすらい人幻想曲<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br />・1973年5月2,3日、フランクフルトでのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />CD9<br /><br />・ベートーヴェン:ピアノソナタ7番<br />・ベートーヴェン:バガテル「エリーゼのために」 WoO59<br />・ベートーヴェン:創作主題による32の変奏曲 WoO80<br />・ベートーヴェン:ロンドカプリッチョ 作品129<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br />・1973年4月19日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオでのセッションステレオ録音。(ピアノソナタ、バガテル)<br />・1973年4月19,20日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオでのセッションステレオ録音。(変奏曲)<br />・1973年4月20日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオでのセッションステレオ録音。(ロンドカプリッチョ)<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />CD10<br /><br />チャイコフスキー:ピアノ協奏曲1番<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br />・ニューヨーク・フィルハーモニック<br /><br />・指揮:レナード・バーンスタイン<br /><br />・1973年5月12日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオでのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />CD11 ワッツ・バイ・ジョージ!<br /><br />・ガーシュイン:ラプソディー・イン・ブルー<br />・ガーシュイン:三つの前奏曲<br />・ガーシュイン:(ガーシュインの歌曲より)<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br />・1976年2月24,25日、3月3,4日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオでのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />CD12 東京公演<br /><br />・スカルラッティ:ソナタ K481(L 187)<br />・スカルラッティ:ソナタ K39(L 391)<br />・ハイドン:ピアノソナタ<br />・ブラームス:四つの小品より間奏曲 作品119-2<br />・ブラームス:四つの小品より間奏曲 作品119-3<br />・ラヴェル:組曲「鏡」より<br />・ドビュッシー:組曲「子供の領分」<br /><br />・ピアノ:アンドレ・ワッツ<br /><br />・1980年9月8日、東京、文化会館でのステレオライヴ録音。(スカルラッティ)<br />・1980年9月27日、東京、厚生年金会館でのステレオライヴ録音。(ハイドン、ブラームス、ラヴェル。ドビュッシー)<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div style="margin-bottom:0px;" class="amazlet-box"><div style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;" class="amazlet-image"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00UOFCPQI/furtwangler07-22/ref=nosim/"><img width="400" height="400" style="border: none;" alt="THE CONCERTO & SOLO RECORDINGS" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51kWX2srbqL.jpg" /></a></div><div style="line-height:120%; margin-bottom: 10px" class="amazlet-info"><div style="margin-bottom:10px;line-height:120%" class="amazlet-name"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00UOFCPQI/furtwangler07-22/ref=nosim/">THE CONCERTO &amp; SOLO RECORDINGS</a><div style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%" class="amazlet-powered-date">posted with <a target="_blank" title="amazlet" href="http://www.amazlet.com/">amazlet</a> at 16.04.30</div></div><div class="amazlet-detail">EUGENE ISTOMIN <br />SONNY CLASSIC (2015-12-11)<br />売り上げランキング: 1,766</div><div style="float: left;" class="amazlet-sub-info"><div style="margin-top: 5px" class="amazlet-link"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00UOFCPQI/furtwangler07-22/ref=nosim/">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div style="clear: left" class="amazlet-footer"></div></div>
  • Date : 2017-04-15 (Sat)
  • Category : ワッツ
1124

ベーム/名演集1953年から1972年

 DGからベームの録音集が出る。巨匠の現役最後の数年に絞った先のボックスと比べても、1953年から1972年とは変わった因縁のつけ方と思ったが、普段あまり再発されない戦後初期録音を集めたものとなっているようである。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との英雄交響曲やリヒャルト・シュトラウスの管弦楽曲集、ハイドンの『天地創造』『四季』などが含まれる。 ブックレットによると1972年のシュターツカペレ・ドレスデンとの... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01N95PJFX/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51bLFJjNNiL.jpg" alt="Great Recordings 1953-1972" style="border: none;" /></a><br /><br /> DGからベームの録音集が出る。巨匠の現役<a href="http://amzn.to/2jjuqMZ" target="_blank" title="最後の数年に絞った先のボックス">最後の数年に絞った先のボックス</a>と比べても、1953年から1972年とは変わった因縁のつけ方と思ったが、普段あまり再発されない戦後初期録音を集めたものとなっているようである。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との英雄交響曲やリヒャルト・シュトラウスの管弦楽曲集、ハイドンの<s>『天地創造』</s>『四季』などが含まれる。<br /> ブックレットによると1972年のシュターツカペレ・ドレスデンとの『死と変容』は、ザルツブルク音楽祭のライヴ録音の再発とのこと。<br /><br /><a href="http://amzn.to/2jto6EL" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4437541%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" height="1" border="0" width="0" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=314039.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_Box-Set-Classical_000000000088040%252Fitem_%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525A0%2525E3%252580%252580%2525E3%252582%2525B0%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252588%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252582%2525B3%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252587%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525B01953-1972-17CD_7626821" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><br /><h1>CD1</h1><br /><a href="https://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC3%E7%95%AA-%E5%A4%89%E3%83%9B%E9%95%B7%E8%AA%BF-%E4%BD%9C%E5%93%8155%E3%80%8A%E8%8B%B1%E9%9B%84%E3%80%8B-%E3%80%8A%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%80%8B%E5%BA%8F%E6%9B%B2/dp/B00005LL8Y/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&qid=1492309280&sr=8-4&keywords=bohm+beethoven+3&linkCode=li3&tag=furtwangler07-22&linkId=90304d35056c0715fb7911279eebf937" target="_blank"><img src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B00005LL8Y&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" alt="" align="right" border="0" /></a><img src="https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=li3&o=9&a=B00005LL8Y" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" height="1" border="0" width="1" />・ベートーヴェン:交響曲3番「英雄」<br />・ベートーヴェン:コリオラン序曲<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・1961年、セッションステレオ録音。<br /><br /> <a href="http://musikvereinarchiv.blog.fc2.com/blog-entry-29.html" target="_blank" title="別頁">別頁</a>ですでに書いたアルバム。英雄交響曲の代表的名盤。コリオラン序曲も同様である。<br /><br /><br /><br /><br /><h1>CD2</h1><br /><a href="https://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC%E7%AC%AC5%E7%95%AA%E3%83%BB%E7%AC%AC7%E7%95%AA-%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB/dp/B0002ZEXNI/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&qid=1492242793&sr=8-1&keywords=UCCG-3733&linkCode=li3&tag=furtwangler07-22&linkId=4ff532ce70a20c98f8a81d24fcc42ccf" target="_blank"><img src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B0002ZEXNI&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" alt="" align="right" border="0" /></a><img src="https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=li3&o=9&a=B0002ZEXNI" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" height="1" border="0" width="1" />・ベートーヴェン:交響曲5番<br />・ベートーヴェン:交響曲7番<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・1953年セッションモノラル録音。(5番)<br />・1958年セッションステレオ録音。(7番)<br /><br /> オリジナルス・シリーズの初期から供給され続けている英雄交響曲に比べると待遇の悪い5番と7番である。この二曲は、ベートーヴェンの交響曲のアルバムでは定番中の定番の組み合わせとして知られており、大家のリリースならそれだけで話題になりそうなものだが、子会社の廉価盤シリーズで顔を見たくらいで、DG本体からの出来は今回が久しぶりのような気がする。5番がモノラルと言う点が扱いに困ったのかもしれないけれど、ベームのアルバムはこういうものが多い。<br /> <br /> 中身は、管理屋ベームの面目躍如といったところ。ベームは後年、<a href="http://amzn.to/2pCS1do" target="_blank" title="ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とやった田園交響曲の名盤">ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とやった田園交響曲の名盤</a>を残しているが、おおむねああいう風景である。勢いに任せない厳格なリズムの刻みと、音量の配分。それでいて、演奏技法上のメカニカルな部分を客には見せない。音楽がそれを覆い隠すのだ。テンポは、遅くもなく早くもないものを選んでいる(つまり、やや遅く感じる)。オペラで見られるような、残虐さと無鉄砲は全然ない。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">5番</span></strong><br /><br /> 運命交響曲は、立派で精悍だが、何かが欠けていたように思った。ベームは運命交響曲との距離を取り過ぎたのではなかったか? それこそ<a href="http://amzn.to/2pD3Ekx" target="_blank" title="『エレクトラ』">『エレクトラ』</a>の様にさばいていれば、スリリングであったものを。もし必要な距離であったというのなら、ベームは我慢するものが多かったのかもしれない。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">7番</span></strong><br /><br /> 第七番は、うまくいったものだろう。稽古はリズムの正確さを中心につけたようである。フルトヴェングラー時代の魔術的なしなりと悪魔的舞踏が整えられ、平らでまっすぐに伸びた道の上を行進するような感があった。ただ、正確な足取りに気を払っても、足音を強調せず裏方に回る。これは、ベームがベートーヴェンの音楽は主題を中心に据えたものと見ている証拠であろう。第一楽章などは、テンポも手伝ってか、非常に長く感じたものだった。開放的なメロディーと正確な音の刻みは、心地よい眠気を誘うものである。興奮は後からやってくる(第四楽章)。<br /><br /> 特によかったのは第二楽章。ベームは、こう言う楽章をやる時には、響きに頼ったり歌に磨きをかけるということを後回しにして、音の推移の整理でもって音楽を仕上げることを第一に考えるタイプのようで、オーケストラの細い音の線たちを驚くべき手腕でもって、まっすぐにしたり曲げてみたり、太くしてみたり細くして見せたりする。<br /> 彼がこの職人技を披露している場面が映像で残っているらしく(<a href="http://amzn.to/2oy1Cmm" target="_blank" title="これのこと">これのこと</a>だろうか)、個々の楽器担当者に「ああしろ、こうしろ」と指示を飛ばしまくる様子を吉田秀和氏は<a href="http://amzn.to/2pD52nl" target="_blank" title="『世界の指揮者』">『世界の指揮者』</a>で書いている。<br /><br /><blockquote><p>ベームの練習での指示を見ていると。その内容は、リズムの正確な扱い、特に付点音符、それからクレッシェンド、ディミヌエンド、フォルテ、ピアノといったダイナミックの線密忠実な扱い、いろいろな楽器の間でのバランス、特におもしろいのはいくつかの声部が重なって和声をなす時と、そうでなくて声部がいわば横の線の流れとして旋律的な役目を持つ時との、そのけじめの厳守等々といったものが主である。要するに、楽譜に書いてあることが忠実に守られて音になって出てくるかどうかを厳重に監督しているというわけだが、その監督の厳しい細かさはちっとやそっとのものではない。(中略)ときどきオーケストラに演奏をさせておいて見て、やにわに「ファゴットもっと歌って!」と注意してみたり、「ここから、ヴァイオリンがリードして!!」と怒鳴ったりする。その結果、(中略)その変化にずっとついてきたきき手は何かがぴったりと落ちつくところに落ちついたという、手応えのある印象を受ける結果になるのである。</p></blockquote><br /><br /> 完璧にこなされた時に現れる音楽は、つまりはこの第二楽章を一つ例としてあげるのだが、整然とした足並みの上に、まるで木枯らしのような歌が現れるのである。それは、シューベルトが生涯書き続けた音楽の中に宿るものであり、また、装飾を嫌うモーツァルトの長調においては凛としたしとやかな音の流れとなる。世紀末ウィーンの薫陶を受けた表現主義者ベームは、指揮という音楽の現場を通じてドイツ・オーストリアの伝統に帰って行くようだ。<br /><div style="text-align: right;">★★★★</div><br /><a href="https://www.amazon.co.jp/Beethoven-Missa-Solemnis/dp/B000001GXA/ref=as_li_ss_il?s=music&ie=UTF8&qid=1492309202&sr=1-5&keywords=bohm+beethoven&linkCode=li3&tag=furtwangler07-22&linkId=63c4334744b36badf1bb6259c26ee53f" target="_blank"><img src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B000001GXA&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" alt="" align="right" border="0" /></a><img src="https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=li3&o=9&a=B000001GXA" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" height="1" border="0" width="1" /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00UW6AFXO/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41itR1YblOL.jpg" alt="Various: Late Recordings" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00UW6AFXO/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Various: Late Recordings</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.01.17</div></div><div class="amazlet-detail">Karl Bohm <br />Deutsche Grammophon (2015-06-02)<br />売り上げランキング: 1,333</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00UW6AFXO/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
  • Date : 2017-04-15 (Sat)
  • Category : ベーム
1135

ベーム/壮年期録音集(独EMI)

 40代から50代のベームが独EMIに残した録音集。巨匠壮年期の仕事である。欧州楽壇の巨匠ととなった後のDGとの仕事とは別の味がありましょう。 フラグスタートとの共演など夢想だにしなかった。HMV商品詳細ページTOWER RECORDS商品詳細ページ・ワーグナー:楽劇『ワルキューレ』第2幕より「ジークムントよ! 私を見てください」・ワーグナー:楽劇『トリスタンとイゾルデ』第2幕より「おお、沈み来たれ、愛の夜よ」・キルステン・... <a href="http://blog-imgs-104.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/190295886721.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-104.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/190295886721.jpg" alt="190295886721.jpg" border="0" width="400" height="400" /></a><br /><br /><br /> 40代から50代のベームが独EMIに残した録音集。巨匠壮年期の仕事である。欧州楽壇の巨匠ととなった後のDGとの仕事とは別の味がありましょう。<br /> フラグスタートとの共演など夢想だにしなかった。<br /><br /><a href="https://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&amp;subid=&amp;offerid=314039.1&amp;type=10&amp;tmpid=1161&amp;RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_Box-Set-Classical_000000000088040%252Fitem_%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525A0%2525E7%25258B%2525ACEMI%2525E9%25258C%2525B2%2525E9%25259F%2525B3%2525E9%25259B%252586-19CD_7783887" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4483788%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><hr size="1" /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" />・ワーグナー:楽劇『ワルキューレ』第2幕より「ジークムントよ! 私を見てください」<br />・ワーグナー:楽劇『トリスタンとイゾルデ』第2幕より「おお、沈み来たれ、愛の夜よ」<br /><br />・キルステン・フラグスタート(ソプラノ)<br />・セット・スヴァンホルム(テノール)<br />・コンスタンス・シャックロック(コントラルト:2)<br /><br />・フィルハーモニア管弦楽団<br /><br />・指揮:カール・ベーム<br /><br />・1949年6月 モノラル録音。<br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01N95PJFX/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/518GMhJ7p3L.jpg" alt="Karl Bohm Great Recordings 1953-1972" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01N95PJFX/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Karl Bohm Great Recordings 1953-1972</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.03.27</div></div><div class="amazlet-detail">Karl Bohm <br />Deutsche Grammophon (2017-02-24)<br />売り上げランキング: 5,411<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01N95PJFX/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
  • Date : 2017-03-27 (Mon)
  • Category : ベーム
1134

ヨッフム/R.シュトラウス:管弦楽曲集、ベートーヴェン:交響曲5番

 ヨッフムのR.シュトラウス管弦楽曲集。TOWER RECORDS企画盤としてベートーヴェン交響曲全集などとともに出来。特別収録としてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とのベートーヴェンの運命交響曲(モノラル録音)がついている。TOWER RECORDS商品詳細ページ曲目等・R.シュトラウス:交響詩『ドン・ファン』・R.シュトラウス:楽劇『ばらの騎士』から第2ワルツ・R.シュトラウス:楽劇『ばらの騎士』から第1ワルツ・R.シュトラウス... <a href="http://blog-imgs-104.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/4988031215258.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-104.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/4988031215258.jpg" alt="4988031215258.jpg" height="395" width="400" border="0" /></a><br /><br /> ヨッフムのR.シュトラウス管弦楽曲集。<a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Farticle%2Ffeature_item%2F2017%2F02%2F08%2F1101%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0" alt="" />TOWER RECORDS企画盤</a>として<a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4447004%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0" alt="" />ベートーヴェン交響曲全集</a>などとともに出来。特別収録としてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とのベートーヴェンの運命交響曲(モノラル録音)がついている。<br /><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4447009%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0" alt="" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><br /><h1>曲目等</h1><br /><br />・R.シュトラウス:交響詩『ドン・ファン』<br />・R.シュトラウス:楽劇『ばらの騎士』から第2ワルツ<br />・R.シュトラウス:楽劇『ばらの騎士』から第1ワルツ<br />・R.シュトラウス:交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』<br />・ベートーヴェン:交響曲5番<br /><br />・ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(R.シュトラウス)<br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(ベートーヴェン)<br /><br />・指揮:オイゲン・ヨッフム<br /><br />・1951年5月28-30日、ベルリン、イエス・キリスト教会でのセッションモノラル録音。(ベートーヴェン)<br />・1960年6月10,11日、アムステルダム、コンセルトヘボウでのセッションステレオ録音。(R.シュトラウス)<br /><br /><br /><br /><h1>運命交響曲</h1><br /><div style="text-align: justify;"> <a href="http://amzn.to/2md0QJT" target="_blank" title="有名なバイロイトの第九">有名なバイロイトの第九</a>と同じ1951年の録音だが、音質はこちらの方が明らかに上。モノラルでも良質な部類と言って差し支えないと思う。奥行きはさすがにとらえられていないものの、良質なモノラルによくある肉厚ある音となっている。<br /><br /> ヨッフムは、基本的には全部決めてから作業に臨むタイプであり、一見ムチャな加速や減速であっても、それはきまぐれから生まれたではなく、計算の上で実演上必須と決断し取り入れた演出である。彼は、コンサートホールという音楽の現場を担う専門家的見地から、楽譜へ注釈を書き加えたドイツ人巨匠の一人であった。ヨッフムは、フルトヴェングラーの強い影響下にあった時期もあったといわれているし、聴いていてもその話を何となく理解できる部分もあるが、彼としては、フルトヴェングラーが聴衆にかける魔術の冷静な観察者であったというのがその実なのではないだろうか。作曲者が楽譜に「accel.」や「rit.」と書いた時、やはり聴きながら書いているのである。記譜に込められた実演上の意図は聴かなければ本当にわからない。フルトヴェングラーが正解と言うわけではないが、陶酔力の方面では間違いなく偉大なサンプルとは言えるのだ。<br /><br /> ヨッフムにとって、51年のこの録音がどういう位置づけにあるかは分からないが、聴く方としては随分と真面目に仕上げたものだという感想を持った。録音は残るから、楽譜の読み方は通説に従うことを大前提に、聴きごたえもまぁまぁするように作ることにしよう、と。たぶん、そんなわけで、運命交響曲では、テンポの変動は採用されず、端正で歯切れの良いところが際立った仕上がりとなっていた。歌うところは歌うが、対比のために必要最低限の処理と言うべきあり、どこかフルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団的である。後年になって音楽づくりの前面に出てくることとなるドイツ・リート仕込みの分厚い緩やかな息の長い運動も鳴りをひそめていた。引き締めの方面に時間を使ったようだ。<br /><br /> とはいえ、没感動的な学校風の処理と言うわけではない。指揮者は、ベートーヴェンが運命交響曲を通じて世に送り出した様々な感動(ゲーテに異様な興奮をもたらしたもの)、その祖形ともいうべきものを見つめているのはわかるのである。ヨッフムがどうこうと言う話を脇に、ほとんど骨と皮と言われているこの交響曲のさっぱりとしたドラマを聴くにはちょうど良いのではないか。特に第一楽章がよかった。</div><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01MT0OJQO/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51T6GtQjCfL.jpg" alt="ブルックナー : 交響曲 第4番 5番 6番 7番 8番 (Anton Bruckner : Symphonies Nos. 4, 5, 6, 7, 8 / Eugen Jochum & Concertgebouw Orchestra, Amsterdam) [Live 1970 - 1986] [6CD] [日本語帯・解説付]" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01MT0OJQO/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">ブルックナー : 交響曲 第4番 5番 6番 7番 8番 (Anton Bruckner : Symphonies Nos. 4, 5, 6, 7, 8 / Eugen Jochum &amp; Concertgebouw Orchestra, Amsterdam) [Live 1970 - 1986] [6CD] [日本語帯・解説付]</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.03.11</div></div><div class="amazlet-detail">オイゲン・ヨッフム アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 <br />ALTUS (2017-01-19)<br />売り上げランキング: 1,011</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01MT0OJQO/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1130

カペル/放送用録音とライヴ録音集 1944-1952

 ウィリアム・カペルの放送用録音とライヴ録音を集めたセット。お値段は高め。 健康的によく鳴るピアノと、情熱的な詩情が持ち味のピアニストで、ロマン派の音楽を屈託なく歌い上げる名手であった。TOWER RECORDS商品詳細ページHMV商品詳細ページCOMPLETE RECORDINGS 1944-posted with amazlet at 17.02.12WILLIAM KAPPELL REDSE (2013-03-22)売り上げランキング: 25,250Amazon.co.jpで詳細を見る... <a href="http://blog-imgs-98.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/638335302126.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-98.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/638335302126.jpg" alt="638335302126.jpg" border="0" width="300" height="300" /></a><br /><br /> ウィリアム・カペルの放送用録音とライヴ録音を集めたセット。お値段は高め。<br /> 健康的によく鳴るピアノと、情熱的な詩情が持ち味のピアニストで、ロマン派の音楽を屈託なく歌い上げる名手であった。<br /><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4443041%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&amp;subid=&amp;offerid=314039.1&amp;type=10&amp;tmpid=1161&amp;RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252583%252594%2525E3%252582%2525A2%2525E3%252583%25258E%2525E4%2525BD%25259C%2525E5%252593%252581%2525E9%25259B%252586_000000000017977%252Fitem_%2525E3%252582%2525A6%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252582%2525A2%2525E3%252583%2525A0%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%25259A%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252580%252580%2525E6%252594%2525BE%2525E9%252580%252581%2525E7%252594%2525A8%2525E9%25258C%2525B2%2525E9%25259F%2525B3%2525E3%252581%2525A8%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252582%2525A4%2525E3%252583%2525B4%2525E9%25258C%2525B2%2525E9%25259F%2525B3%2525E9%25259B%252586-1944-1952-3CD_7620678" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00AK3X32O/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51CIneLDtwL.jpg" alt="COMPLETE RECORDINGS 1944-" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00AK3X32O/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">COMPLETE RECORDINGS 1944-</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.02.12</div></div><div class="amazlet-detail">WILLIAM KAPPELL <br />REDSE (2013-03-22)<br />売り上げランキング: 25,250<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00AK3X32O/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
  • Date : 2017-02-12 (Sun)
  • Category : カペル
1120

ヨッフム/ブルックナー:交響曲4,5,6,7,8番 [ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団]

 かつてTahra社より発売されていたヨッフムとロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団によるブルックナー交響曲ライヴ録音集。社長の死去によって流通が止まっていたが復活。リマスターされているとのこと。版権はそのままに、クレジットのあるAltus Musicが販売を行っていくということになったのだろうか? 付録としてヨッフムの作文『アントン・ブルックナーの交響曲の解釈のために』が付いている。Amazon商品詳細HMV商品詳細TOWER... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01MT0OJQO/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51T6GtQjCfL.jpg" alt="ブルックナー : 交響曲 第4番 5番 6番 7番 8番 (Anton Bruckner : Symphonies Nos. 4, 5, 6, 7, 8 / Eugen Jochum & Concertgebouw Orchestra, Amsterdam) [Live 1970 - 1986] [6CD] [日本語帯・解説付]" style="border: none;" /></a><br /><br /> かつてTahra社より発売されていたヨッフムとロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団によるブルックナー交響曲ライヴ録音集。社長の死去によって流通が止まっていたが復活。リマスターされているとのこと。版権はそのままに、クレジットのあるAltus Musicが販売を行っていくということになったのだろうか?<br /> 付録としてヨッフムの作文『アントン・ブルックナーの交響曲の解釈のために』が付いている。<br /><br /><a href="http://amzn.to/2hSZGUF" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br />HMV商品詳細<br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4423111%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><br /><h1>曲目等</h1><br />・ブルックナー:交響曲4番「ロマンティック」<br />・ブルックナー:交響曲5番<br />・ブルックナー:交響曲6番<br />・ブルックナー:交響曲7番<br />・ブルックナー:交響曲8番<br /><br />・ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団<br /><br />・指揮:オイゲン・ヨッフム<br /><br />・1975年1月16日、アムステルダム、コンセルトヘボウでのステレオライヴ録音。(4番)<br />・1985年12月4日、アムステルダム、コンセルトヘボウでのステレオライヴ録音。(5番)<br />・1980年11月4日、アムステルダム、コンセルトヘボウでのステレオライヴ録音。(6番)<br />・1970年3月15日、アムステルダム、コンセルトヘボウでのステレオライヴ録音。(7番)<br />・1984年9月26日、アムステルダム、コンセルトヘボウでのステレオライヴ録音。(8番)<br /><h1>音質について</h1><br /><br /> セッションによる収録には及ばないけれども、もともと音質が悪い録音というわけではなかったので、リマスターの効果はよくわからない(気にもしていなかった)。ただ、4番には音楽開始前に指揮者を迎える拍手も入っていたが、今回のリマスターでカットされたようである。ひどく細かい話ではあるが、聴衆や演奏者による雑音がなくはないので、開始前の拍手を入れることで演奏会会場であることを暗に示すやり方は悪くなかったと思う。終演後の拍手は入っている。<br /><br /><h1>ブルックナーの交響曲とヨッフムのやり方</h1><br /><br /> <br /><br /> 時代は下る。複雑怪奇な要素を極力解きほぐして、ブルックナーの音楽に清新の風を招き入れたのがヴァントであった。巨大な響きに着目し、ブルックナーをドイツ印象派の聖なる巨魁と見たのがチェリビダッケであった。あくまでソナタ形式の音楽家として彼の交響曲を受け取り、暗澹たるパトスの血液を流し込み、光みなぎる太陽の祝福を与えたのは、フルトヴェングラーであった。ヨッフムはどうだったか。<br /><br /><br /><h1>4番「ロマンティック」</h1><br /><a href="https://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8A%E3%83%BC-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC4%E7%95%AA%E3%80%8C%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%80%8D-%E3%83%A8%E3%83%83%E3%83%95%E3%83%A0-%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%82%B2%E3%83%B3/dp/B009SASPVY/ref=as_li_ss_il?s=music&ie=UTF8&qid=1482288312&sr=1-24&keywords=bruckner+jochum&linkCode=li3&tag=furtwangler07-22&linkId=83bd9c1a41c11233b7cdec03cbc1816c" target="_blank"><img src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B009SASPVY&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" border="0" align="right" alt="" /></a><img src="https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=li3&o=9&a=B009SASPVY" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1" height="1" border="0" /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><h1>5番</h1><br /><br /><br /> <a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F3629550%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">DECCAから出ている同曲の録音</a>は、1964年に収録されたものであり、これとは別のもの。<br /><br /><h1>6番</h1><br /><a href="https://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8A%E3%83%BC-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC6%E7%95%AA-%E3%83%A8%E3%83%83%E3%83%95%E3%83%A0-%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%82%B2%E3%83%B3/dp/B009SASQA4/ref=as_li_ss_il?s=music&ie=UTF8&qid=1482288330&sr=1-26&keywords=bruckner+jochum&linkCode=li3&tag=furtwangler07-22&linkId=50a83504d68ba64d6c41762f140a8627" target="_blank"><img src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B009SASQA4&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" border="0" align="right" alt="" /></a><img src="https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=li3&o=9&a=B009SASQA4" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1" height="1" border="0" /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><h1>7番</h1><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><h1>8番</h1><br /><a href="https://www.amazon.co.jp/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8A%E3%83%BC-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC8%E7%95%AA-%E3%83%A8%E3%83%83%E3%83%95%E3%83%A0-%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%82%B2%E3%83%B3/dp/B009SASQ3Q/ref=as_li_ss_il?s=music&ie=UTF8&qid=1482288330&sr=1-25&keywords=bruckner+jochum&linkCode=li3&tag=furtwangler07-22&linkId=7458767cbfe00dfb1bc03ba310263f2e" target="_blank"><img src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B009SASQ3Q&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" border="0" align="right" alt="" /></a><img src="https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=li3&o=9&a=B009SASQ3Q" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1" height="1" border="0" /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01I60XCB4/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51DSDJUFuDL.jpg" alt="Complete Orchestral Recordings On Deutsche Grammophon" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01I60XCB4/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Complete Orchestral Recordings On Deutsche Grammophon</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 16.12.21</div></div><div class="amazlet-detail">Eugen Jochum <br />ユニバーサル ミュージック合同会社 (2016-09-02)<br />売り上げランキング: 47,480</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01I60XCB4/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div><br /><br />
1126

シューリヒト/デッカ録音全集

 ベートーヴェンの交響曲全集が再発されるなど、いまだに人気あるカール・シューリヒトのDECCA録音全集。大半はモノラルの録音である。正規版としては初のCD化を含むセットとのこと。歌劇場たたき上げの経歴を持つようだが、オペラ全曲録音はない。残念なことである。オリジナルジャケット仕様。TOWER RECORDS商品詳細ページHMV商品詳細ページCD1・ベートーヴェン:交響曲1番・ベートーヴェン:交響曲2番カール・シューリヒト・コ... <a href="http://blog-imgs-98.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/822.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-98.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/822.jpg" alt="822.jpg" border="0" width="400" height="400" /></a><br /><br /><br /> <a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4210878%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">ベートーヴェンの交響曲全集が再発</a>されるなど、いまだに人気あるカール・シューリヒトのDECCA録音全集。大半はモノラルの録音である。正規版としては初のCD化を含むセットとのこと。歌劇場たたき上げの経歴を持つようだが、オペラ全曲録音はない。残念なことである。オリジナルジャケット仕様。<br /><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4443334%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&amp;subid=&amp;offerid=314039.1&amp;type=10&amp;tmpid=1161&amp;RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_Box-Set-Classical_000000000088040%252Fitem_%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525A5%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%252592%2525E3%252583%252588%2525E3%252580%252580%2525E3%252583%252587%2525E3%252583%252583%2525E3%252582%2525AB%2525E9%25258C%2525B2%2525E9%25259F%2525B3%2525E5%252585%2525A8%2525E9%25259B%252586-10CD_7626822" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><br /><h1>CD1</h1><br />・ベートーヴェン:交響曲1番<br />・ベートーヴェン:交響曲2番<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00925TAKK/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51WEOpHjOeL.jpg" alt="カール・シューリヒト・コレクション 第2集 / シュトゥットガルト放送交響楽団 歴史的録音集 1951-1966 (Carl Schuricht Collection II / Radio-Sinfonieorchester Stuttgart Historical Recording 1951-1966) (10CD) [輸入盤]" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00925TAKK/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">カール・シューリヒト・コレクション 第2集 / シュトゥットガルト放送交響楽団 歴史的録音集 1951-1966 (Carl Schuricht Collection II / Radio-Sinfonieorchester Stuttgart Historical Recording 1951-1966) (10CD) [輸入盤]</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.01.27</div></div><div class="amazlet-detail">カール・シューリヒト シュトゥットガルト放送交響楽団 <br />Hanssler Classic (2012-10-20)<br />売り上げランキング: 11,062<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00925TAKK/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1122

シチェルバコフ/ゴドフスキー:シューベルト編曲集(ゴドフスキーピアノ曲全集第6巻)

 MARVO POLOレーベルの「ゴドフスキーピアノ曲全集」の中の一枚。 レオポルド・ゴドフスキーは、ポーランド出身のピアニスト、作曲家、教師。主にアメリカ合衆国で活躍した。今日では有名作品のピアノ編曲の作者として知られる。Amazon商品詳細HMV商品詳細ページ曲目・ゴドフスキー:パッサカリア・シューベルト(ゴドフスキー編曲):Trockne Blumen・シューベルト(ゴドフスキー編曲):Ungeduld・シューベルト(ゴドフスキー... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000AE7AQ/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51ptagOsh-L.jpg" alt="ゴドフスキー:ピアノ作品全集 第6集 - シューベルト編曲集、編曲とパラフレーズ" style="border: none;" width="300" height="295" /></a><br /><br /> MARVO POLOレーベルの「ゴドフスキーピアノ曲全集」の中の一枚。<br /> レオポルド・ゴドフスキーは、ポーランド出身のピアニスト、作曲家、教師。主にアメリカ合衆国で活躍した。今日では有名作品のピアノ編曲の作者として知られる。<br /><br /><a href="http://amzn.to/2jKIhLi" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&amp;subid=&amp;offerid=314039.1&amp;type=10&amp;tmpid=1161&amp;RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252582%2525B4%2525E3%252583%252589%2525E3%252583%252595%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252582%2525AD%2525E3%252583%2525BC%2525EF%2525BC%2525881870-1938%2525EF%2525BC%252589_000000000026901%252Fitem_%2525EF%2525BC%25259C%2525E3%252583%252594%2525E3%252582%2525A2%2525E3%252583%25258E%2525E4%2525BD%25259C%2525E5%252593%252581%2525E5%252585%2525A8%2525E9%25259B%252586%2525E7%2525AC%2525AC%2525EF%2525BC%252596%2525E9%25259B%252586%2525EF%2525BC%25259A%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525A5%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%252588%2525E7%2525B7%2525A8%2525E6%25259B%2525B2%2525E9%25259B%252586%2525E3%252580%252581%2525E7%2525B7%2525A8%2525E6%25259B%2525B2%2525E3%252581%2525A8%2525E3%252583%252591%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%252595%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525BA%2525EF%2525BC%25259E%2525E3%252580%252580%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%252581%2525E3%252582%2525A7%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%252590%2525E3%252582%2525B3%2525E3%252583%252595_1944817" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><br /><h1>曲目</h1><br />・ゴドフスキー:パッサカリア<br />・シューベルト(ゴドフスキー編曲):Trockne Blumen<br />・シューベルト(ゴドフスキー編曲):Ungeduld<br />・シューベルト(ゴドフスキー編曲):Gute Nacht<br />・シューベルト(ゴドフスキー編曲):Das Wandern<br />・シューベルト(ゴドフスキー編曲):Heidenroslein<br />・シューベルト(ゴドフスキー編曲):Am Meer<br />・シューベルト(ゴドフスキー編曲):Liebesbotschaft<br />・シューベルト(ゴドフスキー編曲):An Mignon<br />・シューベルト(ゴドフスキー編曲):Morgengruss<br />・シューベルト(ゴドフスキー編曲):Die Forelle<br />・シューベルト(ゴドフスキー編曲):Wiegenlied<br />・シューベルト(ゴドフスキー編曲):Wohin?<br />・シューベルト(ゴドフスキー編曲):Die junge Nonne<br />・シューベルト(ゴドフスキー編曲):Litanei<br />・シューベルト(ゴドフスキー編曲):バレー音楽「ロザムンデ」より間奏曲<br />・シューベルト(ゴドフスキー編曲):楽興の時3番<br /><br />・ピアノ:コンスタンチン・シチェルバコフ<br /><br />・セッションステレオ録音。<br /><br /><h1>ゴドフスキーの再評価</h1><br /><br /> 死後急速に忘れられたレオポルド・ゴドフスキーは、半世紀以上を経た21世紀初頭では全集が組まれるほどの人気を博している。彼の再評価は、文献の上では多くの有名人と友達だったとか、批評家に褒められたという点を起点としているようだ。再評価のやり方としてはよくあることだが、それは当時の名声と影響力を語るに過ぎず、せいぜい彼の場合は生前に楽譜を出版する事が出来た地盤や事情を説明するにとどまる。そもそも、名声と影響力を言うのなら、なんとか言う王様や大統領以上のものはあるまい。ゴドフスキーの再評価は、彼が世界にもたらしたもの、楽譜と音楽の仕事においてなされたのである。無論この理屈は難しいものではないから、再評価を担当した筆者何某は意識的無意識的に生前ゴドフスキーが受け取ったもの、つまりは名声と影響力に話を移したのである。このことは、ゴドフスキーの音楽に関する複雑な事情に深くかかわっている。<br /><br /> 不可解かもしれないが、ゴドフスキーの仕事の再評価は、一般に音楽を聴く楽しみ、「ああこれはいい音楽であった」と思わせるようなものを書いたというところに係るわけではない。その理由にゴドフスキーが作曲した音楽は、彼の愛好家であっても時代がかっていると吐き捨てるほどだ。彼は、<a href="http://amzn.to/2ixXAt4" target="_blank" title="『ジャワ組曲』">『ジャワ組曲』</a>の作曲者としてではなく、ヨハン・シュトラウス二世のワルツを使った交響的変容や<a href="http://amzn.to/2jlpcCe" target="_blank" title="『ショパンのエチュードによる練習曲』">『ショパンのエチュードによる練習曲』</a>の作り手として知られているのである。提示部は装飾にまみれ、すきあらば対旋律を絡ませ、リズムは複雑化していき、使われる音の領域は全鍵盤にわたり弾き手は常に注意を要する、そして、極めつけは両手と見まがう左手専用の楽曲。恐ろしく凝った編曲技法は絢爛を極める。ゴドフスキーの編曲したスタンダード・ナンバーは、ピアノに少しでも心得がある者なら誰でもわかるような難技巧が延々続く、見る者に苦笑いを誘う譜面ばかりである。――しかし、ゴドフスキーがこれら超絶技巧の作品大半に込めたラフマニノフの亜種というべき頽廃の味は、はたして魅力的なものであったかどうか。これこそは、ゴドフスキーの愛好家が時代がかったと鼻で笑うものなのである。――<br /><br /> 再評価は、先行して再発見を経なければならなかった。これは演奏家の技巧の発展によってなされたもので、いわば世間が編曲者に追い付いたと言えよう。確かに画期的なことではあった、しかしながら、この発見が、シュリーマンによるエーゲ文明の遺跡の発掘や、『マタイ受難曲』の復活初演などと同列に扱うことはできないように思われる。古来よりゴドフスキーにまとわりついていた衒学的な譜面によるピアニストの酷使という悪評は、やはり一面では正しかったのである。一面とは、運動量の点で恐ろしく難しいという意味で、誰でも(私でも)作曲可能な難曲の構成要素である。もう一面は――こちらの方がよほど重要でゴドフスキーを有象無象たる難曲作曲者と隔てるものだが、――難易度は単純な指回り上の問題にとどまらず、例えば、ポリフォニーを伴ったほつれた糸のような旋律群を解いていく、いわば頭脳的難しさを伴うという点である。これはゴドフスキーがポリフォニーの音楽的効果を音楽に盛り込んでいたことから認められたことだ。我々は、ただ鍵盤をたたいているだけではゴドフスキーの音楽はものにならないこと確認したのである。彼は、重労働に加えて衒学的とさえ言いうる繊細さをさえ指に求めたのであった。<br /><br /> さて、今私は衒学的と書いたが、ゴドフスキーの難技巧の数々は、ひも解けば、音楽学校によって難技巧と目されるものの中から選び抜かれているらしい。つまりは難技巧のヴァリエーションは、公認の型通りのもので、それぞれ名前が付いている。その精髄を抜き出して発展させ同時並行させたのはゴドフスキーの唯一無二の才能であるが、例えば音楽の都合によって突然名状しがたい恐ろしく弾くことが困難な部分が現れるような次第のものではないのである。彼の編曲はいわば究極の課題である。<br /> ゴドフスキーが、「ピアニストの中のピアニスト」と呼ばれているのは、半分はほめていたのだろうが、おそらく、もう半分は公認の技巧に対するほとんど信仰を持ち、信仰の中で安住すらしていたためかと思われる。若い音楽学校出の腕自慢のピアニストが、ゴドフスキーに飛びつくのは故のないことではない。ショパンやリストの魅力や難しさよりもわかりやすいのである。あくなき作曲技法の追求、あくなきピアノ演奏技法の追求、自ら課した課題の鮮やかな解決、これがゴドフスキーの編曲作品にまつわる魅力の核を成す。原曲は編曲のきっかけにすぎない。ショパンやリストとは、まるで別の世界の住人のようだ。いかにも別の世界の住人なのだ。フランツ・リストは確かに革命練習曲の左手をオクターブにするアイディアを持った人物である、しかし、ゴドフスキーのようにショパンの練習曲集を未完成とは思っても見なかった。<br /><br /> 古典作品の演奏にまつわる半端な伝統主義と真面目と呼ばれる不感症によって魅力を絞殺された傑作を弄ぶのに飽き飽きした若年ピアニストにとって、雑然混沌とした第二の西洋音楽史の住人たる編曲者の手による、計算されつくした演奏可能と演奏不可能の彼岸が、踏破すべき未踏の霊峰と見えるのは無理のないことである。<br /> ピアニストが陥りがちな自己没入型の倫理的制約の表象、具体的には、技巧上最も複雑化した究極の象牙の塔として、これが現代におけるゴドフスキーの仕事の大きな意義である。<br /><br /><h1>ゴドフスキーのシューベルト</h1><br /><br /> 『パッサカリア』は、その代表作として知られている。<br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00000464S/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51f8RylRxOL.jpg" alt="Piano Music 2" style="border: none;" width="300" height="300" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00000464S/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Piano Music 2</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.01.14</div></div><div class="amazlet-detail"><br />Marco Polo (1997-08-05)<br />売り上げランキング: 46,168</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00000464S/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1067

カラヤン/影のない女

 ORF音源。カラヤンによる『影のない女』は、他に同年同月18日公演の記録が販売されている。国内版は歌詞対訳付属。 なお、『影のない女』は、「カラヤン・オペラ・レコーディングス」に含まれていない。出演者・皇帝:ジェス・トーマス・皇后:レオニー・リザネク・乳母:グレイス・ホフマン・伝令使:ヴァルター・クレッペル・神殿の敷居の護衛者:ルチア・ポップ・若い男の声:フリッツ・ヴンダーリヒ・鷹の声:ルチア・ポッ... <a href="http://blog-imgs-98.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/2017010112332919a.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-98.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/2017010112332919a.jpg" alt="Strauss Die Frau Ohne Schatten Rysanek Thomas Ludwig Berry Popp Karajan" width="350" vspace="5" hspace="5" height="299" border="0" /></a><br /><br /> ORF音源。カラヤンによる『影のない女』は、他に同年同月18日公演の記録が販売されている。国内版は歌詞対訳付属。<br /> なお、『影のない女』は、<a href="http://amzn.to/2iqkLnc" target="_blank" title="「カラヤン・オペラ・レコーでィングス」">「カラヤン・オペラ・レコーディングス」</a>に含まれていない。<br /><br /><h1>出演者</h1><br /><a href="https://www.amazon.co.jp/Die-Frau-Ohne-Schatten-Strauss/dp/B00005NJ1K/ref=as_li_ss_il?s=music&ie=UTF8&qid=1483241680&sr=1-1&keywords=karajan+die+frau+ohne+schatten&linkCode=li3&tag=furtwangler07-22&linkId=0db8e7a5581acee469bde7c7a66f6c8f" target="_blank"><img src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B00005NJ1K&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" alt="" vspace="5" hspace="5" border="0" align="right" /></a><img src="https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=li3&o=9&a=B00005NJ1K" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1" height="1" border="0" />・皇帝:ジェス・トーマス<br />・皇后:レオニー・リザネク<br />・乳母:グレイス・ホフマン<br />・伝令使:ヴァルター・クレッペル<br />・神殿の敷居の護衛者:ルチア・ポップ<br />・若い男の声:フリッツ・ヴンダーリヒ<br />・鷹の声:ルチア・ポップ<br />・天上からの声:マルガリータ・リロヴァ<br />・バラク:ヴァルター・ベリー<br />・バラクの妻:クリスタ・ルートヴィヒ<br />・バラクの兄弟1:ジークフリード・ルドルフ・フレーゼ<br />・バラクの兄弟2:ルートヴィヒ・ヴェルター<br />・バラクの兄弟3:エーリヒ・マイクト<br />・子供たちの声/生まれざる子供たちの声:ルチア・ポップ、オリヴェラ・ミリヤコヴィチ、ローランス・デュトワ、ユーディト・ヘルヴィヒ、マルガレータ・シューステット<br />・侍女たち:ルチア・ポップ、ローランス・デュトワ、マルガレータ・シューステット<br />・ソロの声:ルチア・ポップ、オリヴェラ・ミリヤコヴィチ、ローランス・デュトワ、ユーディト・ヘルヴィヒ、マルガレータ・シューステット、マルガリータ・リロヴァ<br /><br />・ウィーン国立歌劇場合唱団<br /><br />・ウィーン国立歌劇場管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・1964年6月11日、ウィーン国立歌劇場でのモノラルライヴ録音。<br /><br /><a href="http://amzn.to/2iqdMut" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><br /><h1>カラヤン帝王時代の最後の遺産</h1><br /><br /> 華麗な音響と室内楽的透明度で心理の世界を解きほぐすことを得意とした、いわばゴージャスな心理学者カラヤンが、クリムト的黄金と官能と心理が遁走する神話の作者リヒャルト・シュトラウスの楽劇でレパートリーに空きを作る。『影のない女』は、カラヤンの芸風と仕事量を顧みると、不自然な欠落と見える楽曲の一つである。しかしそれは、指揮者自身が興味を示さなかったというわけでないようで、ウィーン国立歌劇場で採り上げる前に、アーヘンで芸術監督をやっていた時代に一度上演している。1936年のことだ。アーヘン時代以前の例によって、劇場に備わっていない楽器をピアノで代用したのだろうが、初演から百年ばかり経過しても、神話的な神秘のヴェールは剥がれ落ちないこと作品を取り上げること自体が、当時としては冒険だっただろう。劇場が当時最新鋭作品の上演に二の足を踏むのは当然だし、現場の冒険を飲んで何とか決済が下りたとしてもこの楽劇に不可欠な馬力のある歌手の都合をつけるには、劇場が数年単位で歌手を雇い入れる当時の慣例から難しいものだっただろう。戦後世界的指揮者に上り詰めた後にあっても、完成度に不満を持ったとされるカラヤンのことだから、アーヘンでの上演に満足するはずがなかった。カラヤンがウィーン国立歌劇場等の芸術監督の職にあった、いわゆる帝王時代に、劇場間歌手交換などの人材流通システムの構造改革は、完成度の向上に端を発し、目障りな旧態依然の保護主義の合理化が目的だろう。ただ、帝王にも限界があったようだ。ゴットフリート・クラウスによると、1961年ごろからウィーン国立歌劇場の従業員と労働条件をめぐって対立し、思ったように仕事が進まなくなったらしい。1964年には辞意を表明、数年後には、何もかも自由にやるためのザルツブルク復活音楽祭の創設するのであるが、カラヤンは、自らが整えたウィーンでの最後の挑戦として、『影のない女』を選んだのだった。<br /><br /><h1>カラヤン版『影のない女』</h1><br /><br /><blockquote><p>彼はこの作品の独自のヴァリエーションを作り、通常をはるかに超える数のカットを加えたばかりか、2幕の舞台転換そのものを変えてしまうという、かなり大胆な試みをした。彼は「鷹狩り小屋の場」(第2場)のすぐ後に「皇后の寝室の場」(第4場)をもってきて、バラクの家が舞台となる第3場と第5場をひとつの場としてつなげることで、舞台転換を2度繰り返すことを避けたが、ホフマンスタールとシュトラウスが意図した芸術作品とは大きく異なる≪影のない女≫となってしまったことは否めない。[ゴットフリート・クラウス(岡本和子訳)『カラヤン、ウィーン国立歌劇場を去る』]</p></blockquote><br /><br /> カラヤンが指揮だけでなく演出も仕切っていたことは有名だが、『影のない女』では、楽譜にまで手を出していたようである。場面の入れ替えは劇場の従業員向けの業務削減策であるとしても、随分と大胆なものだ。しかし、これは案外30年越しの腹案なのかもしれない。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00ULE2W42/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41RN8-NJxCL.jpg" alt="Various: the Opera Recordings" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00ULE2W42/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Various: the Opera Recordings</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 17.01.01</div></div><div class="amazlet-detail">Herbert Von Karajan <br />Deutsche Grammophon (2015-06-15)<br />売り上げランキング: 5,326</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00ULE2W42/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1063

ザルツブルク復活音楽祭 2017年

演出家カラヤンの復活 2017年でザルツブルク復活音楽祭は、音楽祭発足70年を迎えます。これを記念し、その第一回目である『ワルキューレ』のカラヤンの手による演出を復活上演するとのことです。指揮はティーレマン、管弦楽団はシュターツカペレ・ドレスデンです。カラヤンの演出に関しては、『タンホイザー』は良かったけれどもあの作品は駄目で、音楽に関する彼の才能と比べれば大したものではないと、毀誉褒貶あるようですが、... <div style="text-align: center;"><a target="_blank" href="http://blog-imgs-95.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20160724090959cca.jpg"><img width="300" height="425" border="0" align="middle" alt="新しいビットマップ イメージ" src="http://blog-imgs-95.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/20160724090959cca.jpg" /></a></div><br /><br /><strong><span style="font-size:large;">演出家カラヤンの復活</span></strong><br /><br /> 2017年でザルツブルク復活音楽祭は、音楽祭発足70年を迎えます。これを記念し、その第一回目である『ワルキューレ』のカラヤンの手による演出を復活上演するとのことです。指揮はティーレマン、管弦楽団はシュターツカペレ・ドレスデンです。カラヤンの演出に関しては、『タンホイザー』は良かったけれどもあの作品は駄目で、音楽に関する彼の才能と比べれば大したものではないと、毀誉褒貶あるようですが、作曲家フルトヴェングラーと同じく話題にすらなっていないという観が大きくあるように思われます。きっと撮影してくれると思いますので、奇矯自慢大会の観のある昨今のオペラ演出の中で、保守寄りのいわゆるトネリコ・システムが我々にどのように映るのかが興味深いところであるとも申せましょう。<br /> 音楽は、我らがティーレマン。管弦楽団はシュターツカペレ・ドレスデン。会場は空調のない劣悪なバイロイト祝祭劇場ではありません、ほとんどぶっつけ本番であったといわれるウィーン国立歌劇場でのライヴ録音ではありません。期待しない方が無理と申せましょう。ところで、ブリュンヒルデを担当するカンペは来てくれるのでしょうか。<br /><br />
1104

メトロポリタン歌劇場新開館シーズン1966-67公演

 メトロポリタン歌劇場が現在のアメリカンサイズの劇場として再出発したのは、1966年9月16日だそうである。この自主製作セットは、そのこけら落しからその第一年に行われた公演の中から10の演目を選んで収録したもの。全てモノラル録音。最後の一枚は抜粋である。 バーバーの歌劇なんてあることも知らなかったが、眼を引くのは、クリップスの『魔笛』、またベームの『影の無い女』が催されていたのも興味深い。しかし、『ローエ... <div style="text-align: center;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LYTT7LP/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61wikWSt7PL.jpg" alt="The Inaugural Season: Extraord [Analog]" style="border: none;" /></a></div><br /> メトロポリタン歌劇場が現在のアメリカンサイズの劇場として再出発したのは、1966年9月16日だそうである。この自主製作セットは、そのこけら落しからその第一年に行われた公演の中から10の演目を選んで収録したもの。全てモノラル録音。最後の一枚は抜粋である。<br /> バーバーの歌劇なんてあることも知らなかったが、眼を引くのは、クリップスの『魔笛』、またベームの『影の無い女』が催されていたのも興味深い。しかし、『ローエングリン』はなぜ全曲として選ばれなかったのだろうか。<br /><br /><h1>音質について</h1><br /><br /> メトロポリタン歌劇場の再出発にあわせて、建屋から設備まで一新された事は、このセットのパンフレットに工事状況の写真を載せているため言い逃れはできまい。だが、録音関係の設備はモノラル準拠のものだ。当時の技術水準でのステレオ音源の作成は、余計に手間と金のかかることだったのだろうし、ただでさえ資金掛け捨ての文化事業であろうオペラ・ラジオ放送に、そんな高級な手間をかけられないことは理解できるけれども、ソフトとして出てきた今となっては、どうしても古さを感じる。おそらく当時は、一発勝負のライヴ放送が最大の目的で、ライヴ感のために粗も悪環境も特段問題ないと考えていたのだろう。我々は、出てきたことを喜べばよいのである。<br /><br /> 音質は、若干安定しないものの、同時代のライヴ録音の標準水準内、時としてそれ以上にあるのではないかと思われる。戦前の「ワーグナー名演集」に比べれば、はるかに高音質である。戦後黄金世代の歌手らの共演、巨匠の壮年期を偲ぶには十分なものと言えよう。<br /><br /><a href="http://amzn.to/2dOmrry" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4381470%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&amp;subid=&amp;offerid=314039.1&amp;type=10&amp;tmpid=1161&amp;RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_Opera-Classical_000000000121086%252Fitem_%2525E3%252583%2525A1%2525E3%252583%252588%2525E3%252583%2525AD%2525E3%252583%25259D%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252582%2525BF%2525E3%252583%2525B3%2525E6%2525AD%25258C%2525E5%25258A%252587%2525E5%2525A0%2525B4%2525E6%252596%2525B0%2525E9%252596%25258B%2525E9%2525A4%2525A8%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525BA%2525E3%252583%2525B31966-67%2525E5%252585%2525AC%2525E6%2525BC%252594%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252582%2525A4%2525E3%252583%2525B4%2525E3%252580%25259C10%2525E3%252581%2525AE%2525E3%252582%2525AA%2525E3%252583%25259A%2525E3%252583%2525A9%2525E5%252585%2525A8%2525E6%25259B%2525B2-%2525E3%252583%25258F%2525E3%252582%2525A4%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252582%2525A4%2525E3%252583%252588-22CD_7409954" target="_blank" title="HMV商品詳細">HMV商品詳細</a><br /><br /><h1>バーバー:歌劇『アントニーとクレオパトラ』</h1><br /><br /><br />・指揮:トマス・シッパース<br /><br /> バーバーは、アメリカ出身の作曲家。<br /><br /><br /><br /><h1>プッチーニ:歌劇『トゥーランドット』</h1><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><h1>R.シュトラウス:歌劇『影のない女』</h1><br />・<br /><br />・指揮:カール・ベーム<br /><br />・モノラルライヴ録音。<br /><br /> <br /><br /><br /><h1>ドニゼッティ:歌劇『ランメルモールのルチア』</h1><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><h1>ブリテン:歌劇『ピーター・グライムズ』</h1><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><h1>モーツァルト:歌劇『魔笛』</h1><br /><br /><br /><br />・指揮:ヨーゼフ・クリップス<br /><br />・モノラルライヴ録音。<br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00AL6SM0S/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61WQFGotMtL.jpg" alt="Wagner at the Met: Legendary Performances from the" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00AL6SM0S/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Wagner at the Met: Legendary Performances from the</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 16.10.27</div></div><div class="amazlet-detail">Wagner at the Met: Legendary Performances From the <br />Masterworks (2013-04-09)<br />売り上げランキング: 27,082</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00AL6SM0S/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
  • Date : 2016-12-25 (Sun)
  • Category : 未分類
1117

ティーレマン/ブルックナー:交響曲6番

 ティーレマン初のブルックナー第6交響曲。C majorレーベルのブルックナーシリーズは全部そうだが、値段は交響曲の新譜としては強気。TOWER RECORDS商品詳細ページHMV商品詳細ページAmazon商品詳細曲目・ブルックナー:交響曲6番・シュターツカペレ・ドレスデン・指揮:クリスティアン・ティーレマン・2015年9月13、14日ゼンパーオーパーでの収録。Bruckner: Sinfonie Nr. 7 / Wagner: Das Liebesmahl der Apostelposted with ama... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01N0Q2Q8Y/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51jicBUeuLL.jpg" alt="Symphony No 6 [Blu-ray] [Import]" style="border: none;" /></a><br /><br /> ティーレマン初のブルックナー第6交響曲。C majorレーベルのブルックナーシリーズは全部そうだが、値段は交響曲の新譜としては強気。<br /><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4412068%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" width="0" height="1" border="0" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=314039.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252583%252596%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%252583%2525E3%252582%2525AF%2525E3%252583%25258A%2525E3%252583%2525BC-1824-1896_000000000019429%252Fitem_%2525E4%2525BA%2525A4%2525E9%25259F%2525BF%2525E6%25259B%2525B2%2525E7%2525AC%2525AC6%2525E7%252595%2525AA%2525E3%252580%252580%2525E3%252582%2525AF%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252583%252586%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252582%2525A2%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252586%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252583%25259E%2525E3%252583%2525B3-%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525A5%2525E3%252582%2525BF%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252584%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%25259A%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252589%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252583%252587%2525E3%252583%2525B3_7482226" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><a href="http://amzn.to/2jB8oIf" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><br /><h1>曲目</h1><br /><br />・ブルックナー:交響曲6番<br /><br />・シュターツカペレ・ドレスデン<br /><br />・指揮:クリスティアン・ティーレマン<br /><br />・2015年9月13、14日ゼンパーオーパーでの収録。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/LvOApKkqjNQ" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01C52ENK8/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61y5PjrOEzL.jpg" alt="Bruckner: Sinfonie Nr. 7 / Wagner: Das Liebesmahl der Apostel" style="border: none;" width="300" height="298" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01C52ENK8/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Bruckner: Sinfonie Nr. 7 / Wagner: Das Liebesmahl der Apostel</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 16.12.06</div></div><div class="amazlet-detail">Christian Thielemann / Staatskapelle Dresden <br />Profil (2016-05-13)<br />売り上げランキング: 31,954</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01C52ENK8/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1114

アルバン・ベルク主要作品集

CD2・ベルク:室内協奏曲・ベルク:ピアノのためのソナタ・ベルク:クラリネットとピアノのための4つの小品・ベルク:室内協奏曲よりアダージョ・J.シュトラウス二世(ベルク編曲):酒、女、歌・ボストン室内管弦楽団・セッションステレオ録音。ウィンナ・ワルツの室内楽編曲 意外にも新ウィーン楽派によるヨハン・シュトラウスの編曲は各々一人一曲くらいあるらしく、例えば、シェーンベルクは皇帝円舞曲を編曲している。彼らの... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000B09Z4/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51X5vkrlgfL.jpg" alt="Alban Berg Collection / Varrious (Coll)" style="border: none;" /></a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><h1>CD2</h1><br />・ベルク:室内協奏曲<br />・ベルク:ピアノのためのソナタ<br />・ベルク:クラリネットとピアノのための4つの小品<br />・ベルク:室内協奏曲よりアダージョ<br />・J.シュトラウス二世(ベルク編曲):酒、女、歌<br /><br />・ボストン室内管弦楽団<br /><br />・セッションステレオ録音。<br /><br /><br /><br /><br /><h4>ウィンナ・ワルツの室内楽編曲</h4><br /><div style="text-align: justify;"> 意外にも新ウィーン楽派によるヨハン・シュトラウスの編曲は各々一人一曲くらいあるらしく、例えば、シェーンベルクは皇帝円舞曲を編曲している。彼らの登場によって、楽壇は自らが、一定の形式的基礎を持たないことをその根底で特徴とするロマン派であることを十二分に意識するほかなくなったと言っても過言ではない。しかし、彼らが翻案したウィンナ・ワルツは、いずれも下で書くような点で優れた編曲であるため、我々が一般に抱く新ウィーン楽派のイメージ、不協和音を右手に十二音技法を左手に携え自由を求めて突き進みその結果混沌を獲得した一つの現象なるイメージは、あまりに一面的であり、史家が報告のために単純化した略年表の暗記にすぎないと思われるほどだ。彼らが語るブラームスやシベリウスらへの讃辞には、名声への形式的なあいさつや理論武装のために権威を借りるため、あるいは皮肉とは別種の意味が含まれているのだと考えてみるのも悪くなさそうである。<br /><br /> さて、ベルク主要作品全集室内楽編の最後を飾るのはワルツである。ヨハン・シュトラウスの二世のワルツをベルクがどうグロテスクに料理してくるのだろうかと構えていたが、予想に反してごく真っ当な室内楽編曲の『酒、女、歌』である。和声やリズムに手を加えられたものではなかった。編成と管弦楽法上の手心だろう、オーケストラ版に比べてひなびた感触が現れていて美しい。世紀のアヴァンギャルドらが語るに落ちる場面であろうか。あの聴く者を威嚇するような、胸をかきむしるようなものはここにはなく、代わりに音楽は、おおらかに、人生を渡る喜びを歌い上げていた。</div><br /><br /><br /><h1>ルル[CD5-7]</h1><br /><a href="https://www.amazon.co.jp/Alban-Berg-Lulu-Complete-opera/dp/B00004R7X8/ref=as_li_ss_il?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=5F6PB2EBFSW6X2AC7WGE&linkCode=li3&tag=furtwangler07-22&linkId=bb7403853fd2b21c0d02f4e0c3254681" target="_blank"><img src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B00004R7X8&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" alt="" vspace="5" hspace="5" border="0" align="right" /></a><img src="https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=li3&o=9&a=B00004R7X8" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1" height="1" border="0" /><br /><br />・指揮:ピエール・ブーレーズ<br /><br />・<br /><br /> 『ルル』は、ベルグの未完のオペラだが、未亡人の許可を得て補筆完成させたもの。初演はブーレーズによる。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /> <br /><br /><br /><h1>ヴォツェック[CD7-8]</h1><br /><a href="https://www.amazon.co.jp/Alban-Berg-Vienna-Philharmonic-Orchestra/dp/B000001G9D/ref=as_li_ss_il?s=music&ie=UTF8&qid=1478902213&sr=1-2&keywords=dg+wozzeck&linkCode=li3&tag=furtwangler07-22&linkId=83b3b6ddfa222c033bb2b9d43f324344" target="_blank"><img src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B000001G9D&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" alt="" vspace="5" hspace="5" border="0" align="right" /></a><img src="https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=li3&o=9&a=B000001G9D" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1" height="1" border="0" /><br />・ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:クラウディオ・アバド<br /><br />・<br /><br /><h4>ヴォツェックについて</h4><br /><br /> 『ヴォツェック』は、ゲオルク・ビューヒナーによる戯曲『ヴォイツェック』を原作とするオペラ。<br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00BHYLHV4/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41ZTd5TD-AL.jpg" alt="Boulez conducts Webern (6 CD's)" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00BHYLHV4/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Boulez conducts Webern (6 CD's)</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 16.11.11</div></div><div class="amazlet-detail">Universal Music LLC (2014-02-19)<br />売り上げランキング: 55,173</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00BHYLHV4/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
  • Date : 2016-12-03 (Sat)
  • Category : 未分類
1086

フルトヴェングラー/ニーベルングの指環 [1950年,スカラ座]

 1950年、ミラノ・スカラ座で催されたフルトヴェングラーの指揮による『ニーベルングの指環』が、DSDリマスタリング、SACDハイブリッド仕様で登場。音源は、レコードとして世に初めて現れた際に使用されたマスターテープを用いるとのことです。このスカラ座の指環は、戦後フルトヴェングラーが唯一舞台を伴って振った『ニーベルングの指環』公演でもあります。詳しくは、商品詳細ページでご確認ください。 渡辺護による歌詞対訳... <div style="text-align: center;"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LTHLDG2/furtwangler07-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Wilhelm Furtwangler, Orchestra & Chorus of the Teatro alla Scala) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51z4vzdttCL.jpg" /></a></div><br /><br /> 1950年、ミラノ・スカラ座で催されたフルトヴェングラーの指揮による『ニーベルングの指環』が、DSDリマスタリング、SACDハイブリッド仕様で登場。音源は、レコードとして世に初めて現れた際に使用されたマスターテープを用いるとのことです。このスカラ座の指環は、戦後フルトヴェングラーが唯一舞台を伴って振った『ニーベルングの指環』公演でもあります。詳しくは、商品詳細ページでご確認ください。<br /> 渡辺護による歌詞対訳付。<br /><br /><a rel="nofollow" target="_blank" href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4355775%2F%3Fkid%3Dpafvc"><img height="1" width="0" border="0" src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a title="Amazon商品詳細" target="_blank" href="http://amzn.to/2cdz4a5">Amazon商品詳細</a><br /><a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&amp;subid=&amp;offerid=314039.1&amp;type=10&amp;tmpid=1161&amp;RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%252525E3%25252583%252525AF%252525E3%25252583%252525BC%252525E3%25252582%252525B0%252525E3%25252583%2525258A%252525E3%25252583%252525BC%252525EF%252525BC%252525881813-1883%252525EF%252525BC%25252589_000000000019275%252Fitem_%252525E3%25252580%2525258E%252525E3%25252583%2525258B%252525E3%25252583%252525BC%252525E3%25252583%25252599%252525E3%25252583%252525AB%252525E3%25252583%252525B3%252525E3%25252582%252525B0%252525E3%25252581%252525AE%252525E6%2525258C%25252587%252525E7%25252592%252525B0%252525E3%25252580%2525258F%252525E5%25252585%252525A8%252525E6%2525259B%252525B2%252525E3%25252580%25252580%252525E3%25252583%252525B4%252525E3%25252582%252525A3%252525E3%25252583%252525AB%252525E3%25252583%25252598%252525E3%25252583%252525AB%252525E3%25252583%252525A0%252525E3%25252583%252525BB%252525E3%25252583%25252595%252525E3%25252583%252525AB%252525E3%25252583%25252588%252525E3%25252583%252525B4%252525E3%25252582%252525A7%252525E3%25252583%252525B3%252525E3%25252582%252525B0%252525E3%25252583%252525A9%252525E3%25252583%252525BC-%252525E3%25252583%2525259F%252525E3%25252583%252525A9%252525E3%25252583%2525258E%252525E3%25252583%252525BB%252525E3%25252582%252525B9%252525E3%25252582%252525AB%252525E3%25252583%252525A9%252525E5%252525BA%252525A7-1950%252525E3%25252580%25252580%252525E3%25252583%252525A2%252525E3%25252583%2525258E%252525E3%25252583%252525A9%252525E3%25252583%252525AB-13SACD_7323283" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><hr size="1" /><h4>音質について</h4><br /> Archipel盤を持っているので、それと聴き比べてみた。例の広域が強く全体的に軽い特徴はそのままで、劇的な改善とは言い難い。ただ、演出で用いられたと思しきサンダーマシーンや観衆の音は以前よりもはっきりと聞こえたような気がしたし、こんなにオーケストラの調子が悪かったかしらんという印象もこの音源で気が付いたことから、多少細かく聴き通せるようにはなっているのかもしれない。<br /> もともと、演奏はすさまじいが音質は良くない音源の筆頭であるため、手を出すのにはそれなりの覚悟が必要だろう、この点は今も昔も同じである。<br /><br /><h1>ラインの黄金</h1><br /><br />・ヴォータン:フェルディナント・フランツ<br />・ドンナー:アンヘロ・マッティエルロ<br />・フロー:ギュンター・トレプトウ<br />・ローゲ:ヨアヒム・ザットラー<br />・ファーゾルト:ルートヴィヒ・ヴェーバー<br />・ファーフナー:アルベルト・エメリッヒ<br />・アルベリヒ:アロイス・ベルネルシュトルファー<br />・ミーメ:ペーター・マルクヴォルト<br />・フリッカ:エリーザベト・ヘンゲン<br />・フライア:ヴァルガブルガ・ヴェーグナー<br />・エルダ:マルガレート・ヴェート=ファルケ<br />・ヴォークリンデ:マグダ・ガポリティ<br />・ヴェルグンデ:マルガリータ・ケニー<br />・フロスヒルデ:ジークリンデ・ワーグナー<br /><br />・ミラノ・スカラ座管弦楽団<br /><br />・指揮:ヴィルヘルム・フルトヴェングラー<br /><br />・1950年3月4日、ミラノ・スカラ座でのモノラルライヴ録音。<br /><br /> <br /><h1>ワルキューレ</h1><br /><h1>ジークフリード</h1><br /><h1>神々の黄昏</h1><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div style="margin-bottom:0px;" class="amazlet-box"><div style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;" class="amazlet-image"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00JOAVVXW/furtwangler07-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="Furtwängler: Opera Live" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51lodraY2BL.jpg" /></a></div><div style="line-height:120%; margin-bottom: 10px" class="amazlet-info"><div style="margin-bottom:10px;line-height:120%" class="amazlet-name"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00JOAVVXW/furtwangler07-22/ref=nosim/">Furtwängler: Opera Live</a><div style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%" class="amazlet-powered-date">posted with <a target="_blank" title="amazlet" href="http://www.amazlet.com/">amazlet</a> at 16.09.15</div></div><div class="amazlet-detail"><br />Membran (2014-08-26)<br />売り上げランキング: 15,293</div><div style="float: left;" class="amazlet-sub-info"><div style="margin-top: 5px" class="amazlet-link"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00JOAVVXW/furtwangler07-22/ref=nosim/">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div style="clear: left" class="amazlet-footer"></div></div>
1115

P.ヤルヴィ/ブラームス:交響曲2番、悲劇的序曲

 パーヴォ・ヤルヴィの音楽も非常に好きである。最近は、NHK交響楽団とのリヒャルト・シュトラウス交響詩シリーズが出てくるのが楽しみ。この楽団の器用さと生硬さを知ると同時に、R.シュトラウスの細い線で作られた強固な繊細なな多声音楽を知るようなものだ。NHK交響楽団は、自らが標榜するような、ドイツ的でもなければましてフランス的でもないが、唯一無二の響きを持っていることに誇りと責任を持つべきだろう。「守・破・離... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01KLIIWL4/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Ps%2B5x5wFL.jpg" alt="ブラームス:交響曲第2番、悲劇的序曲&大学祝典序曲" style="border: none;" width="300" height="298" /></a><br /><br /> パーヴォ・ヤルヴィの音楽も非常に好きである。最近は、NHK交響楽団とのリヒャルト・シュトラウス交響詩シリーズが出てくるのが楽しみ。この楽団の器用さと生硬さを知ると同時に、R.シュトラウスの細い線で作られた強固な繊細なな多声音楽を知るようなものだ。NHK交響楽団は、自らが標榜するような、ドイツ的でもなければましてフランス的でもないが、唯一無二の響きを持っていることに誇りと責任を持つべきだろう。「守・破・離とあって、今ようやく離の段階にいる」とか言っていたが、創立90年でようやく独り立ちの意識というのは遅すぎるのではないか。<br /><br /><h4>1番ってもう出てましたっけ?</h4><br /><br /> <br /><a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&amp;subid=&amp;offerid=314039.1&amp;type=10&amp;tmpid=1161&amp;RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252583%252596%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525A0%2525E3%252582%2525B9%2525EF%2525BC%2525881833-1897%2525EF%2525BC%252589_000000000034573%252Fitem_%2525E4%2525BA%2525A4%2525E9%25259F%2525BF%2525E6%25259B%2525B2%2525E7%2525AC%2525AC2%2525E7%252595%2525AA%2525E3%252580%252581%2525E6%252582%2525B2%2525E5%25258A%252587%2525E7%25259A%252584%2525E5%2525BA%25258F%2525E6%25259B%2525B2%2525E3%252580%252581%2525E5%2525A4%2525A7%2525E5%2525AD%2525A6%2525E7%2525A5%25259D%2525E5%252585%2525B8%2525E5%2525BA%25258F%2525E6%25259B%2525B2%2525E3%252580%252580%2525E3%252583%252591%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525B4%2525E3%252582%2525A9%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%2525A4%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525B4%2525E3%252582%2525A3-%2525E3%252583%252589%2525E3%252582%2525A4%2525E3%252583%252584%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%25259E%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252595%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%2525AB_7277075" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4342994%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" width="0" height="1" border="0" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00NWU1L4E/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Q4bb1HgIL.jpg" alt="ブラームス:ハンガリー舞曲第1番、3番&10番~パーヴォ・ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィルの世界" style="border: none;" width="300" height="298" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00NWU1L4E/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">ブラームス:ハンガリー舞曲第1番、3番&amp;10番~パーヴォ・ヤルヴィ&amp;ドイツ・カンマーフィルの世界</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 16.11.23</div></div><div class="amazlet-detail">パーヴォ・ヤルヴィ&amp;ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン <br />SMJ (2014-11-26)<br />売り上げランキング: 28,230</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00NWU1L4E/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
71

バーンスタイン/トリスタンとイゾルデ

 バーンスタイン唯一のワーグナー全曲録音である。演奏会形式で上演された公演を記録したもの。この公演は、映像も収録されテレビで放映もされたらしい。かつて吉田秀和氏は、この演奏を指して「正に限りない飢えとなって、きくものの耳に、心に、憑りついて離れない。」と評した。 にもかかわらず、ながらく廃盤の状態だったが、バーンスタイン・コレクション第2集に含まれる形で再発となった。また、TOWER RECORDSよりリマスタ... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000025MLF/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41NHJW9NHML.jpg" alt="Tristan Und Isolde" style="border: none;" /></a><br /><br /> バーンスタイン唯一のワーグナー全曲録音である。演奏会形式で上演された公演を記録したもの。この公演は、映像も収録されテレビで放映もされたらしい。かつて吉田秀和氏は、この演奏を指して<a href="http://amzn.to/2iRLV6c" target="_blank" title="「正に限りない飢えとなって、きくものの耳に、心に、憑りついて離れない。」と評した">「正に限りない飢えとなって、きくものの耳に、心に、憑りついて離れない。」と評した</a>。<br /> にもかかわらず、ながらく廃盤の状態だったが、<a href="http://musikvereinarchiv.blog.fc2.com/blog-entry-1016.html" title="バーンスタイン・コレクション第2集に">バーンスタイン・コレクション第2集に</a>含まれる形で再発となった。また、<a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4393994%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDSよりリマスターを施されて単品で再発される。</a><br /> ただ、CDでいうところの二枚目、「トラック6 8:36」付近の不具合は、全集もタワーレコード版も同じ。どうしようもない物なのだろう。<br /><br /><a href="http://amzn.to/2iS2K0A" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><br /><h1>出演者</h1><br />・トリスタン:ペーター・ホフマン<br />・イゾルデ:ヒルデガルト・ベーレンス<br />・ブランゲーネ:イヴォンヌ・ミントン<br />・クルヴェナール:ベルント・ヴァイクル<br />・マルケ王:ハンス・ゾーティン<br />・メロート:ヘリベルト・シュタインバッハ<br />・牧童:ハインツ・ツェドニク<br />・水夫:トマス・モーザー<br />・舵手:ライムント・グルムバッハ<br /><br />・バイエルン放送合唱団<br /><br />・合唱指揮:ハインツ・メンデ <br /><br />・バイエルン放送交響楽団<br /><br />・指揮:レナード:バーンスタイン<br /><br />・1981年ミュンヘン、ヘラクレスザールでのステレオライヴ録音。<br /><br /><br /><br /> <br /><br /><hr size="1" /><br /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4276355516/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ec2.images-amazon.com/images/I/51JZNCGBG5L._SL500_AA300_.jpg" alt="ワーグナー トリスタンとイゾルデ (オペラ対訳ライブラリー)" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4276355516/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">ワーグナー トリスタンとイゾルデ (オペラ対訳ライブラリー)</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/browse/ASIN/4276355516/furtwangler07-22/ref=nosim/" title="ワーグナー トリスタンとイゾルデ (オペラ対訳ライブラリー)" target="_blank">amazlet</a> at 12.01.07</div></div><div class="amazlet-detail">ワーグナー Wagner <br />音楽之友社 <br />売り上げランキング: 175014<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4276355516/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jp で詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
531

カラヤンの60年代 【未完、随時更新】

 巨大ブックレットと、録音記録のコピー数枚が付録として付いている。録音記録のコピーは、一見ただの汚い紙なので、捨てられないように気を付けてください。Amazon 商品詳細ページTOWER RECORDS 商品詳細ページHMV 商品詳細ページカラヤン再考 カラヤンのボックスセットをやっと手に入れた。カラヤンの60年代は、言わずと知れた楽団の帝王が、本当に帝王であった時代である。ヨーロッパ半島の主要歌劇場をを支配していたわけで... <div style="text-align: center;"><a name="amazletlink" target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B007IQWQ88/furtwangler07-22/ref=nosim/"><img alt="Karajan 1960's: the Complete DG Recordings" style="border: none;" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/31VmT82oIuL.jpg" /></a></div><br /><br /> 巨大ブックレットと、録音記録のコピー数枚が付録として付いている。録音記録のコピーは、一見ただの汚い紙なので、捨てられないように気を付けてください。<br /><br /><a name="amazletlink" target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B007IQWQ88/furtwangler07-22/ref=nosim/">Amazon 商品詳細ページ</a><br /><a target="_blank" href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F3089320%2FKarajan-1960s-%25EF%25BC%25BB82CD%25EF%25BC%258BBOOK%25EF%25BC%25BD%25EF%25BC%259C%25E5%25AE%258C%25E5%2585%25A8%25E9%2599%2590%25E5%25AE%259A%25E7%259B%25A4%25EF%25BC%259E"><img width="1px" height="1px" border="0" alt="" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" />TOWER RECORDS 商品詳細ページ</a><br /><a target="new" href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=131139.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525A4%2525E3%252583%2525B3-1908-1989_000000000213588%252Fitem_%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525A4%2525E3%252583%2525B3%2525EF%2525BC%252591%2525EF%2525BC%252599%2525EF%2525BC%252596%2525EF%2525BC%252590%2525EF%2525BD%252593%2525EF%2525BC%252588%2525EF%2525BC%252598%2525EF%2525BC%252592%2525EF%2525BC%2525A3%2525EF%2525BC%2525A4%2525EF%2525BC%252589_5024534">HMV 商品詳細ページ</a><br /><img width="1" height="1" alt="icon" src="http://ad.linksynergy.com/fs-bin/show?id=Ahv2ESFAe9I&bids=131139.1&type=10" /><br /><br /><h1>カラヤン再考</h1><br /><br /> カラヤンのボックスセットをやっと手に入れた。カラヤンの60年代は、言わずと知れた楽団の帝王が、本当に帝王であった時代である。ヨーロッパ半島の主要歌劇場をを支配していたわけで、いわば絶頂期に当たる。体調はそうでもなかったようだが。<br /> 今回のセットはDGに残したすべての交響曲をはじめとする管弦楽曲が中心で、それに協奏曲が含まれていると言ったセットである。オペラ楽劇は入っていない。ちなみに、カラヤンが60年代に残したオペラ、楽劇は「<a target="new" href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=131139.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252582%2525AA%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525B4%2525E3%252582%2525A1%2525E3%252583%252583%2525E3%252583%2525AD%2525EF%2525BC%2525881857-1919%2525EF%2525BC%252589_000000000019395%252Fitem_%2525E6%2525AD%25258C%2525E5%25258A%252587%2525E3%252580%25258E%2525E9%252581%252593%2525E5%25258C%252596%2525E5%2525B8%2525AB%2525E3%252580%25258F%2525E5%252585%2525A8%2525E6%25259B%2525B2%2525E3%252580%252580%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252582%2525B4%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%252584%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252580%252581%2525E3%252582%2525BF%2525E3%252583%252583%2525E3%252583%252587%2525E3%252582%2525A4%2525E3%252580%252581%2525E4%2525BB%252596%2525E3%252580%252580%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525A4%2525E3%252583%2525B3%2525EF%2525BC%252586%2525E3%252583%25259F%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%25258E%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525A9%2525E5%2525BA%2525A7%2525E7%2525AE%2525A1_932637">道化師</a><img width="1" height="1" alt="icon" src="http://ad.linksynergy.com/fs-bin/show?id=Ahv2ESFAe9I&bids=131139.1&type=10" />」と「<a target="new" href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=131139.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252583%25259E%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%25258B-1863-1945_000000000021764%252Fitem_%2525E6%2525AD%25258C%2525E5%25258A%252587%2525E3%252580%25258E%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525B4%2525E3%252582%2525A1%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252582%2525A2%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252583%252586%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%25258A%2525E3%252580%25258F%2525E5%252585%2525A8%2525E6%25259B%2525B2%2525E3%252580%252580%2525E3%252582%2525B3%2525E3%252583%252583%2525E3%252582%2525BD%2525E3%252583%252583%2525E3%252583%252588%2525E3%252580%252581%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252582%2525B4%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%252584%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252580%252581%2525E3%252582%2525B0%2525E3%252582%2525A7%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%252595%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252580%252581%2525E4%2525BB%252596%2525E3%252580%252580%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525A4%2525E3%252583%2525B3%2525EF%2525BC%252586%2525E3%252583%25259F%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%25258E%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525A9%2525E5%2525BA%2525A7_991604%252Fref%252F932637_6">カヴァレリア・ルスティカーナ</a><img width="1" height="1" alt="icon" src="http://ad.linksynergy.com/fs-bin/show?id=Ahv2ESFAe9I&bids=131139.1&type=10" />」と「<a target="new" href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=131139.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252583%2525AF%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525B0%2525E3%252583%25258A%2525E3%252583%2525BC_000000000019275%252Fitem_%2525E3%252580%25258E%2525E3%252583%25258B%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525B0%2525E3%252581%2525AE%2525E6%25258C%252587%2525E7%252592%2525B0%2525E3%252580%25258F%2525E5%252585%2525A8%2525E6%25259B%2525B2%2525E3%252580%252580%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525A4%2525E3%252583%2525B3%2525EF%2525BC%252586%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252595%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%2525AB%2525EF%2525BC%252588%2525EF%2525BC%252591%2525EF%2525BC%252594%2525EF%2525BC%2525A3%2525EF%2525BC%2525A4%2525EF%2525BC%252589_694259">ニーベルングの指環</a><img width="1" height="1" alt="icon" src="http://ad.linksynergy.com/fs-bin/show?id=Ahv2ESFAe9I&bids=131139.1&type=10" />」である(<a title="DGに残したオペラ録音も箱になった" href="http://musikvereinarchiv.blog.fc2.com/blog-entry-161.html">DGに残したオペラ録音も箱になった</a>)。さて、「カラヤンが最も凄かったのは60年代だ」という評は、ネットを少し徘徊すれば五萬と出てくるもので、その全貌を俯瞰するにいい機会だと思った。というわけで、不定期更新の連載という形で書いていこうかと思う。素人だからできる見切り発車の企画である。<a title="ブラームスの一番" href="http://musikvereinarchiv.blog.fc2.com/blog-entry-311.html">ブラームスの一番</a>と、<a title="シュトラウスのワルツ、ポルカ集" href="http://musikvereinarchiv.blog.fc2.com/blog-entry-250.html">シュトラウスのワルツ、ポルカ集</a>、<a title="アンダとのブラームスのピアノ協奏曲2番" href="http://musikvereinarchiv.blog.fc2.com/blog-entry-249.html">アンダとのブラームスのピアノ協奏曲2番</a>は、すでに書いたが、今聴いてどういった感想が出るのだろうか? という興味があるのでまた書こうと思う。<br /><br /> どうやら、すべてがすべて高い品質を保っているわけではないらしく、中にはカラヤンの体調を気にしてしまうような出来栄えの録音が含まれている。録音日程を見るだけでも、そのスケジュールの過密さはうかがえるので、無理はないということなのか。無論、シベリウスの交響曲のように、比類なき完成度の高さを誇る傑作もあるわけだが。<br /><br /><h1>目次</h1><br /><br /> クリックすると、該当の箇所にジャンプします。目次以下の順番は、該当ボックスのCD番号に準拠しています。<br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="#ベートーヴェン交響曲全集">ベートーヴェン:交響曲全集</a></span><br /><span style="font-size:large;"><a href="#ベートーヴェンピアノ協奏曲1番">ベートーヴェン:ピアノ協奏曲1番</a></span><br /><span style="font-size:large;"><a href="#ベートーヴェンヴァイオリン協奏曲">ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲</a></span><br /><span style="font-size:large;"><a href="#ベートーヴェンエグモント全曲">ベートーヴェン:エグモント全曲</a></span><br /><span style="font-size:large;"><a href="#ベートーヴェンウェリントンの勝利">ベートーヴェン:ウェリントンの勝利</a></span><br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="#ブラームス交響曲全集">ブラームス:交響曲全集</a></span><br /><span style="font-size:large;"><a href="#ブラームスピアノ協奏曲2番">ブラームス:ピアノ協奏曲2番</a></span><br /><span style="font-size:large;"><a href="#ブラームスヴァイオリン協奏曲">ブラームス:ヴァイオリン協奏曲</a></span><br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="#モーツァルト交響曲">モーツァルト:交響曲29,33番</a></span><br /><span style="font-size:large;"><a href="#アイネクライネ、15番">モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク、ディベルティメント15番</a></span><br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="#チャイコフスキー交響曲5番">チャイコフスキー:交響曲5番</a></span><br /><span style="font-size:large;"><a href="#チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲">チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲</a></span><br /><br /><span style="font-size:large;"><a href="#オペラ間奏曲集">オペラ間奏曲集</a></span><br /><br /><h1>ブラームス:ハンガリー舞曲集、ドヴォルザーク:スラブ舞曲集</h1><br /><br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20121210221405.jpg"><img width="244" height="247" border="0" alt="2" src="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20121210221405.jpg" /></a><br /><br />・ブラームス:ハンガリー舞曲5,6,17,3,1,20,19,18番<br />・ドヴォルザーク:スラブ舞曲1,10,3,16,7番<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・イエスキリスト教会におけるステレオセッション録音。<br /><br /> <a name="amazletlink" target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002GKRTDI/furtwangler07-22/ref=nosim/"><img align="right" alt="ブラームス:ハンガリー舞曲集/ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集、他" style="border: none;" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41lGvUcm7gL._SL160_.jpg" /></a>両者とも全集ではなく、選集。曲順は同じような趣向の曲が重ならないようにできているのだろう。人気があるらしく、<a target="new" href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=131139.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_Brahms-Dvorak_000000000023088%252Fitem_%2525E3%252583%252596%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525A0%2525E3%252582%2525B9%2525EF%2525BC%25259A%2525E3%252583%25258F%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525AC%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%2525BC%2525E8%252588%25259E%2525E6%25259B%2525B2%2525E9%25259B%252586%2525E3%252580%252581%2525E3%252583%252589%2525E3%252583%2525B4%2525E3%252582%2525A9%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252582%2525B6%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525AF%2525EF%2525BC%25259A%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525B4%2525E8%252588%25259E%2525E6%25259B%2525B2%2525E9%25259B%252586%2525E3%252580%252580%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525A4%2525E3%252583%2525B3%2525EF%2525BC%252586%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252595%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%2525AB_486056">オリジナルス・シリーズから再発されている</a><img width="1" height="1" alt="icon" src="http://ad.linksynergy.com/fs-bin/show?id=Ahv2ESFAe9I&bids=131139.1&type=10" />。<br /><br /><h4>流行り歌としての命脈を失ったかもしれない、しかし</h4><br /><br /> カラヤンが録音事業を本格的に開始したころのレパートリーには、ベートーヴェンやブラームスといった楽曲と並んで演奏会のアンコールピースを集めたようなアルバムも多くみられるのが一つの特徴である。グノーのパリの喜びだとか、チャイコフスキーのバレエ組曲などがそれにあたるのだが、例えば、バレエ組曲は録音でしか取り上げることはなかったなど、こういうところに録音製作者カラヤンのこだわりというものが見えるような気がする。<br /><br /> カラヤンがこの手のアルバム制作でやったことと言えば、要するに、オーケストラの性能を誇示するとともに、凄まじく大柄な身振りをする旋律美で圧倒するのである。頭がしびれるほどの砂糖のみたいなものだ。カラヤン以外にもこう言うところに注力して音楽に携わった人はいるのだが、カラヤンがそれら何百といる音楽家と一線を画するのは、恐るべき巨大な甘美な黄金が、とぐろ巻く雲の間に輝く太陽に似るそのところまでに磨きをかけた点である。神話の領域にまで高められた神経の享楽とでも言っておこうか。神々の営みとは、誤謬はあっても、行為に一点の曇りもがなければ、明瞭であり、力と後光を伴うもので、カラヤンのもっとも力が発揮された諸作品は、例外なくこの一群に含まれる。アンコールピースという、破廉恥を見下ろす高貴の絶壁の上に立つ、それら作品群の製作と研磨には、感覚的美が、美にとどまるためには、それら緊張関係に身を置くことが何としてでも必要なのだ。こういうものの完成は録音でなければ無理である。<br /><br /> カラヤンは、ティーレマンに「クオリティを保て」と語ったらしい。どうもあり得そうな話である。彼の言うところの完成度というものは、このハンガリー舞曲にも表れている。民謡の嗄れ声に似た旋律と、テノール音域に重心を置いたシンバルがよく鳴る音楽は、場を高揚させる音楽としてブラームスの名声を一般に高めたが、流行り歌としての命脈を失ったかもしれない、しかし、カラヤンによって最高度に磨き上げられることにより、製作に一種の妙技を要する土着の工芸品として生まれ変わったのだった。計算されたケレン味の構成は、チェロの音の震え具合とその回数にまで注意を払っているかのようである。そして、シンバルと金管の大軍勢が、ヴァイオリン師団の旋律に乗って押し寄せる――聴き通すには体力のいる一枚。<br /><div style="text-align: right;">★★★★</div><br /><h1>バレエ音楽集</h1><a target="_blank" href="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130510150305.jpg"><img width="250" height="253" border="0" alt="karajan chopin" src="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130510150305.jpg" /></a> &#160;<br /><br />・ドリーブ:「コッペリア」組曲<br />・ショパン(ダグラス編曲):バレエ音楽「レ・シルフィード」<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・1961年4月25-28日、ベルリン、イエスキリスト教会でのセッションステレオ録音。<br /><br /> 現代からみると変わった選曲であるようにおもえるが、どうだろうか。録音に4日もかけている。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">カラヤンのバレエ組曲の録音</span></strong><br /><br /> カラヤンのバレエ、バレエ組曲の録音は、チャイコフスキーの3大バレエのものがあまりにも有名であろう。完成度もそれに見合ったものである。それ以外だと、ジゼルやダフニスとクロエの組曲、それと、春の祭典くらいだったと思う。春の祭典はともかく、それ以外の演奏する上でのアプローチは似たようなもので、とにかく豪華に、それでいてべたつかせずに、管弦楽の威力を発揮させることを忘れずに、といったところである。<br /> コッペリアでは、ワーグナーの楽劇で見つけられそうな力の凝集が見受けられたりする。こういう処理を見ると、「カラヤンはこういった曲でも容赦しないのだな」とおもう。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">ショパンの管弦楽編曲</span></strong><br /><br /> カラヤン以外ではおそらくだれも録音していない、もしくは、レコードとして販売されていても完全に忘れられている曲集であると思う。ハンガリー狂詩曲の管弦楽版を取り上げたり、当該曲を録音してみたりと、カラヤンの好みはよくわからない部分がある。<br /> さてこの曲は、例えばワルツの7番を下敷きにしたであろうものは、チェロのソロが冒頭に追加されていて、なかなか凝ってはいるのだが、やはり、ショパンの原曲にみられる、ある種の加速感が薄れているように思える。流石に華やかさはこちらの方が数段上であるのだが。<br /> 演奏手法はコッペリアと同じ。<br /><br />演奏会で取り上げられる回数は少ないけれども、カラヤンに救われましたな。例の未完成交響曲のアルバムより楽しめた。<div style="text-align: right;">★★★★</div><br /><a name="ベートーヴェン交響曲全集"><h1>ベートーヴェン交響曲全集</h1></a><br /><br /> 60年代のカラヤンのベートーヴェン交響曲全集を聴いて気がついた事は、<a target="new" href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=131139.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252588%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525B4%2525E3%252582%2525A7%2525E3%252583%2525B3%2525EF%2525BC%2525881770-1827%2525EF%2525BC%252589_000000000034571%252Fitem_%2525E4%2525BA%2525A4%2525E9%25259F%2525BF%2525E6%25259B%2525B2%2525E5%252585%2525A8%2525E9%25259B%252586%2525E3%252580%252580%2525E3%252583%252586%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252583%25259E%2525E3%252583%2525B3%2525EF%2525BC%252586%2525E3%252582%2525A6%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252595%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%2525AB%2525EF%2525BC%252588%2525EF%2525BC%252596%2525EF%2525BC%2525A3%2525EF%2525BC%2525A4%2525EF%2525BC%252589_4211395">ティーレマンの同全集</a><img width="1" height="1" alt="icon" src="http://ad.linksynergy.com/fs-bin/show?id=Ahv2ESFAe9I&bids=131139.1&type=10" />が、このカラヤンのものが元になっているのではないかということである。こうも結果が違っている二人を並べると、「何を血迷ったか、この管理人は」と思われるかもしれない。しかしながら、両者に共通しているものがあって、それは、音楽を一本の太い線としてとらえることである。例えば、フォルテの部分で大きく揺り動かされるのは、その太い線が波打つように動くからである。<br /><br /> だが、ここから二者は、その特徴,思想を大きく違える。ティーレマンがテンポの伸縮と楽節を感じさせない大きな歌い回しを駆使して、節度ある(「田園」交響曲のように溶けきってしまうこともあるが)ロマンティシズムを充溢させる。ロマンティシズムをわざわざ再現してみせるのである(これはこれで得難いことである)。カラヤンはそうではない。カラヤンは、テンポの伸縮やフレーズの歌い回しを大きくすることを極力避けている。もちろん、細かく見ていけば、それらの操作をしているわけだが、ことにフレーズ処理については、他のカラヤンが録音した作品に比して明らかに少ない、もしくは、地味である。人は、「それは、トスカニーニを尊敬していたカラヤンの楽譜原理主義の発露である」(※出典無)というかもしれない。しかしながら、テンポの伸縮やフレーズの歌い回しを大きくすることを極力避けることは、ことにベートーヴェン交響曲全集に限った話であって、他の作品に関しては必ずしもそうではないことに注目しなければならないと思う。つまり、カラヤンはベートーヴェン交響曲を特別視していて、演奏する際には特別に大きくふるまう必要はなく、しかしながら、そのままだと緩徐がすぎるのでテンポは速めに設定して引き締める。それで十分で、これ以上に何かする必要はない。そして、当然にこの曲集の素晴らしさは世界中に通用する、と考えていたのではなかろうか。まぁ、単に好みであるということも言えましょうが。<br /><br /><br /><div style="margin-bottom:0px;" class="amazlet-box"><div style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;" class="amazlet-image"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000056OBA/furtwangler07-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="Symphonies (Complete)" src="http://ec2.images-amazon.com/images/I/51WWhqcSqoL._SL500_AA300_.jpg" /></a></div><div style="line-height:120%; margin-bottom: 10px" class="amazlet-info"><div style="margin-bottom:10px;line-height:120%" class="amazlet-name"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000056OBA/furtwangler07-22/ref=nosim/">Symphonies (Complete)</a><div style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%" class="amazlet-powered-date">posted with <a target="_blank" title="amazlet" href="http://www.amazlet.com/">amazlet</a> at 13.04.03</div></div><div class="amazlet-detail"><br />Dg Imports (1999-07-01)<br />売り上げランキング: 1,859</div><div style="float: left;" class="amazlet-sub-info"><div style="margin-top: 5px" class="amazlet-link"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000056OBA/furtwangler07-22/ref=nosim/">Amazon.co.jpで詳細を見る</a><br /><a target="new" href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=131139.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252588%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525B4%2525E3%252582%2525A7%2525E3%252583%2525B3%2525EF%2525BC%2525881770-1827%2525EF%2525BC%252589_000000000034571%252Fitem_%2525E4%2525BA%2525A4%2525E9%25259F%2525BF%2525E6%25259B%2525B2%2525E5%252585%2525A8%2525E9%25259B%252586%2525E3%252580%252580%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525A4%2525E3%252583%2525B3%2525EF%2525BC%252586%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252595%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%2525AB%2525EF%2525BC%252588%2525EF%2525BC%252591%2525EF%2525BC%252599%2525EF%2525BC%252596%2525EF%2525BC%252590%2525E5%2525B9%2525B4%2525E4%2525BB%2525A3%2525EF%2525BC%252589%2525EF%2525BC%252588%2525EF%2525BC%252595%2525EF%2525BC%2525A3%2525EF%2525BC%2525A4%2525EF%2525BC%252589_901422">HMV 商品詳細ページ</a><br /><a target="_blank" href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F54254%2FBeethoven%25EF%25BC%259A-The-9-Symphonies"><img width="1px" height="1px" border="0" alt="" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" />TOWER RECORDS 商品詳細ページ</a></div></div></div><div style="clear: left" class="amazlet-footer"></div></div><br /><br /><strong><span style="font-size:large;">1番</span></strong><br /><br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130414225011.jpg"><img width="250" height="254" border="0" alt="karajan beethoven 1,2" src="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130414225011.jpg" /></a><br /><br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・1961年12月27,28日、ベルリン、イエスキリスト教会におけるセッションステレオ録音。<br /><br /> フリッチャイに比べるとかなりおとなしい印象を受ける演奏である。ティーレマンと比べてもおとなしいかもしれない。というのも、三楽章までは特にそうなのだが、展開こそあるものの、それは予定調和的なもので、絶対に吠えたてるような雰囲気にはしない。例えば、カラヤンの5番の一楽章ようにエネルギーを叩きつけるような演奏ではない。あの演奏では終止線がなかったらどこまで発散し続けるかわからない走り方なので、それと比べると、極めておとなしい。1番を書いたころのベートーヴェンは、カラヤンにとってはハイドンやモーツァルトの様な作曲家とみなしているというわけであろうか? 構成上聴覚上きっちり収まる点に着目したのかしら?<br /><br /> たっぷりと余裕のある質感が基本で、そこに高弦の装飾的な飾りが加わったりする。番号が後半になるにつれて管弦楽に圧迫される傾向にある木管のソロの美しさが、ここではかなり際立つ。後に控えるものがわかっていると、上質な前座にしか映らない。<div style="text-align: right;">★★★★</div><strong><span style="font-size:large;">2番</span></strong><br /><br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130414225011.jpg"><img width="250" height="254" border="0" alt="karajan beethoven 1,2" src="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130414225011.jpg" /></a><br /><br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・1961年12月30日、ベルリン、イエスキリスト教会におけるセッションステレオ録音。<br /><br /> 1日で録音をおえてしまったようである。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">3番「英雄」</span></strong><br /><br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130414225402.jpg"><img width="250" height="253" border="0" alt="karajan beethoven 3" src="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130414225402.jpg" /></a><br /><br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・1962年11月10-15日、ベルリン、イエス・キリスト教会でのセッションステレオ録音。<br /><br /> カラヤンは、ベートーヴェンを指揮するに当たっては、特有の甘美でオペラ的な歌い回しを、わざとかどうかは知らないが排している。これは第九も例外ではないので、興味深いのだが、こと3番に至っては、その限りではない。これもまた興味深い。(つづく)<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">4番</span></strong><br /><br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130414225403.jpg"><img width="250" height="254" border="0" alt="karajan beethoven 4" src="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130414225403.jpg" /></a><br /><br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・1962年3月14日、11月9日、ベルリン、イエス・キリスト教会でのセッションステレオ録音。<br /><br /> かなりの期間をまたいでの録音。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">5番</span></strong><br /><br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130414225012.jpg"><img width="250" height="256" border="0" alt="karajan beethoven 5" src="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130414225012.jpg" /></a><br /><br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・1962年3月9-12日、ベルリン、イエス・キリスト教会でのセッションステレオ録音。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">6番「田園」</span></strong><br /><br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130414225013.jpg"><img width="250" height="254" border="0" alt="karajan beethoven 6" src="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130414225013.jpg" /></a><br /><br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・1962年2月13-15日、ベルリン、イエス・キリスト教会でのセッションステレオ録音。<br /><strong><span style="font-size:large;"><br />カラヤン流郊外散策</span></strong><br /><br /> カラヤンのベートーヴェン交響曲の中で最も酷にかたられる録音である。「スポーツカーで田舎をかっ飛ばす」といった趣旨だったと思う。Wikipediaによると、R.シュトラウスは、ドン・ファンの初演後、「半数は喝采したものの、残り半数からは野次が飛んだ。」という事態を見て、「シュトラウスは彼の内なる音楽の声を聞いたことを知って、「多数の仲間から気違い扱いされていない芸術家など誰もいなかったことを十分に意識すれば、私は今や私が辿りたいと思う道を進みつつあると知って満足している」」と語ったらしい。<br /><br /> カラヤンの一楽章は、よく言われるようにテンポが速い。しかしながら、カラヤンのこの楽章の特徴的な点は、それよりも推進力にあると思う。この現象はカラヤンのウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とのモーツァルト交響曲40番や、60年代のアイネ・クライネ・ナハトムジークでも見受けられる現象である。田園交響曲では、カラヤンは例の執拗な繰り返しの部分で、徐々に音量を上げていくかどうか、それ以上になにか仕掛けを施し、聴き手はその推進力によって煽られるのである。(つづく)<br /><br /><div style="text-align: right;">★★★★</div><strong><span style="font-size:large;">7番</span></strong><br /><br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130414225403.jpg"><img width="250" height="254" border="0" alt="karajan beethoven 7" src="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130414225403.jpg" /></a><br /><br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・1962年3月13,14日、ベルリン、イエス・キリスト教会でのセッションステレオ録音。<br /><br /><br /> 四楽章の冒頭の処理は、カラヤン以外では見たことがない。最初の合奏の後に、装飾音のように、すぐにティンパニーが続き、それがまた細かいというもので、これは気をつけていなくても耳に付く。冒頭の形と言えばよいのだろうか、これはくどいほど繰り返し、覚えてしまうほどに登場してくるもので、出てきては音楽を引き締める。これは、数あるベートーヴェンの作曲語法でもおなじみといってもいいようなもので、たいていの演奏家は、意義はともかく、リズムの形はそろえて提出するものかと思われる。しかしながら、カラヤンの冒頭の場合は、そうではなくて、次に現れる冒頭と同じ形の部分では、比較的一般的な最初の合奏とティンパニーの間があるとともに、ティンパニーの音もそれほど細かくない。推測するに、序奏という位置づけなのだろう。<br /><br /> このように一瞬にして始まるわけだが、(つづく)<br /><br /><br /><strong><span style="font-size:large;">8番</span></strong><br /><br /> <a target="_blank" href="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20121223233108.jpg"><img width="246" height="249" border="0" alt="Herbert von Karajan - Beethoven Symphonie Nr. 8 & 9(Finale)" src="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20121223233108.jpg" /></a><br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・1962年1月23日、ベルリン、イエス・キリスト教会でのセッションステレオ録音。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">カラヤンの力の発散とベートーヴェンの天井知らずの生命力が見事に一致した決定的名演</span></strong><br /><br /> このベートーヴェン交響曲全集の中では一番のお気に入りであると同時に、8番の決定的な演奏である。この演奏の魅力を簡単に言えば、体を動かした後のそう快感を味わえるということであろう。カラヤンのベートーヴェン交響曲は、管弦楽にそれが内包する熱気とか活力とか、そういったものを発散させる機会としてとらえているきらいがあって、8番においてはその方針が見事にはまっている。例えば、一楽章の展開部(一楽章の展開部!)、4楽章の執拗に繰り返される強拍を伴った動機は、迫力よりも、音量を絞りださんとする強い意思を感じ、それに気圧されるのだ。まるで管弦楽の限界に挑戦しているかのような、というのは言い過ぎではない。いうまでもなく、これは”そういう表現”である。甘美なフレーズの甘さも、さわやかな熱さをたたえたこの曲の雰囲気を汚さない程度に収まっている理想的なものである。<br /><br /> 後年、同じ組み合わせでのこの曲の演奏は徐々にスピードが上がっていくのはそういう意志が演奏面に影響が及んだ結果であろうか? ただ、私が好きなスピード感はこのころのみである。後年のものは、私にとっては、早すぎる。<br /><br /> それにしても、この曲の1楽章の展開部の素晴らしさといったら、どうやって表したらよいものだろうか? 作曲者がこの曲を気に入っていたという言がWikipediaにあったが、うなずける話である。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">9番「合唱」</span></strong><br /><br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130528213126.jpg"><img width="250" height="254" border="0" alt="karajan beethoven 9" src="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130528213126.jpg" /></a><br /><br /><br /><h1><br /><a name="ブラームス交響曲全集">ブラームス交響曲全集</h1></a><br /><br /><strong><span style="font-size:large;">ブラームス - カラヤンにとっての汲みつくせない問題</span></strong><br /><br /> 私は指揮者でもなければコンサートマスターでもないので体感している話ではなく本の受け売りのだが、ブラームスの管弦楽曲の音の調整は比較的難しいことらしい。誰の本かと言えば<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480423923/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4480423923&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">吉田秀和氏のもの</a><img width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=4480423923" />。具体的には、ハイドンの主題による変奏曲をさして「指揮者の力量を図るのと同じように、管弦楽団の力を知る上にも、この曲は最適の作品となっている。」としているものや、ブラームスのオーケストラ曲の響き「は室内楽と管弦楽の混ざりあったようなもので、同じ時代に行きながらも、ブラームスはヴァーグナーとちがって、金管の使い方などが古風で、それだけに、木管が非常に重視されていた。それは誰しも知っている。だが、その木管の音色が、ブラームスではずいぶん地味な、艶消しをしたようなものであることには、必ずしも誰も気が付いているわけではない。」と書き、中央ヨーロッパの管弦楽団の音色に実際にあたるべきと言ったような微妙な問題に至るものもある。前者のような手元の問題も、後者のようないわゆる伝統に関する問題も、いずれにしてもブラームスの音の絶対性が微妙な位置にあるとはっきり感じるところに端を発しているように感じる。思えば単純に聴く方からしても、どちらかというと響きに過剰に敏感だった<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000VQXY8I/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B000VQXY8I&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">チェリビダッケのもの、特に4番</a><img width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B000VQXY8I" />が飛びぬけてうまいことや、ティーレマンにしても<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B005D4Y522/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B005D4Y522&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">ベートーヴェン</a><img width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B005D4Y522" />より<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00M14IFRI/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B00M14IFRI&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">ブラームス</a><img width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B00M14IFRI" />という感はある(もっとも、ティーレマンはワーグナーにしてもブラームスにしてもベートーヴェンの管弦楽法から大きく離れることはしなかったと<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00GIPMCJI/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B00GIPMCJI&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">言っている</a><img width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B00GIPMCJI" />が)のはその証左と言えるのかも知れない。<br /><br /> 懐の深いひなびた音色は、難渋な憤怒と隣り合わせになっている音響の一方で、ブラームスの音楽はまた、その旋律も魅力である。<br /> ドヴォルザークのくずかごを漁れば交響曲が一つ出来上がると言ったり、ヨハン・シュトラウス二世の美しく青きドナウを称賛したりする、ハンガリー舞曲集を作るなど、ブラームスにはごく一般的な意味でのメロディー愛好家的な側面があったらしい。そういうところは交響曲をざっと眺めてみるだけでわかることであり、交響曲の1番四楽章、ヴィオラが入るところなど、特にこのカラヤンのものでは最も印象的な場面の一つであろう。<br /><br /> こういう風に書いていくと、20世紀有数の音響家であり、旋律家であったカラヤンにはうってつけの作曲家であるのだが、案外にその出来栄えは不安定である。例によって十年後とこに録音をしているが、安定しない。どこかのインタビューでカラヤンは楽譜を見るたびに新しい発見があると言っていたが、これは別に勉強家であるところを見せつめようとして言っていたのではなく、本当にそう感じていたのではないかと思う。<br /><br /> カラヤンのブラームスは、大きくわければ響きのバランスを統御しつくすことに注力した50年代60年代のものと、いわゆる「うねり」を再確認する<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B001DCQI8C/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B001DCQI8C&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">70年代</a><img width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B001DCQI8C" />以降に分けられる。どちらが正しいのか、これはやってみないとわかるものではないと実際にやってみたのだろう。もしかしたら、<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00N4479N0/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B00N4479N0&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">フルトヴェングラーの即興的荒れ狂い</a><img width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B00N4479N0" />がブラームスの目指していたところなのかもしれない、だからそのフルトヴェングラーの設計図である楽曲の構成に従ったうねりによる音楽構成も採用して見る価値があるのではないか? 実際そこまではやらなかったにしろ、カラヤン的なあまりにカラヤン的な仕上げが施されつくされている<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00IRHGY8U/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B00IRHGY8U&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">50年代</a><img width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B00IRHGY8U" />(4番はカラヤンのブラームスの中で最高の出来であるように思う)、60年代のブラームスと比べると、それ以降のものは楽々と旋律が呼吸しているように感じられるのである。その一方で音響はむやみに膨らみ続けた。どうも、あの音ふくらみがブラームスには不可欠の要素であるということは生涯信じ続けていたことは確からしいのだが、それでも定まらなかったのはやはり、カラヤンにとってブラームスは汲みつくせない問題とうつっていたからではあるまいか。<br /><br /> カラヤンの60年代のブラームス交響曲全集は、ブラームスの音楽とは何かという問いの答えを見ることができる玄関口にあたるわけである。フィルハーモニア時代から、ブラームスの音響の形を実現しようとしているところは垣間見えていて、それはほとんど出来上がってすらいた(<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00114LF4E/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B00114LF4E&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とのもの</a><img width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B00114LF4E" />は、ベートーヴェンの交響曲7番のこともあって、例外と見た方が妥当のように感じる)。あの高貴で瑞々しいブラームス。フィルハーモニア管弦楽団と、録音設備がとらえた音響であろうが、やはり魅力的であることに変わりない。あのひなびた部分をここまで透明で、それでいて元の味わいを消すことなく提出してみせたカラヤンの手腕を私は称賛したい。<br /><br /> おそらく、あの手法をそのままベルリン・フィルハーモニー管弦楽団でやった。ここはやはりベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、フルトヴェングラーの薫陶を受けた暗い霧と強い高弦が織りなす不安な濃厚な、かおりが充満する世界である。重心が一段階下がっている感じ。最も成功しているのは一番。この一番は、数多くあるカラヤンのブラームスの一番の中で最も精巧に制御されているものでもある。横の隙無く、滞りなく。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">1番</span></strong><br /><br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130528213124.jpg"><img width="250" height="254" border="0" alt="karajan brahms 1" src="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130528213124.jpg" /></a><br /><br />・ブラームス:交響曲1番<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">2番</span></strong><br /><br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130528213045.jpg"><img width="250" height="254" border="0" alt="karajan brahms 2" src="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130528213045.jpg" /></a><br /><br />・ブラームス:交響曲2番<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">3番、ハイドン変奏曲</span></strong><br /><br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130528213044.jpg"><img width="250" height="253" border="0" alt="karajan brahms 3" src="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130528213044.jpg" /></a><br /><br />・ブラームス:交響曲3番<br />・ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br /><br /><strong><span style="font-size:large;">4番</span></strong><br /><br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130528213043.jpg"><img width="250" height="253" border="0" alt="karajan brahms 4" src="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130528213043.jpg" /></a><br /><br />・ブラームス:交響曲4番<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br /><hr size="1" /><br /><a name="ブラームスヴァイオリン協奏曲"></a><a target="_blank" href="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130116214857.jpg"><img width="250" height="253" border="0" alt="Chrisian Ferras,Herbert von Karajan - Brahms Violinkonzert" src="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130116214857.jpg" /></a><br /><br />・ブラームス:ヴァイオリン協奏曲<br /><br />・ヴァイオリン:クリスティアン・フェラス<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・ベルリン、イエス・キリスト教会でセッションステレオ録音。<br /><br /> カラヤンは60年代のすべてのヴァイオリン協奏曲を、フェラスとともに録音している。<br />こういうこだわりがあると、カラヤンの好みが最優先されているような気がしないでもなくて、ワイセンベルクや、このフェラスはまさにそのような雰囲気があると思う。いや、一番の有名な録音がカラヤンとの共演盤であるというだけの話で、両者とも実力の程はなかなかにあるわけだが。だからこそ、カラヤンは共演者に選んだのだ。<br /> 例によって、注目はカラヤンの伴奏に目が行きがちになる。ブラームスのヴァイオリン協奏曲の録音は結構あるけれども、これほどに管弦楽が分厚く鳴り響くブラームスのヴァイオリン協奏曲はもう二度と現れないのではあるまいか?<br /><br /> 実はブラームスのヴァイオリン協奏曲の存在を意識しだしたのは、ティーレマンが伴奏を担当しているバティアシヴィリ盤からで、発売前にオイストラフ盤や当演奏等を聴いて予習したりしていたのである。ヴァイオリンソロの冒頭の処理の差にはかなり驚かされた。バティアシヴィリ盤の後では、この2者は、言葉は悪いがどん臭い。これは技術の進歩が達成したものであろうかと思われる。2者とも結構苦しそうに弾いていたりするのだ。この話題はこの辺にしておいて、フェラスの演奏の方にうつる。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">たっぷりとしたブラームスのヴァイオリン協奏曲</span></strong><br /><br /> たっぷりとして聞こえるのは、カラヤンの伴奏の分厚さだけではない。顕著にその傾向が表れるのは、三楽章で、第一主題のレガートは上で挙げた三者の中で一番多い。リズム強調を少なからず行っている演奏が多い中で、これを聴くとやたら図体が大きく聴こえる。1楽章では、柔らかい歌としてこの特徴は捉えられる。<div style="text-align: right;">★★★★</div><br /><hr size="1" /><br /><br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130116213949.jpg"><img width="250" height="253" border="0" alt="Christian Ferras,Herbert von Karajan - Sibelius Violin Concerto" src="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130116213949.jpg" /></a><br /><br />・シベリウス:ヴァイオリン協奏曲<br />・シベリウス:交響詩「フィンランディア」<br /><br />・ヴァイオリン:クリスティアン・フェラス<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br /> カラヤンのシベリウスへの傾注は異常で、質の高さは60年代の交響曲の中では最も高いのではなかろうかと思うほどである。特に交響曲七番である。反射的に「この交響曲の決定的な演奏」と反射的に評してしまいそうになる出来栄えである。大いなる始まりを予感する、または、新時代の夜明けを思わせるクライマックスをはじめ、それに至るまでの構成感、フレージングに至ってはこれ以上を望むべくもない仕上がりである。そういったものを聴いていると、自然に同作曲家の作品に期待が高まるというものである。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">力強いヒロイックなフェラスと、巨大な書割としてのカラヤン</span></strong><br /><br /> 一楽章、遠くを見るというよりは、その場で歌うという始まりである。胴を響かせるはっきりとした歌である。フェラスの歌は、明らかに歌ってのだが、荒削りな部分があって、それが熱くさせるものをもっているようだ。最後はやや味気なく終わるが、それ以外はなかなかの仕上がりである。<br /> 二楽章、カラヤンのオーケストラが雄弁である。ソリストより雄弁である。だが、その中でのフェラスの役割は、オペラ楽劇での歌手が管弦楽の中で果たす役割に近い。場を広げ、その中で、ソリストを活躍させるということである。カラヤンの雄弁さは、やや具体性を欠くように設計されているのだ。だから雄弁であっても漠然としていて、ソリストが目立つという仕組みになっている。<br /> 三楽章は、颯爽と流れていくバティアシヴィリのものとは全く違う、しっかりと刻みつけていく、堂々とした仕上がりである。テンポは遅めで、リズムは跳ねるというよりは踏みしめるといった具合である。美しさよりも、迫力を前に出した演奏であるかと思う。遅いテンポながら、熱気がにじみ出る。チャイコフスキーで急にとってつけたようにギアを変えるということもない。<br /><br /> カラヤンとの一連の協奏曲の仕事の中で、最もフェラスが世にたたきつけた仕事ではあるまいか。<br /><br /> フィンランディアは、このページのシベリウス管弦楽曲集の方に回すことにしたので、そちらを見ていただきたい。<br /><br /> 星の数は4.5の四捨五入。<div style="text-align: right;">★★★★★</div><br /><hr size="1" /><br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20121230211851.jpg"><img width="251" height="253" border="0" alt="Richter,Karajan/Tchaikovsky:Piano Concerto No. 1" src="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20121230211851.jpg" /></a><br /><br />・チャイコフスキー:ピアノ協奏曲1番<br /><br />・ピアノ:スビャトスラフ・リヒテル<br /><br />・ウィーン交響楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・セッションステレオ録音。<br /><br /> チャイコフスキー、ピアノ協奏曲1番の録音は多いけれども、これはその代表的な一枚と見なされている。カラヤンにしては珍しく、オーケストラがベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ではなく、ウィーン交響楽団である。<a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002GKRT0Q/furtwangler07-22/ref=nosim/">オリジナルス・シリーズから復刻盤</a>が出ている。<br /><strong><span style="font-size:large;"><br />スタンダードではないが、奇怪なものでもない</span></strong><br /><br /> この演奏は、もう一つの代表的な録音であろう、<a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000V2RWCG/furtwangler07-22/ref=nosim/">ホロヴィッツ盤(モノラル)</a>と対極をなす演奏ではなかろうか。冒頭からしてそうで、カラヤンの濃厚な歌い回しと、リヒテルのピアノをスクラップにせんとばかりの打鍵を期待したのだが、空振り。しっかりと、しっとりと歌う。その後も、展開こそあるものの、他と比較して非常に内面に耽溺するようなよわよわしい音楽をつくっていく。たしかに、そのように聴き取れるので、表現としては成功しているのであろう。おそらく、この大向かいをうならす曲を玄人向けに洗いなおしたのであろう。なるほど見通しは良くなった。一楽章の冒頭、いわゆる「ロシアの大平原」と称される旋律が禁欲的(?)である点も納得がいく。独立したものとして、これ以降と切り離して演奏されがち、例えば、先のホロヴィッツ盤では「一方そのころ…」という形で序曲から移行していくような作りとなっているのだが、このリヒテル盤では全体の一部としたといえよう。ただ、無理やりこじんまりさせた感もなくはない。<br /><br /> 音楽づくりでほかと比べて大きく特異な点は一楽章までである。2楽章3楽章とだんだんと熱を帯びてゆき、特に3楽章はきらびやかな管弦楽と、打楽器的なタッチで重音が高速で飛びまわるピアノが堪能できる豪壮華美のお手本とも言うべきものである。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の特徴的な弦の音こそないものの、カラヤンはどこで振ってもカラヤンの音を出せるのかと思わせられる。俯瞰してみると、暗から明への筋道をつくってみたかったのかなと思った。<div style="text-align: right;">★★★★</div><hr size="1" /><a name="チャイコフスキー交響曲5番"></a><a target="_blank" href="http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20140226145653d80.jpg"><img width="250" height="253" border="0" alt="Folder_20140226145653d80.jpg" src="http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20140226145653d80.jpg" /></a><br /><br />・チャイコフスキー:交響曲5番<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・セッションステレオ録音。<br /><br /> カラヤン、60年代の再録音。<br /><br /> チャイコフスキーの交響曲は<a target="_blank" href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F1900669"><img width="1px" height="1px" border="0" alt="" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" />ムラヴィンスキーがDGに残した有名なセッション録音</a>があれば足りると言うくらいに疎い。べつに嫌いというわけではなくて、あれば何の気になしに楽しんでしまうのだろうけれども、集めようと言う気が起きないと言うだけの話である。無論これはムラヴィンスキーの録音の出来が非常に良いということもまた理由の一つに挙げられよう。というわけで、まとまったチャイコフスキーの交響曲の聴き比べをするのはこれが初めてなのである。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">演奏家の強み、作曲者ではないということ</span></strong><br /><br /> 作曲者は、言うまでもなくその作品の質を上げるために、優れた旋律を用意するのだけれども、自作自演するにあたって、とっておきの旋律を思い切り強調して演奏するということができるだろうか、と考えるとなかなか難しいように感じる。自分の考えた旋律をこれでもかという風に聴かせるのである。その点、他人が考えた旋律を歌うと言うのは、その魅力を十全に伝えるにあたって、やれることはすべてできる点で、有利と言えば有利である。<br /> チャイコフスキーは、ピアノ協奏曲の1番やヴァイオリン協奏曲、バレエ曲のいくつかを簡単に眺めてみるだけでも、その旋律の美しさ、広く人を捉える良さが目に入ってくるもので、どうあがいてもその旋律美のようなものに目を向けなければならなくなってくる。ムラヴィンスキーは、<a target="_blank" href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F3202006%2FTchaikovsky%25EF%25BC%259A-Piano-Concerto-No-1%2C-Symphony-No-6--Pathetique-"><img width="1px" height="1px" border="0" alt="" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" />リヒテルとのピアノ協奏曲1番</a>の冒頭、まるでロシアの大平原のような息の長い雄大な旋律を、その雄大さという点よりも優美さに着目した歌い回しをしていることからも察せられるように、搦め手を加えたものとなっているように感じられる。<br /> この指揮者はどちらかと言うと、厳格な構成感といったものがその厳しい楽団の響きと鋭い音楽づくりをするのでそちらのほうばかり目が行く。だが実を言うと、これはムラヴィンスキーの厳格のリリシズムとでも言うべき美学の結果なのかもしれないのである。<a target="_blank" href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F2925673"><img width="1px" height="1px" border="0" alt="" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" />このボックス</a>の中に、タンホイザーのヴェヌスベルクの音楽がある。私にとってほとんどショッキングな出来事だったのだが、ここにおけるいつものレニングラード交響楽団の音で繰り出される官能性の高さは、他とは一線を画しているように思えるのである。つまり、チャイコフスキー他を取り上げるにあたって、色というものをある程度抑えた、その手のリリシズムを選択したと言ってもよいのではなかろうか。おそらくこれが、からめ手を使った理由の最たるものであって、ムラヴィンスキーの音楽の統一感の源泉の一つだ。「一つの曲を練り上げるにあたって一つ一つの旋律楽句は要素である」ここまでは演奏家の誰もが考えることであるが、それをどうくみ上げていくかにあたって、一つの理念、イメージが無ければ成らない。チャイコフスキーの交響曲におけるムラヴィンスキーのイメージは、詩的に峻厳なものであるように思われる。<br /> カラヤンにとってチャイコフスキーという作曲家は比較的重要だったということは、その録音数からみても疑いのないことである。後期の交響曲は、ベートーヴェンの交響曲やブラームスの交響曲と同じく約10年ごとに録音をしなおしているし、バレエ組曲の再録音も行っているくらいである。単に人気のある作曲家だからという理由で取り上げていたわけではないかと思われる。<br /> カラヤンと言えば、このページでも度々触れているとおり、その音とともに、その節回しという点においても非常に際立った特徴を持っている。カラヤン・アーチと呼ばれているらしい、カラヤン流の大柄な歌い回しは、スメタナのモルダウの第一主題や、ジョセフ・シュトラウスの天体の音楽で大活躍をしている。一方で、そう言った大柄な節回しを全く封印したのが、ベートーヴェン交響曲である。これらの曲の具体的な話は、それぞれの項ですることとして、私がここで言いたいのは、カラヤンが節回しを形成するにあたっては、例えば、曲の性質をいくらか吟味してから行っているという点である。もっとも、歌う、歌わせることに関して非常な手腕をもったカラヤンが、歌について何の考えを持っていなかったというのがおかしな話であるのだけれども。<br /> チャイコフスキーにおけるカラヤンの節回しに対する接し方は、例えばオペラの見せ場における大柄なものが基本としてあるわけで、ベートーヴェンのそれとは大きく違う。これは一聴してわかることであるから別に問題でもなんでもないが、もっと聴いてみると、その大柄な節回しにしても、非常に慎重な幅の取り方と言えばよいのだろうか、存在感の示し方と言えばよいのだろうか、そう言ったことを感じるのである。ことにチャイコフスキーの旋律であるから、あんまりに存在感を大きくすると楽曲の中で浮きすぎてしまうことは、この大指揮者にとってわかりきったことであったのだが、そうはいってもこの旋律美を殺してしまうのはいかがなものか、こういう一般的苦悩が前に立ちはだかった結果であろう。これら調整の基本となったのは、やはり楽曲ということになると思う。カラヤンのチャイコフスキーは文学的である。これはドイツ指揮者のチャイコフスキーの演奏の伝統、知らず知らずの間に出来上がった慣習とも言えるようなものかもしれないもので、古くは<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B004BWOK9A/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B004BWOK9A&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">フルトヴェングラー</a><img width="1" height="1" border="0" style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B004BWOK9A" />、<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000CSUWJO/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B000CSUWJO&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">ベーム</a><img width="1" height="1" border="0" style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B000CSUWJO" />は聴いたことが無いのでよくわからないが、<a title="ティーレマン" target="_blank" href="http://www.digitalconcerthall.com/ja/concert/2540/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%9E%E3%83%B3-%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%B9%E5%AE%A4%E5%86%85%E5%90%88%E5%94%B1%E5%9B%A3-%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%83%89-%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%BC-%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%B3-%E3%83%94%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC">ティーレマン</a>においてもその傾向が強いのである。いずれにせよ、構成感という点はともかくとして、構築感が現れなければどうにもならないのが、ベートーヴェンがいわゆる英雄交響曲あたりでおそらく図らず創始した音楽の文学的(物語的というくらいの意味である)側面である。その文学的側面というものは、非常に抽象的な物言いで申し訳ないが、音楽の効果上の、聴覚上の前後関連における相当因果関係の妥当性によって担保されているわけだから、ある旋律がでしゃばって出てくるとなると、たちまち失敗するという非常に綱渡りのものでもある。カラヤンの慎重な大柄な立ち回りは、おそらくここに由来する。<br /> こういう音楽の作り方がカラヤンには見られない現象ではあるまいかという言があるかもしれないが、傑作録音であるシベリウスの交響曲7番はその延長線上にあるから、チャイコフスキーだけでもって現れた特性とも言えない。<br />作曲者の自作自演から大変なところまで来てしまった。肝心のカラヤンは、何を描こうとしていたか。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><a name="ベートーヴェンヴァイオリン協奏曲"></a><a target="_blank" href="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130116213448.jpg"><img width="250" height="253" border="0" alt="Christian Ferras,Herbert von Karajan - Beethoven Violinkonzert" src="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130116213448.jpg" /></a><br /><br />・ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲<br /><br />・ヴァイオリン:クリスティアン・フェラス<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・1967年1月25,26日、ベルリン、イエス・キリスト教会でのセッションステレオ録音。<br /><br /> フェラスとの有名ヴァイオリン協奏曲シリーズ。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">可もなく不可もない</span></strong><br /><br /> フェラスのヴァイオリンについてだが、はっきり言って、よくわからなかった。いや、だめだと言っているわけではない。歌う部分はあまり大げさにではないが、歌うし、他の演奏家で感じるような、曲の魅力を伝えていることは間違いない。<br /> 気になるのは、音が多くなる部分では急に機械的な処理にきこえたり、こなしているというような感触になったりとどうしても感じてしまうからである。慎重な面が前に出てしまったのか?まぁ、意図なのだろうが、よくわからないというのが正直なところである。<br /><br /> カラヤンの伴奏はブラームスの協奏曲のような分厚さはない。同曲の分厚さ加減で言えば、<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B007TB45TA/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B007TB45TA&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">コーガン、ジルヴェストリ盤</a><img width="1" height="1" border="0" style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B007TB45TA" />の方が上であろう。<br /> 方針は、曲が持つ構えの大きい部分を主眼に置いた伴奏である。この曲の管弦楽は、伴奏然とした伴奏なので、そこまで派手なことはできないということもあってか、カラヤンの協奏曲での存在感の示し方からすれば、おとなしい方だと思う。<br /><br />「結局どうなんですが?」ときかれたら、「悪くはない」と返答するだろう。<div style="text-align: right;">★★★</div><hr size="1" /><br /><br /><a name="ベートーヴェンピアノ協奏曲1番"></a><a target="_blank" href="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130212112316.jpg"><img width="250" height="253" border="0" alt="Folder_20130212112316.jpg" src="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130212112316.jpg" /></a><br /><br />・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲1番<br /><br />・ピアノ:クリストフ・エッシェンバッハ<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・1966年11月30日-12月1日、ベルリン、イエスキリスト教会でのセッションステレオ録音。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">慎重かつカンタービレ</span></strong><br /><br /> エッシェンバッハというピアニストを聴いたのはこれが初めてで、技術的に堅実なケンプと言った印象を受けた。ケンプと言っても、その傾向があると言うだけで、達観したいわば聖人の様な雰囲気さえ感じるまでは当然至っていはいないし、<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B006BR0ZPQ/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B006BR0ZPQ&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">ケンプの同曲</a><img width="1" height="1" border="0" style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B006BR0ZPQ" />とは似ていない。<br /> <a target="_blank" href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F3180824%2F%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25A5%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2599%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2588%25EF%25BC%259A-%25E5%258D%25B3%25E8%2588%2588%25E6%259B%25B2%25E9%259B%2586-%2528Op-90%2C-Op-142%2529%25EF%25BC%259C%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25AF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2589%25E9%2599%2590%25E5%25AE%259A%25EF%25BC%259E"><img width="1px" height="1px" border="0" alt="" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" />シューベルトの即興曲</a>が出ているとのこと。食指が伸びるのは当然の成り行きと言えよう。<br /><br /> そのエッシェンバッハのベートーヴェンの協奏曲1番は、良くも悪くも堅実であると思う。ベートーヴェンのピアノ協奏曲1番と言えば、私の中では<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000001GXL/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B000001GXL&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">ミケランジェリ、ジュリーニ盤</a><img width="1" height="1" border="0" style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B000001GXL" />が何よりもすぐれたものと考えていて、それは同曲の録音の全体からすれば「熱気にかける」という評もあるかもしれないものだが、このエッシェンバッハは、それよりも、慎重であるために、溌溂とした雰囲気は薄い。だからと言って、この演奏を切り捨てるわけにはいかない。エッシェンバッハは、いわば吟遊詩人の様な音楽を示すのである。全体的にそのような傾向だが、その傾向が如実に表れるのは、1楽章の6分40秒付近であろうか。比較的遅めのテンポをさらに少しおさえ、持ち前の柔らかい歌に集中させる。フレージングと音の肌触りの良さだけでいえばトップクラスに属する処理ではなかろうか?<br /><br /> カラヤンの伴奏は、朗々としたピアノと対照的にエネルギッシュなものである。対比したかったのだろうか?<br /><div style="text-align: right;">★★★★</div><hr size="1" /><a name="チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲"><br /></a><a target="_blank" href="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130609234517.jpg"><img width="250" height="253" border="0" alt="feras karajan tchaikovsky" src="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130609234517.jpg" /></a><br /><br />・チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲<br />・チャイコフスキー:イタリア奇想曲<br /><br />・ヴァイオリン:クリスティアン・フェラス<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・1965年11月(協奏曲)、1966年10月(奇想曲)、ベルリン、イエス・キリスト教会でのセッションステレオ録音。<br /><br /> チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を初めて聴いた時は、ヴァルディの作品かと思ったものである。いうまでもなく、一楽章のメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲とならんで有名な部分を聴いての話だ。まぁ、それしか覚えていなかったわけで、つまるところ、私はこの曲のよい聴き手とは言い難い。三大ヴァイオリン協奏曲はなにかと言われたら、ベートーヴェン、シベリウス、ブラームスと答えるような人間に、このジャンルの醍醐味がわかるはずもないのである。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">図体で気押すヴァイオリン</span></strong><br /><br /> それはともかく、この項はフェラスの演奏についての項である。<br /> フェラスというヴァイオリニストは、少なくとも優れた音楽家であるが、技術がファンタジーに追いついていない。この考えというか、妄想は、フェラスの演奏を初めて聴いた時からあって、最初は、この当時の技術水準云々ということで片づけていたのだが、どうやらそうでもないらしい。多分、こういうフェラスについて書くのはこれで最後だろうから、簡単に書いておこうと思う。フェラスの発する灼熱は、技術的な困難へ立ち向かうことから発せられるか、それとも、フェラスの意図から生まれるものなのか、ということを考えながら聴いていると、技術的に問題ない(と思われる)個所で、楽器の胴を極限まで太くならそうとする姿が浮かび上がってくる。場所にもよるのだけれども、これらは単に響かせようとするだけにとどまるものではないようだ。実のところ、やろうとしていたことは、カラヤンと同じだったのかもしれぬ。<br /><br /> 一楽章や、三楽章の速い部分では、明後日の方向え勢いを投げるがごとくかき鳴らす。猛烈な足掻きである。一楽章の有名な部分を管弦楽へ橋渡しする部分では、もはや前後のことを考えていないとすら思える。だが、何とかなってしまうから「優れた音楽家」とかいた。二楽章の抒情的な部分では、カラヤン張りの横の響きがと特徴的。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">カラヤン的佳演</span></strong><br /><br /> イタリア奇想曲は、今回が初めて。奇想的な部分は、最後の3分だったので少々面食らった。ここでカラヤンは、例の大きな管弦楽団体を上下させてリズムを切っていく。それ以外はあまり覚えていない。<div style="text-align: right;">★★★★</div><hr size="1" /><br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/31.jpg"><img width="250" height="253" border="0" alt="karajan 60" src="http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/31.jpg" /></a><br /><br />・バッハ:管弦楽組曲2番BWV1067<br />・バッハ:管弦楽組曲3番BWV1068<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・セッションステレオ録音。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">管弦楽組曲2番</span></strong><br /><br /> <a title="カラヤン公式ホームページ" href="http://www.karajan.org/jart/prj3/karajan/main.jart?reserve-mode=active&rel=en">カラヤン公式ホームページ</a>というものがあって、そこには演奏会の記録があったり、録音記録があったり、その演奏会評の切り抜きまであったりする。そういうものは、ただ眺めているだけでも楽しいものであるが、例えば、ベートーヴェンの交響曲をさかのぼってみたり、ブルックナーの交響曲をさかのぼってみたりするとそれらを初めて取り上げた演奏会全体のプログラムを見ることができる。それで、よく見かけるのである、バッハの管弦楽組曲2番を。<br /><br /> これは多いに違いないと思って、この曲で全演奏会の記録を絞ってみるた。すると、1555回もの演奏会において、この曲を取り上げていたということになっていた。これは、カラヤンが演奏会や歌劇場ででベートーヴェンの楽曲を取り上げた回数の約2倍にあたる数字で、カラヤンが催した演奏会の回数は3198回であるらしいから、その49.6%つまり、約半数において取り上げていたということになる。バッハの管弦楽曲2番は、カラヤンの愛奏曲である。(つづく)<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">管弦楽組曲3番</span></strong><br /><br /> 一方で、3番は演奏会で取り上げられた形跡がない。<br /><br /><hr size="1" /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/32.jpg"><img width="250" height="253" border="0" alt="32.jpg" src="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/32.jpg" /></a><br /><br />・シューベルト:交響曲8番<br />・ベートーヴェン:フィデリオ序曲<br />・ベートーヴェン:レオノーレ序曲3番<br />・ベートーヴェン:コリオラン序曲<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・1964年10月27日、ベルリン、イエスキリスト教会でのセッションステレオ録音。(シューベルト)<br />・1965年9月21,22日、ベルリン、イエスキリスト教会でのセッションステレオ録音。(ベートーヴェン)<br /><br /> シューベルトの未完成交響曲と、ベートーヴェンの序曲をセットにしたアルバム。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">不慣れ故の慎重さがたたったか</span></strong><br /><br /> カラヤンのシューベルトの交響曲は、全集を残しているEMIのものの方が有名であろうか。DGには、60年代ではこの未完成交響曲と、9番を残している。<br /> さて、これの出来栄えの方は、カラヤンにしては少々堀が浅いように感じなくもない。木管がソロで登場する場面のバックの管弦楽、その後の多声部のからみは、全ての楽器を大きく歌わせているので、カラヤンを聴いている気分になるが、全体的には慎重である。<br /> この傾向は、チャイコフスキーの悲愴交響曲にも若干あらわれていたので、リハーサル不足の不慣れを想像させられる。こういう表現かしら? いまのところ、ベートーヴェンや、ブラームスの初録音に比べると明らかに雄弁さに欠けると言わざるを得ない。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">これもカラヤン。ベートーヴェン序曲集</span></strong><br /><br /> フィデリオ序曲は、ひどく遅く感じたので、よく聴くヨッフムのものとタイムを比べてみると30秒も違った。遅く感じるわけである。例によって音が分厚いことと相まって、ティンパニーのシンコペーションが前に出てくるので、ひどくゆったりとした印象を受けることも、ひどく遅く感じた原因だろう。重厚と言うより若干だらしないといった雰囲気である。<br /> ただ、コーダは快速でしめる。まぁ、悪くない出来だが、カラヤンならもっと質を上げられたと思う。<br /><br /> レオノーレ3番は、フィデリオ序曲と同じ印象。<br /><br /> コリオラン序曲は、なかなかの出来栄えである。付属のブックレットによると、序曲3曲で、2日(未完成交響曲は1日)使ったようだが、おそらく、(これは完全な妄想だが…)コリオランでこだわりすぎて、上二つの序曲に時間が回らなかったのではないかと思う。<br /> 演奏時間は9分! ベームは8分30秒。遅い。しかしながら、だらだらと音を垂れ流していくような演奏にも関わらず、緊張感がすんでのところで持続している。フレーズ処理や細部、クレシェンドの手入れ具合も上二つに比べると多いように感じる。<br /> 最後の3音の間は特筆ものである。<br /><br /> コリオランがなかったら星2つだっただろう。<div style="text-align: right;">★★★</div><hr size="1" /><a name="モーツァルト交響曲"><br /></a><a target="_blank" href="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130426130858.jpg"><img width="250" height="253" border="0" alt="karajan mozart 29 33" src="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130426130858.jpg" /></a><br /><br />・モーツァルト:交響曲29番<br />・モーツァルト:交響曲33番<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・1965年<br /><br /> 単品では、<a target="_blank" href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3035490&pid=881759051&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F2451618%2FMozart%25EF%25BC%259A-Late-Symphonies-No-29%2C-No-32-No-33%2C-No-35-No-36%2C-No-38-No-41"><img width="1px" height="1px" border="0" alt="" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3035490&pid=881759051" />70年代の後期交響曲とセットのもの</a>が一番手に入りやすい。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">モーツァルトを聴く喜びのひとつ</span></strong><br /><br /> 結構大きく出た見出しなのだが、最初に置くつもりだったものはもっと過激で、「モーツァルトを聴く喜びを最大限に具象化した傑作」というものだった。かなり甘美で緩徐な音楽で、カラヤンのアプローチもそうなのだが、殊に29番の冒頭、後ろでそれを柔らかく包むように登ってくる弦の音と、主題が徐々に混ざる様を聴いて、私はほとんど取りみだしまったのである。こういう経験はしたことが無かった。しかし私は立ち止まる。モーツァルトを聴くと言うことに私がこれまで見出してきたものもの、例えば、アバドのセレナーデにおける質感や、カラヤンのジュピター交響曲で見出した美点を早々容易に捨て去って、この感覚のみを最上のものと見なして筆を進めると言うのは、少々やり過ぎの感があったからである。<br /> 極めて個人的な御託はともかく、ロココな甘さをたたえた演奏という点ではこれ以上ないものではなかろうか。カラヤン的爽快感も備えていることは言うまでもない。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">カラヤンの33番</span></strong><br /><br /> 33番は、まったく集めるつもりがないのに増えていった楽曲で、クライバーが好んで取り上げていたり、ヨッフムが来日公演で取り上げていたりしたこともその要因の一つである。激戦地だったりするのだろうか。<br />一番個性的なのはヨッフムで、二楽章の最後で、楽節を感じさせないような歌い回しと音の鳴らし方で閉めている。この部分が妙に耳に張り付いている。本当にこの人は何をするかわからない。<br /> クライバーのものは、やはり躍動感という点ではずば抜けていて、フレーズがどこかに飛んで行きそうになることがしばしばである。<br /> カラヤンは、上でも書いたようなロココな甘さを基調としつつ、管弦楽の威力の横への発散を行っているのかと思う。一般的には運動的な動きをしているのかもしれないが、クライバーを聴いた後では大人しく感じてしまう。3人の中では最もまじめな印象を受ける。<br /><div style="text-align: right;">★★★★★</div><hr size="1" /><br /><a name="アイネクライネ、15番"><br /></a><a target="_blank" href="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130527142939.jpg"><img width="250" height="253" border="0" alt="karajan 60 35" src="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130527142939.jpg" /></a><br /><br />・モーツァルト:セレナーデ13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」<br />・モーツァルト:ディベルティメント15番<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・セッションステレオ録音。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">劇的なアイネ・クライネ・ナハトムジーク</span></strong><br /><br /> 吉田秀和のおなじみ世界の指揮者にカラヤンのモーツァルト評をみてみると、「(作為の跡はないのだが、)あらかじめ用意された写真の像が鮮やかに浮かび上がってきたといってもよいような、そういう矛盾した感想を与える余地があったことも事実である。(吉田秀和著 世界の指揮者 筑摩書房 p.336-337)」という記述がある。これはカラヤンの50年代あたりのモーツァルトに関する評の一部である。確かに29番の素晴らしさは、その自然さにあることは間違いない。だが、吉田氏が言うところの用意された写真こと繊密な設計図は、あったのだろうけれども、見えなかった。言われてみると、確かに、よどみがなさすぎる感はある。そこも魅力なのだけれども。<br /><br /> だがアイネ・クライネ・ナハトムジークでは、だいぶ様相が違っていて興味深い。一楽章で顕著な傾向で、ここでは第一主題に何度か再帰するのだが、最後の回帰はまるで凱旋のような登場をする。短調に変調した後に第一主題に回帰するのだから、自然とそう聴こえるのかもしれないのだが、29番の時と比べるとかなり自己主張が激しいように感じる。肉感的とすら感じたほどである。二,三楽章はロココに徹するが、四楽章がまた興味深い。短調になる部分では丸で40番の一部を切り取ったかのような表情をつける。<br /> セレナーデというよりも、交響曲のような劇性を感じさせる演奏である。<br /><br /><hr size="1" /><br /><a name="ブラームスピアノ協奏曲2番"><br /></a><a target="_blank" href="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130620130456.jpg"><img width="250" height="253" border="0" alt="karajan 60 anda brahms" src="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130620130456.jpg" /></a><br /><br />・ブラームス:ピアノ協奏曲2番<br /><br />・ピアノ:ゲザ・アンダ<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・1967年10月18-20日、ベルリン、イエスキリスト教会でのセッションステレオ録音。<br /><br /> カラヤンのブラームスのピアノ協奏曲の録音は、これだけだろうか。単品では<a target="_blank" href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3035490&pid=881759051&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F1070313%2FBrahms%25EF%25BC%259A-Piano-Concerto-No-2-Op-83%3B-Grieg%25EF%25BC%259A-Piano-Concerto-Op-16---Geza-Anda%2528p%2529%2C-Herbert-von-Karajan%2528cond%2529%2C-BPO%2C-etc"><img width="1px" height="1px" border="0" alt="" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3035490&pid=881759051" />オリジナルスシリーズ</a>からグリーグのピアノ協奏曲(指揮はクーベリック)とのカップリングで再発されている。<br /><strong><span style="font-size:large;"><br />カラヤンのブラームス観にアンダが熱情を添える<br /></span></strong><br /> カラヤンとアンダの組み合わせは、ザルツブルク音楽祭の記録で見ることができる。なので、急に組まれたとか、そういうわけでもないようである。そこでは、バルトークのピアノ協奏曲3番を取り上げていて、不朽の名演であるフリッチャイとのものには劣るものの、存在感を示すには十分の演奏であった。<br /><br /> <a target="_blank" href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F3210081%2F%25E3%2583%2596%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25A0%25E3%2582%25B9%25EF%25BC%259A-%25E3%2583%2594%25E3%2582%25A2%25E3%2583%258E%25E5%258D%2594%25E5%25A5%258F%25E6%259B%25B2%25E7%25AC%25AC2%25E7%2595%25AA%25EF%25BC%259C%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25AF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AC%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2589%25E9%2599%2590%25E5%25AE%259A%25EF%25BC%259E"><img width="1px" height="1px" border="0" alt="" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" />アンダは、フリッチャイともこの曲を録音し</a>ていて、いやがおうにも比較されるわけであるのだが、簡単に言えば、フリッチャイとのものは、即興性の強い力押しの演奏であるのに対し、カラヤンは、繊密な計算のもと、ブラームスのロマンを組み上げていくといった趣である。<br /> フリッチャイ、アンダのペアは、<a target="_blank" href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F53575%2FBartok%25EF%25BC%259A-The-Piano-Concertos-No-1-No-3-%25281959-60%2529---Geza-Anda%2528p%2529%2C-Ferenc-Fricsay%2528cond%2529%2C-Berlin-Radio-Symphony-Orchestra"><img width="1px" height="1px" border="0" alt="" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" />バルトークの協奏曲</a>からも察せられるとおり、いわゆる乾燥した燃焼度が、その持ち味であるわけなので、ああなるのも致し方ないというものではある。とくに飛ばすということはないが、若干の手元の不備などいざ知らず突き進む様は圧巻である。計算なしに突き進んでいると言っているわけではない。<br /> カラヤンの方は、これはカラヤンのブラームス観が作用しているのであろうが、漠然と横に広がるといった具合で、アンダは、一楽章や二楽章ではそれなりに燃焼するわけだけれども、フリッチャイのものと比べると、かなり丁寧で抒情的な仕上がりを見せる。<br /> アンダの歌は、リヒテルの系統のもので、あれほどに強い吸引力はないが、くせのない歌である。どちらかというと、アンダは、強く弾く場面で強い個性が現れる。<br /><br /> 毎回書いているような気がするのだけれども、この曲のピアノパートは、聴いている以上に難しい。嫌がらせとしか見えない部分もあって、永遠に触れたくない譜面である。ただ、作り出される曲想は、ゆったりと漠然としていて、豊かな事情感をもつという、結果的にピアノ協奏曲という名人芸の披露の場へのアンチテーゼとなった作品でもある。これは一聴して明らかな話であることは、多くの人に同意いただけるかと思う。だが、苦渋の発露というか、そういった場面では、ブラームスは、聴き手にも譜面上でも難渋な場面をつくる。こういう場面は、ブラームスの交響曲1番でもあったはずで、このことから、ブラームスという作曲家は、演奏会会場で難技巧に悪戦苦闘する姿(ブラームスのピアノ協奏曲は、初演の際すべて作曲者自身がピアノパートを担当したから、この場合は自身が)も計算に入れていたのではないかと思える部分もある。全てさらりと弾いてしまうのも考えようである。<br /><br /> 最後に、カラヤンの管弦楽について書いておく。いろいろ聴いて回って、再びこれを聴くと、その管弦楽の雄弁さに驚かざるを得ない。金管、高弦どれをとっても他の演奏とは一段その存在感が違う。ただ、これはカラヤンがアンダを食っているという話ではなくて、やはりこういうところはさすがオペラの達人といったところだが、そのさじ加減は「オーケストラは、重要な役割を担う」ところで留まる。三楽章はブラームス的ロマンの極みである。それとともに、一見して派手(これはカラヤンの手癖のようなものであろう)だが、派手さを前面に出すというものでもなく、いわゆるカラヤンのブラームス観の中に収まっている。<br /><br /> 名演である。今回の星の数は5つとだいぶ悩んだ。<div style="text-align: right;">★★★★</div><hr size="1" /><br /><a name="オペラ間奏曲集"></a><a target="_blank" href="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130328135553.jpg"><img width="250" height="254" border="0" alt="kARAJAN 60 57" src="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130328135553.jpg" /></a><br /><br />・ヴェルディ:椿姫より、三幕への前奏曲<br />・マスカーニ:カヴァレリア・ルスティカーナより、間奏曲<br />・レオンカヴァッロ:道化師より、間奏曲<br />・ムソルグスキー:ホヴァーンシチナより、間奏曲<br />・プッチーニ:マノン・レスコーより、間奏曲<br />・シュミット:ノートルダムより、間奏曲<br />・マスネ:タイスより、瞑想曲<br />・ジョルダーノ:フェドラより、間奏曲<br />・フランチェスコ:アドリアーナ・ルクヴルールより、間奏曲<br />・ヴォルフ=フェラーリ:マドンナの宝石より、間奏曲<br />・マスカーニ:友人フリッツより、間奏曲<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br /> 甘美な旋律に耽溺するアルバムである。一般にカラヤン嫌いとして有名な宇野氏が、ベートーヴェンを散々貶した後に、オペラの間奏曲やロンドンでの公演をほめているおかげか否かは知らないが、このオペラ間奏曲集としては異例のロングセラーを誇っている。おそらく、オペラ間奏曲集で騒がれるのはカラヤンだけである。<br /><br /> 内容はやはり質の高さはうかがえるものの、カラヤンの仕事の中で際立って質の高いものとは言えない。しかしながら、相性は抜群である。どこかで聴いたことがある旋律(タイスの瞑想曲等)が、大きな呼吸の歌で大柄にうたわれる、それもあの音で! いや、むしろ、弱音の繊細な表現に目を向けるべきであろう。椿姫の3幕への前奏曲に代表される弱音が主体の曲は、室内楽的な精妙な質感でもって、甘美な旋律が歌われる。実に耽美的である。<div style="text-align: right;">★★★★</div><hr size="1" /><br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130708161934.jpg"><img width="250" height="252" border="0" alt="Folder_20130708161934.jpg" src="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130708161934.jpg" /></a><br />・シベリウス:交響曲6番<br />・シベリウス:交響曲7番<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・ベルリン、イエス・キリスト教会でのセッションステレオ録音。<br /><br /> カラヤン管弦楽録音の最高峰。<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B002GKRTA6/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B002GKRTA6&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">オリジナルスシリーズからも再発されている</a><img width="1" height="1" border="0" style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B002GKRTA6" />。<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B002GKRTA6/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B002GKRTA6&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22"><img border="0" align="right" alt="" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B002GKRTA6&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" /></a><img width="1" height="1" border="0" style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B002GKRTA6" /><br /><br /><br /><strong><span style="font-size:large;">シベリウスは冷たい?</span></strong><br /><br /> もう数年くらい前の話になるが、いつものように某大手音楽映像ソフト販売店で商品を漁っていたら、隣にいた人が、「今日は暑いからシベリウスでひんやりと行きましょうかね?」と話しかけてきた。隣にいた人が話しかけてきたというだけでも結構なことだが、年も大分離れていた人だったので、心底驚いたが、顔を見ると、愛嬌に満ちた人のよさそうな顔をしていたのと、私はクラシック音楽のことではめったに人と話す機会がないので、「ランランは映像で見るのが一番ですね」だとか、「アルゲリッチは昔すごくきれいだったよね」だとか他愛もない話をして楽しんだ。他にも話題はあったかもしれないが覚えていない。今思えば、私はとてつもない適応力を示したものである。最終的にその人の良さそうな人は「かみさんに怒られそうだけど、男だから(全集ボックスを)買っちゃう」とか言って、EMIのボックスだったかと思うが、それをもってレジに向かっていった。面白い人である。<br /><br /> その奇妙な感興によった会話が行われた時分、私はシベリウスに興味などさっぱり無く、どんな曲を書いているかも知らず、時折シベリウスの名前を見ても「新ウィーン楽派の1人かしら」という始末だったので、「シベリウス→ひんやり」という話はピンとくるどころか、それ以前の段階だった。だが、今思い返すと、なかなかに興味深い足掛かりではないかと思うようになってきたのである。<br /><br /><br /> 最後の5分間は、カラヤンの管弦楽演奏上、最も芸術的手腕が成功した例のひとつである。<br />シベリウスも、「暗から明」というものに取りつかれていたようだが、同じような悩みを持ったドイツの作曲家のブルックナーもまたそうだった。シベリウスがブルックナーについてどのような考えをもっていたかはしらないが、この演奏をきいた限りでは、この「暗から明」という形式において、シベリウスはブルックナーの仕事の終点から仕事を始めたといってもよいと思う。特に7番は、行くところまで行っている。傑作だと思う。<br />(作文中)<br /> 高弦の哀歌も憂愁まで下りて来た。すると下の方から、聴き手のしびれた感覚を豊かな楽想が受け止める。このことを感じ始めたあたりから、高弦が名残惜しそうな歌を奏で、消えて行く。ここからの和声のみの移ろいで、我々は、曙光のようなものを頭の中で見る。(つづく)<br /><br /><div style="text-align: right;">★★★★★</div><hr size="1" /><strong><span style="font-size:x-large;">シューベルト:交響曲7番(9番)<br /></span></strong><a target="_blank" href="http://blog-imgs-75.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_2015052017295269a.jpg"><img width="250" height="253" border="0" alt="Folder_2015052017295269a.jpg" src="http://blog-imgs-75.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_2015052017295269a.jpg" /></a><br /><br />シューベルト:交響曲7番(9番) D944<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・セッションステレオ録音。<br /><br /> カラヤンのシューベルトは、他に<a href="http://musikvereinarchiv.blog.fc2.com/blog-entry-732.html" target="_blank" title="旧EMIに残した全集">旧EMIに残した全集</a>がある。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">カラヤンが操縦する大ハ長調</span></strong><br /><br /> 随分と気合の入った演奏で、前の未完成交響曲と比べても覇気のようなもののみなぎり方が全く違っている。未完成のあれは、いったい何だったのだろうか。<br /><br /> カラヤンが音楽にもたらしたうねりも、構成の鋳型にしっかりと入っていて、充溢の音響空間と溌剌たる質感の両立の企図は成功している。歌心もあれば、情熱も十分。テンポを引き締め、前へ前へと攻め上っていく様は、古色蒼然とした「大ハ長調」なる巨匠風の先入観を、さっぱりと洗い流してくれるものだ。しかし、この気合の入れ具合は、必ずしも完全にシューベルトの楽曲に沿ったものではなかったように思われる。この違和感は、カラヤンの全作品でもシューベルトに於いてのみではないだろうか。例えば、あの強くて広々とした金管である。あのジークムントがとねりこの幹から聖剣でも引き抜きそうな、まるでチャイコフスキーの交響曲のような、金管の咆哮が頻発するのであるが、これは流石に度が過ぎるのではないだろうか。楽曲の表情を塗りつぶしているようなところも少々あるし、同じ型のものが続くから単調になるきらいもあった。金管の音色にも限界があるということだろう。私は別に、シューベルトは歌曲的な性格を持った作曲家であるから、それを優先して音楽に溶かしこみ、繊細な表現に努めるべきだ、という頭ごなしの批判めいたことを言いたいのではない。ここでのカラヤンは、ちょっと肩に力が入り過ぎて、我を忘れているのかも知れない、と言いたいだけである。<br /><br /> 全体を概観して、これを些細なことと見るか否かは、個人の好みによるだろう。というのは、それを余りあるものが、ここにはあるからで、これの如何によって分かれるだろうからである。他では見ることのかなわない力学が働いていることは、第一楽章にしても、スケルツォを見ても、最後の延々と続く繰り返しを見ても明らかなのだし、カラヤンのような天才が新しい境地をもたらした部分もある。例えば、第一楽章、第二主題だろうか、音楽全体が暗くなって独白調になるところ、中音域の弦が細かく刻まれて歌に突入するのだが、カラヤンの場合では、速度を落とさずに突っ込んでいく。シューベルトは、ここでやりきれない感情の独白を始めたのではなく、声を落として、情熱はそのままに、我々に親身に語りかけようとしたのである。<br /><br /> シューベルトの歌曲的性質、あの何ともいえず望郷を催すあの旋律群の処理に関して、カラヤンの処理に不備があるとは、聴く前から考えもしなかったことで、思ってもいなかったが、実際のところ問題など微塵もなかった。例の、磨きあげられた、まるで唐素焼きの陶器のようなつやと光沢をもった、弦や木管たちのソロで奏でられる旋律たちは、それはもう美しいものであった。そして、ただ美しいだけではなかった。<br /><div style="text-align: right;">★★★★</div><hr size="1" /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/69.jpg"><img width="255" height="260" border="0" alt="Rostropovich,Karajan/Dovorak:Cello Concerto,Tchaikovsky:Rococo Variation" src="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/69.jpg" /></a><br /><br />・ドヴォルザーク:チェロ協奏曲<br />・チャイコフスキー:ロココ変奏曲<br /><br />・チェロ:ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・1968年9月、ベルリン、イエス・キリスト教会でのセッションステレオ録音。<br /><br />世紀の名盤である。<a name="amazletlink" target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000001GQ8/furtwangler07-22/ref=nosim/">オリジナルス・シリーズ</a>や、<a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=131139.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252583%252589%2525E3%252583%2525B4%2525E3%252582%2525A9%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252582%2525B6%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525AF%2525E3%252580%252581%2525E3%252582%2525A2%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%252588%2525E3%252583%25258B%2525E3%252583%2525B3%2525EF%2525BC%2525881841-1904%2525EF%2525BC%252589_000000000019851%252Fitem_%2525E3%252583%252589%2525E3%252583%2525B4%2525E3%252582%2525A9%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252582%2525B6%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525AF%2525EF%2525BC%25259A%2525E3%252583%252581%2525E3%252582%2525A7%2525E3%252583%2525AD%2525E5%25258D%252594%2525E5%2525A5%25258F%2525E6%25259B%2525B2%2525E3%252580%252581%2525E3%252583%252581%2525E3%252583%2525A3%2525E3%252582%2525A4%2525E3%252582%2525B3%2525E3%252583%252595%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252582%2525AD%2525E3%252583%2525BC%2525EF%2525BC%25259A%2525E3%252583%2525AD%2525E3%252582%2525B3%2525E3%252582%2525B3%2525E5%2525A4%252589%2525E5%2525A5%25258F%2525E6%25259B%2525B2%2525E3%252580%252580%2525E3%252583%2525AD%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252583%252588%2525E3%252583%2525AD%2525E3%252583%25259D%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525B4%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%252581%2525E3%252580%252581%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525A4%2525E3%252583%2525B3%2525EF%2525BC%252586%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252595%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%2525AB%2525EF%2525BC%252588%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525B0%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252582%2525A4%2525E3%252583%2525A4%2525E3%252583%2525BC%2525EF%2525BC%252589%2525EF%2525BC%252588%2525E9%252599%252590%2525E5%2525AE%25259A%2525E7%25259B%2525A4%2525EF%2525BC%252589_4933228">シングルレイヤーSACD</a><img width="1" height="1" alt="icon" src="http://ad.linksynergy.com/fs-bin/show?id=Ahv2ESFAe9I&bids=131139.1&type=10" />で復刻されている。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;"><a name="amazletlink" target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480425772/furtwangler07-22/ref=nosim/">吉田秀和著 世界の演奏家 ロストロポーヴィチ p.159-168参照</a><br /></span></strong><br /> 書きたいことはほとんど言い尽くされており、さらに、言うまでもないことであるが、私のものより数段素晴らしいものであるので、<a name="amazletlink" target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480425772/furtwangler07-22/ref=nosim/">そちら</a>を参照されたし。端的にいえば、「凶暴な陶酔」だとのこと。私には逆立ちしても出てこない文句である。蛇足覚悟で付け足すなら、「言語に絶すると」評したチェロ協奏曲の方の2楽章は、陶酔そのものであって、前半に登場する管弦楽とチェロが和音をつくりながら下方向に音をスライドする部分は、聴き手も陶酔してしまう。やはり、聴いた方が早いか。<br /><br /> チェロの音が小さいとの評があって、確かにそうで、最初聴いたときは、あり得ないことだが、オーケストラのチェロ独奏かと思ったが、聴いているうちにそんなことはどうでもよくなってくる。<br /><div style="text-align: right;">★★★★★</div><hr size="1" /><br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130613122926.jpg"><img width="250" height="252" border="0" alt="Folder_20130613122926.jpg" src="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130613122926.jpg" /></a><br /><br />・リスト:交響詩「前奏曲」<br />・リスト:ハンガリー狂詩曲2番<br />・スメタナ:交響詩「我が祖国」より、高い城、モルダウ<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000001GQA/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B000001GQA&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22"><img border="0" align="right" alt="" src="http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B000001GQA&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" /></a><img width="1" height="1" border="0" style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B000001GQA" /><br /> 人気のある演奏らしく、<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000001GQA/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B000001GQA&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">オリジナルス</a><img width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B000001GQA" />シリーズから復刻されている。但し、カップリングは若干異なる。<br /> アルバムの内容から察するに、ハンガリーものを掛け合わせたものかと思われる。民族音楽の研究でも有名なバルトークの批判が有名だが、まぁ、それは詳しい人に任せる。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">カラヤンの愛奏曲?</span></strong><br /><br /> 私の興味を引くのはそちらではなくて、カラヤンの選曲にある。カラヤンの70年台の曲目が公開されて、より一層見えてくるのは、カラヤンのリストへの愛着である。大物指揮者がヨハン・シュトラウスを振ると大騒ぎになるが、リストを振ったところで対して話題にはならない。一部の有名曲はたいてい誰もが演奏会の事情から手を出さざるを得ないから話題にならない。また、そもそも、知名度の低い曲は、誰も振らないから話題にもならないのである。<br />そのなかで、カラヤンのリストの管弦楽曲のレパートリーの広さは異常といえる。カラヤンを除くと、最近ベルリン・フィルハーモニーでティーレマンが取り上げたくらいである。ティーレマンの方が辺境度は高かったが、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が取り上げるのはカラヤン以来数十年ぶりであることからも、選曲のこだわりが伝われば幸いである。資料が乏しいので、一年で何回ということは言えないが、感覚的に頻度が少ないのは確かである。<br /><br /> カラヤンが残したリストの楽曲は、ざっと見わたすと、ハンガリー狂詩曲数曲と、前奏曲、交響詩「マゼッパ」、メフィストワルツ、ハンガリー幻想曲、といったところである。ハンガリー狂詩曲の2番は、映像もあったはずで、他に撮るものがあっただろうと思わなくもない。<br />有名曲(なのです)がずらりと並んでいるが、ハンガリー狂詩曲5番なんて、リストが重要なレパートリーであるピアノですら全集を求めないと聴くことができないもので、つまり、無名といっても差し支えない曲である。カラヤンの選曲たまにこういうものがあって面白い。小品にも手を抜かなかったとよく言われるが、実のところはカラヤンが録音演奏したかったから、出来が良いのではないかしら。<br /><strong><span style="font-size:large;"><br />リスト管弦楽曲</span></strong><br /><br /> カラヤンのとった方針は、管弦楽が咆哮する部分がこの曲の聴かせどころとするものであった。和声も作風も違うが、カラヤンが指揮するR.シュトラウスの交響詩のようなもので、なぜかまとまる。これもよくわからないのだが、タンホイザー序曲を聴いている気分になった。<br /> ファンファーレの痛快さや、中間部の甘美で節度ある歌は聴きものであろう。<br /><br /> ハンガリー狂詩曲2番は、リストが諧謔を音楽化したものの中でもっとも成功したものである。こういう言い方をすると、精神性を無視したなどといわれるかもしれないが、酒場の馬鹿騒ぎを音楽化したのは、ほかでもないリストであるし、リスト以外では今のところ誰も成功していない。動物的感興の精神を、否定するのがたやすく、捉えることがいかに難しいかは、リストの周辺の学会を見れば容易にわかる話である。<br />その傑作諧謔音楽を、希代の即興音楽家であるシフラは、そのもちうる語法で曲の核を拡大化した。悪魔ホロヴィッツは、対位法的旋律を追加して、リストの書法に内在する悪魔的側面を最大限に引き出し、諧謔と混在させて酒乱、乱痴気騒ぎを聴き手の脳に直接作用する芸術の域まで昇華させた。芸術家とは恐るべき存在である。<br /><br /> カラヤンのハンガリー狂詩曲は、管弦楽の威力に比してだいぶ大人しい。冒頭の低弦の咆哮からは何が始まるのだろうと思わせるが、渋く初めて踊って終わるという存外常識的な処理に終わるので、上で書いたような期待をもって臨むと肩透かしを食らう。前奏曲ほどに思い入れはないのかもしれない。リストの予測不可能の上下左右への放射を高速で叩き込む威力は私以外にはどう作用するのだろうか。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">我が祖国抜粋</span></strong><br /><br /> このアルバムの中で、出来がよいのは明らかに「我が祖国」の方である。<br />高い城は今回初めて聴いた。カラヤンの手の入れようは、直観では、管弦楽曲のおまけレベルの手の入れようだと感じた。交響詩というよりは、純粋に管弦楽作品のようだった。ただ、これは、この後に控えている屈指の名演かと思わせるモルダウがあるからそう思わせるのかもしれない。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">無から旋律が膨張する</span></strong><br /><br /> カラヤンの大きく息を吸い込むような歌い回しは、類例をみないほどに特徴的である。これは弦楽でしかできない歌でもある。<br /> その歌の威力がいかんなく発揮されているのがこの演奏ではなかろうか。例のアルペジオの中から突如として登場し、私を縛り付けた。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とのものを前に聴いたが、ここまでの誘因力はなかったはずである。<br /> モルダウの音楽づくりも、描写に供する管弦楽の揺り動かしもあって、こういうところに思い入れの差が出るというものである。<br /> 非常に書きにくい演奏だが、60年代のカラヤンの演奏の中でも指折りのものであると思う。<div style="text-align: right;">★★★★★</div><hr size="1" /><br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130415094150.jpg"><img width="250" height="253" border="0" alt="karajan suppe" src="http://blog-imgs-61.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130415094150.jpg" /></a><br />・スッペ:「軽騎兵」序曲<br />・スッペ:「ウィーンの朝・昼・番」序曲<br />・スッペ:「スペードの女王」序曲<br />・スッペ:「美しきガラテア」序曲<br />・スッペ:「怪盗団」序曲<br />・スッペ:「詩人と農夫」序曲<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・<br /><br /> 軽騎兵は、<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/389816263X/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=389816263X&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">エーリッヒ・クライバーがベルリン・フィルハーモニー管弦楽団でこの曲を取り上げて</a><img width="1" height="1" border="0" style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=389816263X" />いたりする。<br /> カラヤンがヨハン・シュトラウスを取り上げたときの処理方法をそのまま適用したような内容。序曲にしては重すぎる。単独で取り上げる場合なら十二分と言った具合である。シンバルも音響効果のための存在ではなくて、音楽の一部なのだ。<br /> それにしても、一部のベートーヴェンの序曲より出来栄えがいいとはどういうことなのか。<div style="text-align: right;">★★★★</div><hr size="1" /><br /><a name="ベートーヴェンエグモント全曲"><br /></a><a target="_blank" href="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130327175437.jpg"><img width="250" height="253" border="0" alt="karajan 60 80" src="http://blog-imgs-54.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20130327175437.jpg" /></a><br /><br />・ソプラノ:グンドゥラ・ヤノヴィッツ<br />・ナレーター:エリック・シェロー<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・1969年1月3-6日、ベルリン、イエス・キリスト教会でのセッションステレオ録音。<br /><br /> カラヤンのエグモント全曲。他には<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B002GQ74K0/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B002GQ74K0&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22">セル、ウィーン・フィルのもの</a><img width="1" height="1" border="0" style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=B002GQ74K0" />が有名。序曲は序曲集の使い回し。録音記録を見ると、正確には、序曲集の方が使い回しである。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">声楽付交響詩</span></strong><br /><br /> ナレーターがほとんどしゃべらないので、ヤノヴィッツが歌う以外はベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏が流れ続ける。というわけで、説明書きは、まぁ、初出時のLPにはついていたのだろうが、基本的には音楽で想像するほかない仕様となっている。これをそのまま受け取ると、交響詩的な仕上がりとなるわけで、もしかしたらこれが狙いだったりするのではないだろうか? とも思えなくもない。カラヤンのこの楽曲への気合の入れようは序曲集のレオノーレやフィデリオとは比べ物にならないし、細部の凝り方も交響曲のそれとは方針が違う。オペラで見られるカラヤンの音楽づくりに近い。<br /><br /> セルのものと比較すると、音楽の存在感にだいぶ違いがあって、セルはBGMであることを基調としているのだが、カラヤンの場合は、音楽主体の劇のようにも感じられてしまうほどに雄弁である。<br /><br /> ヤノヴィッツはセルのローレンガーと比べると、この勇壮な女性の役を演じるにしては線が細いように感じられるが、悪くはない。<br /><div style="text-align: right;">★★★★</div><hr size="1" /><br /><a name="ベートーヴェンウェリントンの勝利"></a><a target="_blank" href="http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_2014070223055180a.jpg"><img width="250" height="253" border="0" alt="Folder_2014070223055180a.jpg" src="http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_2014070223055180a.jpg" /></a> <br /><br />・ベートーヴェン:ウェリントンの勝利<br /><br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br />・セッションステレオ録音。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">ウェリントンの勝利について</span></strong><br /><br /> ウェリントンの勝利という曲は、ベート-ヴェンの存命時には、随分はやったのだが今日においてはすたれてしまった、という枕詞が付きまとう曲であろう。私のこの曲を聴いた率直な感想は、当時どうして成功したのだろう、であった。<br /><br /> 要するに、カラヤンのスペクタクル創出の才をもってしてでも、おもしろくなかったということだ。<br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4003363914/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4003363914&linkCode=as2&tag=furtwangler07-22"><img border="0" align="right" alt="" src="http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=4003363914&Format=_SL160_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=furtwangler07-22" /></a><img width="1" height="1" border="0" style="border:none !important; margin:0px !important;" alt="" src="http://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=furtwangler07-22&l=as2&o=9&a=4003363914" /><br /> ニーチェの『悲劇の哲学』を読んでいたら、次の文章をたまたま見つけた。<br /> 「新ディテュランポスの絵画的音楽、つまり音による絵画的模写では、例の直観で感じるいろいろないとなみも、たちまち神話的性格をはぎとられてしまう。ここでは音楽が現象の模写になりさがってしまし、従って現象そのものよりもさらに無限に貧弱になってしまうのだ。こういう貧弱な音楽は、われわれの感覚からいえば、現象そのものをくだらなく感じさせるだけである。たとえば、戦闘を模写した音楽と言えば、進軍の騒音や合図のひびきなどにつきるのであって、われわれの空想はかえってこういう皮相なことにくぎづけになるだけなのだ。」<br /> こういう一文が目に入るようになる。<br /><br /><hr size="1" /><br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20140828105206eb4.jpg"><img width="300" height="305" border="0" alt="karajan 82" src="http://blog-imgs-63.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/Folder_20140828105206eb4.jpg" /></a><br />・J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲1番<br />・J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲2番<br />・J.S.バッハ:2つノヴァイオリンのための協奏曲<br /><br />・ヴァイオリン、第一ヴァイオリン:クリスティアン・フェラス<br />・第二ヴァイオリン:ミシェル・シュヴァルベ<br /><br />・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">格調高い情熱的バッハ</span></strong><br /><br /> よく響き、和声の移ろいによって情感がつくられ、ロマンティックでさえあるカラヤンのバッハらしくないバッハに、フェラスのおしだしの良い豪快な味が加わるなら、もうバッハではなく、何か別のものになるのではないか?<br /> そういう気分で敬遠していて、今回初めて聴いたが、果たしてそういうところはあった。バッハが情熱的なものをこの曲に封じ込めたことは、たぶん間違いではないのだろうが、それをここまで浮き彫りにされることを想像していただろうか、という気はする。まぁ、私の勝手な推測である。私にそう推測させるのは、これはヴァイオリン協奏曲だが、モーツァルト以降の意味での協奏曲であるのはもちろんのこと、それも飛び越えているからだ。まるでオペラのよう。<br /> 少々やりすぎな感が否めないというわけだが、それにしても、なんというオペラだろう。カラヤンの管弦楽は例によって一種の格調の高さをギリギリで保っている。その上フェラスのソロに当たると、大歌手の登場と言った趣がある。ききごたえは抜群で、協奏曲一番三楽章のうめくような呻吟をきくと毎回のように「こういうものがあってもいい」思う。<br /><br /> このような情熱的な歌(抒情を超えた力強さがある)をバッハの旋律に自然に乗せることができるフェラスという人の無伴奏が無いのは、悔やまれる。と思っていたら、<a target="_blank" href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F3693214%2F%3Fkid%3Dpafvc"><img width="1px" height="1px" border="0" alt="" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" />発掘された</a>。喜ばしいことだ。<div style="text-align: right;">★★★★★</div><hr size="1" /><br /><i><strong><span style="font-size:x-large;">未完、随時更新</span></strong></i><br /><br /><hr size="1" /><br /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a name="amazletlink" target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B007IQWQ88/furtwangler07-22/ref=nosim/"><img alt="Karajan 1960's: the Complete DG Recordings" style="border: none;" src="http://ec2.images-amazon.com/images/I/41G0bs1XlKL._AA300_.jpg" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a name="amazletlink" target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B007IQWQ88/furtwangler07-22/ref=nosim/">Karajan 1960's: the Complete DG Recordings</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a title="Karajan 1960's: the Complete DG Recordings" target="_blank" href="http://www.amazlet.com/browse/ASIN/B007IQWQ88/furtwangler07-22/ref=nosim/">amazlet</a> at 12.11.29</div></div><div class="amazlet-detail">Herbert Von Karajan <br />Deutsche Grammophon (2012-06-26)<br />売り上げランキング: 600</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a name="amazletlink" target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B007IQWQ88/furtwangler07-22/ref=nosim/">Amazon.co.jp で詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1113

クナッパーツブッシュ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のマイスタージンガーが復活か

 ハンス・クナッパーツブッシュによる唯一のワーグナー全曲全幕セッション録音。一幕のみ全曲録音だと有名なワルキューレ第一幕(ステレオ録音)がある。クナッパーツブッシュのワーグナーが、卓越したものであり基準とすら言い得るとされながらも、長らく再発されなかった。Amazon商品詳細TOWER RECORDS商品詳細ページHMV商品詳細ページ出演者・ウィーン国立歌劇場合唱団・ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団・指揮:ハンス・ク... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01MDP6H5E/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51Ei9KjFFOL.jpg" alt="Wagner: Die Meistersinger Von" style="border: none;" width="350" height="300" /></a><br /><br /> ハンス・クナッパーツブッシュによる唯一のワーグナー全曲全幕セッション録音。一幕のみ全曲録音だと有名な<a href="http://amzn.to/2jtB4Qo" target="_blank" title="ワルキューレ第一幕(ステレオ録音)">ワルキューレ第一幕(ステレオ録音)</a>がある。クナッパーツブッシュのワーグナーが、卓越したものであり基準とすら言い得るとされながらも、長らく再発されなかった。<br /><br /><a href="http://amzn.to/2ipZZmc" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4395211%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" width="0" height="1" border="0" alt="" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=314039.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252583%2525AF%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525B0%2525E3%252583%25258A%2525E3%252583%2525BC%2525EF%2525BC%2525881813-1883%2525EF%2525BC%252589_000000000019275%252Fitem_%2525E3%252580%25258E%2525E3%252583%25258B%2525E3%252583%2525A5%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252582%2525AF%2525E3%252581%2525AE%2525E3%252583%25259E%2525E3%252582%2525A4%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252582%2525BF%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525B8%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525AC%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252580%25258F%2525E5%252585%2525A8%2525E6%25259B%2525B2%2525E3%252580%252580%2525E3%252583%25258F%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252582%2525AF%2525E3%252583%25258A%2525E3%252583%252583%2525E3%252583%252591%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252584%2525E3%252583%252596%2525E3%252583%252583%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525A5-%2525E3%252582%2525A6%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252595%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252580%252581%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252582%2525A7%2525E3%252583%252595%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252580%252581%2525E3%252583%252588%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252583%252597%2525E3%252583%252588%2525E3%252582%2525A6%2525E3%252580%252581%2525E4%2525BB%252596-1950-51%2525E3%252580%252580%2525E3%252583%2525A2%2525E3%252583%25258E%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525AB-4CD_7472233" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><br /><h1>出演者</h1><br /><br />・ウィーン国立歌劇場合唱団<br /><br />・ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:ハンス・クナッパーツブッシュ<br /><br />・1950年9月2-9日、1951年9月11-20日、ウィーン、楽友協会大ホールでのセッションモノラル録音。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B013J9XB7C/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51evyTyLPsL.jpg" alt="DIE MEISTERSINGER VON NUE" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B013J9XB7C/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">DIE MEISTERSINGER VON NUE</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 16.11.06</div></div><div class="amazlet-detail">R. WAGNER <br />ORFEO (2015-08-06)<br />売り上げランキング: 17,160</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B013J9XB7C/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1108

シーグフリードソン/シベリウス:交響曲2,5番(ピアノ独奏編曲版)

シベリウス:交響曲 第2番&第5番(ピアノ編曲版) ImportONDINE (2011-08-10)売り上げランキング: 4,650Amazon商品詳細TOWER RECORDS商品詳細ページHMV商品詳細・シベリウス(シーグフリードソン編曲):交響曲2番・シベリウス(カール・エクマン/シーグフリードソンによるピアノ独奏版):交響曲5番・ピアノ:ヘンリ・シーグフリードソン・2011年2月19日、3月15日、フィンランド、ヤルヴェンパー・ホールでのセッションステレオ... <a href="https://www.amazon.co.jp/dp/B0054DLO26/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&linkCode=li3&tag=fuber8454485724-22&linkId=340f737a299f29c46b1c37fe873af65b" target="_blank"><img src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B0054DLO26&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=fuber8454485724-22" alt="" width="300" vspace="5" border="0" align="left" hspace="5" /></a><img src="https://ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=fuber8454485724-22&l=li3&o=9&a=B0054DLO26" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1" border="0" height="1" /><a href="http://amzn.to/2epVsiv" target="_blank" title="シベリウス:交響曲 第2番&第5番(ピアノ編曲版) Import">シベリウス:交響曲 第2番&amp;第5番(ピアノ編曲版) Import</a><br /><br />ONDINE (2011-08-10)<br />売り上げランキング: 4,650<br /><br /><a href="http://amzn.to/2epVsiv" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F2904133%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" width="0" border="0" height="1" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=314039.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252582%2525A6%2525E3%252582%2525B9%2525EF%2525BC%2525881865-1957%2525EF%2525BC%252589_000000000021511%252Fitem_%2525E4%2525BA%2525A4%2525E9%25259F%2525BF%2525E6%25259B%2525B2%2525E7%2525AC%2525AC%2525EF%2525BC%252592%2525E7%252595%2525AA%2525E3%252580%252581%2525E7%2525AC%2525AC%2525EF%2525BC%252595%2525E7%252595%2525AA%2525EF%2525BC%252588%2525E3%252583%252594%2525E3%252582%2525A2%2525E3%252583%25258E%2525E7%252589%252588%2525EF%2525BC%252589%2525E3%252580%252580%2525E3%252583%252598%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525B0%2525E3%252583%252595%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252589%2525E3%252582%2525BD%2525E3%252583%2525B3_4142905" target="_blank" title="HMV商品詳細">HMV商品詳細</a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />・シベリウス(シーグフリードソン編曲):交響曲2番<br />・シベリウス(カール・エクマン/シーグフリードソンによるピアノ独奏版):交響曲5番<br /><br />・ピアノ:ヘンリ・シーグフリードソン<br /><br />・2011年2月19日、3月15日、フィンランド、ヤルヴェンパー・ホールでのセッションステレオ録音。(2番)<br />・2010年10月4,6日、フィンランド、ヤルヴェンパー・ホールでのセッションステレオ録音。(5番)<br /><h4>ピアノ・ソロ編曲について</h4><div style="text-align: justify;"> ピアノ・ソロ編曲を、その非常な渇きを潤さんと待っている人たちがいる。無論そういう人々というのは、ピアニストであって、それも一握りのピアニストである。彼らは、例えば、あの美しい旋律をオーケストラのために費やされているのが気に食わないという人たちであり、他の楽器編成で多大な感動を与えているさまを見て、あの音楽を我がものにしてみたいと考える人々のことである。こういう莫大な欲求も、全くの不可能領域においては起こりえないことであるが、ピアノという音程の支配者たる楽器の王は、不可能を可能にするように見えてしまうものなのだ。それに、先達がいるではないか、フランツ・リストというピアノソロ編曲界の偉大なる覇王が。</div><h4>リスト並みの剛腕と才能を見たか?</h4><div style="text-align: justify;"> フランツ・リストのベートーヴェン交響曲全集ピアノソロ編曲が成功あるいは失敗しているからと言って、シベリウスの交響曲のピアノソロ編曲が成功する保証はどこにもない。私などは、失敗する方の予想を立てていたものである。第一に、シベリウスの交響曲は、横に広がる音響を使う場面が多く、しかもそういう場面は北欧の真っ白な山脈や平原に似て印象的である。第二に、耳だけの判断でも楽器の特性に対する配慮が比較的見られ、当然ピアノがその音色や楽器の音の可能領域をカバーしきれているわけではないので、音を並べただけでは原曲未満とならざるを得ない、交響曲は、ただ巨大なソナタというわけではないのである。第三に、細かい複雑なリズムを随所にちりばめている点があげらよう、同音連打や速い動きに限界のあるピアノでは工夫なしでは、恐ろしく冗長になる。専門家であれば、もっと多くの制限が見出されるだろう。<br /><br /> リストのベートーヴェン交響曲全集編曲は、そういう無理を力技あるいは搦め手で解決して完成にこぎつけたもので、ジャンルの隅だろうと王道だろうと大いなる才能を要するということを端的に物語っている傑作である。編曲者らに、リスト並みの剛腕と才能は見受けられたのか?</div><h4>残念ながら見られなかった。</h4> 編曲の方針は、原曲を忠実になぞるというもの。ピアノで再現するということを第一の目的に掲げ、第二にピアノ音楽としての完成度を高める。ただ、第二の点が、ほとんど考慮されているような印象を受けないのがいけない。対旋律の一本を同じ曲の中から加えてみるとか、同じ型の音型をオクターブごとに上下して変えてみるとか、――もっとも、シベリウスの配した構成の緊密が原因で不可能だったのだろうが――リストのように、思い切ってまったく存在しない音型を挿入するだとか、ここまでの窮余の苦吟がなければ、交響曲の編曲は成功しない。<br /> 演奏は別段不成功というわけでもなかったろうが、音楽は最後まで大交響曲もピアノに戦場を移し替えると随分と穴が増えたという感じから逃れることはできなかった。テンポが、原曲と同等程度の楽章においても冗長だったのである。販売元の自信なさげの紹介文章に、無言を表す「……」に、私の感想と同種の印象がつまっている。<div style="text-align: right;">★★★</div><hr size="1" /><a href="http://blog-imgs-95.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/51Q1afsTnGL.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/51Q1afsTnGL.jpg" alt="51Q1afsTnGL.jpg" width="300" vspace="5" border="0" align="left" hspace="5" height="298" /></a><a href="http://amzn.to/2f41Xsc" target="_blank" title="Jean Sibelius-Piano Transcriptions by Sigfridsson, Henri (2007-10-09) ">Jean Sibelius-Piano Transcriptions by Sigfridsson, Henri (2007-10-09) </a><br /><br />Henri Sigfridsson <br /> Haenssler Classics<br /><br /><a href="http://amzn.to/2eYRMaQ" target="_blank" title="Amazonで詳細を見る">Amazonで詳細を見る</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F2299463%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" width="0" border="0" height="1" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=314039.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252582%2525A6%2525E3%252582%2525B9%2525EF%2525BC%2525881865-1957%2525EF%2525BC%252589_000000000021511%252Fitem_%2525E3%252583%252594%2525E3%252582%2525A2%2525E3%252583%25258E%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252588%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252582%2525AF%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%252597%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525A7%2525E3%252583%2525B3%2525E9%25259B%252586%2525E3%252580%252580%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525B0%2525E3%252583%252595%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252589%2525E3%252582%2525BD%2525E3%252583%2525B3%2525EF%2525BC%252588%2525E3%252583%252594%2525E3%252582%2525A2%2525E3%252583%25258E%2525EF%2525BC%252589_2595031" target="_blank" title="HMV商品詳細">HMV商品詳細</a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
1106

ブーレーズ/イポリトとアリシ

 ブーレーズソニー全集にも含まれていない楽曲がステレオで登場する。 ブフォン論争を絡めた紹介がなされている。ラモーの主張は見たことはないが、ルソーの方は、最近『言語起源論――旋律と音楽的模倣について』として新訳で文庫化された。音楽の起源は、旋律がしゃべり言葉の抑揚から独立して発展したもので、音楽とは旋律のことであるというのが、たぶんルソーの言いたい趣旨である。詩の音楽性という評価項目はルソーによって... <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01M7UJZG9/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Zcea-7kuL.jpg" alt="ラモー : 歌劇 「イポリトとアリシ」 (Rameau : Hippolyte et Aricie / Pierre Boulez | Orchestre national de l'ORTF) [2CD] [Live Recording]" style="border: none;" /></a><br /><br /> ブーレーズソニー全集にも含まれていない楽曲がステレオで登場する。<br /> ブフォン論争を絡めた紹介がなされている。ラモーの主張は見たことはないが、ルソーの方は、最近<a href="http://amzn.to/2fgsXZv" target="_blank" title="『言語起源論――旋律と音楽的模倣について』">『言語起源論――旋律と音楽的模倣について』</a>として新訳で文庫化された。音楽の起源は、旋律がしゃべり言葉の抑揚から独立して発展したもので、音楽とは旋律のことであるというのが、たぶんルソーの言いたい趣旨である。詩の音楽性という評価項目はルソーによっても有名になったのだろう。これは当初ラモー宛の駁論だったが、出版の予定が立ったときにはラモーに対する駁論の体を改めてただの論文とする予定だったらしい。ただし、ルソーの生前には出版されなかった。<br /><br /><a href="http://amzn.to/2fgxrPF" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4381423%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&amp;subid=&amp;offerid=314039.1&amp;type=10&amp;tmpid=1161&amp;RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525A2%2525E3%252583%2525BC-1683-1764_000000000018470%252Fitem_%2525E3%252580%25258E%2525E3%252582%2525A4%2525E3%252583%25259D%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252588%2525E3%252581%2525A8%2525E3%252582%2525A2%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252580%25258F%2525E5%252585%2525A8%2525E6%25259B%2525B2%2525E3%252580%252580%2525E3%252583%252594%2525E3%252582%2525A8%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252596%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525BA-%2525E3%252583%252595%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525B9%2525E5%25259B%2525BD%2525E7%2525AB%25258B%2525E6%252594%2525BE%2525E9%252580%252581%2525E7%2525AE%2525A1%2525E3%252580%252581%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252582%2525A7%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%2525A4%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252580%252581%2525E3%252582%2525B8%2525E3%252582%2525A7%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252587%2525E3%252583%2525A5%2525E3%252583%25258A%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252580%252581%2525E4%2525BB%252596-1964%2525E3%252580%252580%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252583%252586%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252582%2525AA-2CD_7409935" target="_blank" title="HMV商品詳細">HMV商品詳細</a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00JAOK44O/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61cnafW8FUL.jpg" alt="Pierre Boulez: The Complete Columbia Album Collection" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00JAOK44O/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Pierre Boulez: The Complete Columbia Album Collection</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 16.10.29</div></div><div class="amazlet-detail">Pierre Boulez <br />Sony Classical (2014-10-14)<br />売り上げランキング: 4,610<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00JAOK44O/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1071

ケンペ/ニーベルングの指環 [1961年、バイロイト音楽祭]

 帯には「1960年バイロイト音楽祭」とあったが、正しくは1961年。私も1962年と随分長い間誤表記していたので人のことは言えないのだが。――混乱を引き起こしたことお詫び申し上げます。Amazon商品詳細TOWER RECORDS商品詳細ページHMV商品詳細ページルドルフ・ケンペは無理をしない 1961年の『ニーベルングの指環』は、前年に引き続きケンペが指揮を担当した。ケンペの指環は、1960年の『ワルキューレ』(ヴィントガッセンが不調の... <a href="http://blog-imgs-95.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/4562240282340.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/4562240282340.jpg" alt="4562240282340.jpg" width="400" border="0" height="343" /></a><br /><br /> 帯には「1960年バイロイト音楽祭」とあったが、正しくは1961年。私も1962年と随分長い間誤表記していたので人のことは言えないのだが。――混乱を引き起こしたことお詫び申し上げます。<br /><br /><a href="http://amzn.to/2epY2Z1" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4342625%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" width="0" border="0" height="1" alt="" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=314039.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252583%2525AF%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525B0%2525E3%252583%25258A%2525E3%252583%2525BC%2525EF%2525BC%2525881813-1883%2525EF%2525BC%252589_000000000019275%252Fitem_%2525E3%252580%25258E%2525E3%252583%25258B%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525B0%2525E3%252581%2525AE%2525E6%25258C%252587%2525E7%252592%2525B0%2525E3%252580%25258F%2525E5%252585%2525A8%2525E6%25259B%2525B2%2525E3%252580%252580%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%252589%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%252595%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252582%2525B1%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%25259A-%2525E3%252583%252590%2525E3%252582%2525A4%2525E3%252583%2525AD%2525E3%252582%2525A4%2525E3%252583%252588-1961%2525E3%252580%252580%2525E3%252583%2525A2%2525E3%252583%25258E%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525AB-13CD_7272323%253Fsite%253Dmailmagart%2526utm_source%253Dmoa160824sa%2526utm_medium%253Dother" target="new">HMV商品詳細ページ</a><br /><img alt="icon" src="http://ad.linksynergy.com/fs-bin/show?id=Ahv2ESFAe9I&bids=314039.1&type=10" width="1" height="1" /><hr size="1" /><br /><br /><h4>ルドルフ・ケンペは無理をしない</h4><br /><br /> 1961年の『ニーベルングの指環』は、前年に引き続きケンペが指揮を担当した。ケンペの指環は、1960年の『ワルキューレ』(ヴィントガッセンが不調の公演)と、『ジークフリード』で知っていて、不注意で「楽譜通りで自然体な」と口走ってしまいそうな指揮ぶりが特徴である。ワーグナーの楽劇は、実演上の制限や大指揮者の個性によって大きくその姿を変え、その領域は、まこと神話らしい風格と格調の世界から、あまりに人間的で極端な心理主義的世界までさまざまだ。無論それらは、素描から仕上げまで、音楽面での手心によるのだが、その点指揮者は手加減という言葉を知らないらしい。ワーグナーの楽劇を聴くということは、一人の指揮者を知るようなものなのである。あらゆる協調と不均衡の嵐の連続から、その一方で、どうもあり得そうもない、心地よい冷たい肌触りの清流みたいなワーグナーまである。無論、ワーグナーの楽劇の柔軟な多彩な傑作がこれを許すのである。ケンペのワーグナーは、この中では特異なといえるのではないだろうか?<br /> <br /><h4>「ケンペのキャリアは木管奏者から始まった」</h4><br /><br /> もう亡くなって数十年たつのだが、ケンペの人の良さはいまだ有名なようである。それがどのように音楽(広い意味での仕事の技術)に反映されているかについては、明らかにしようがないのだが、もう一つ有名な話は、ちょっと趣が違う。どうやら、彼はオーケストラの木管奏者から指揮者に転向したらしい(このように、私のケンペの伝記的事実に関する知識は話にならない)。「なるほど、彼の音楽は木管の使い方に特徴がある」とは、ちょっと書きたくない安直さを帯びた三段論法であるが、ことケンペに限っては我慢しなければなるまい。<br /> 最近、2016年にリマスターを経て再発されたベートーヴェン交響曲全集を聴いて、私は楽聖の音楽のエネルギーを確認した次第なのだが、加えて、ケンペの指揮の方向性のようなものもよく表れていたようにも思われた。ベートーヴェンの書き方の問題もあって弦と金管と打楽器の嵐の中に埋もれてほとんど聞こえなかった木管たちの救出を図っていたのは明らかで、あれだけ聴こえたのは、ほとんどブラームスを思い出させるティーレマンの全集以来であった。ケンペとティーレマンの違いは、オーケストラの違いを考慮しなければ、前者が低速と風格あるいは歌に必ずしもこだわらない、さっぱりとした音楽を念頭に置くというところにあったといえよう。ところで、木管の復権は、弦、金管、打楽器の音量上の地位を相対的に下げることで実現しなければならない。かつて大指揮者たちが聴衆を圧倒した豪奢な強烈にしびれさす油絵風の色彩の世界は、特段木管楽器群の援助を想定していないのであり、その中で非力な木管楽器群の素晴らしさを維持しつつ、音楽制作に取り組むうえで、見出しうる解決策といえば、今のところ二つ。ティーレマン(この人はそもそもいろんな音を一挙に鳴らすのが好きである)のように低速と風格、そして歌によるロマンティシズムの充溢を図るか、あるいは、もとよりコンパクトで軽量級こそが音楽の根本性質であるというところから再出発するか。<br /><br /> 一つ上の段の話にも関連するのだが、彼の音楽の無理をしない性質は、この木管楽器への愛着が発明した窮余の政策であったのかもしれない。<br /> <br /><h1>ラインの黄金</h1><br />・ヴォータン:ジェームズ・ハインズ<br />・ドンナー:トーマス・スチュアート<br />・フロー:デヴィット・ソウ<br />・フリッカ:レジーナ・レズニック<br />・フライア:ヴィルマ・シュミット<br />・ローゲ:ゲルハルト・シュトルツェ<br />・エールダ:マルガ・ヘフゲン<br />・アルベリヒ:オタカール・クラウス<br />・ミーメ:ヘロルト・クラウス<br />・ファーゾルト:ディヴィット・ウォード<br />・ファフナー:ペーター・ロート=エーラング<br />水の精ラインの娘たち<br />・ヴォークリンデ:インゲボルク・フェルデラー<br />・ヴェルグンデ:エリザベート・シュタイナー<br />・フロースヒルデ:エリザベート・シュトルツェ<br /><br />・バイロイト祝祭管弦楽団<br /><br />・指揮:ルドルフ・ケンペ<br /><br />・1961年7月、バイロイト祝祭劇場でのモノラルライヴ録音。<br /><br /><br /><br /><br /><br /> <br /><h1>ワルキューレ</h1><br />・ヴォータン:ジェローム・ハインズ<br />・フリッカ:レジーナ・レズニック<br />・ジークムンド:フリッツ・ウール<br />・ジークリンデ:レジーヌ・クレスパン<br />・フンディング:ゴットローブ・フリック<br />・ブリュンヒルデ:アストリッド・ヴァルナイ<br />ワルキューレたち<br />・ヘルムヴィーゲ:インゲボルグ・フェルデラー<br />・オルトリンデ:ヴィルマ・シュミット<br />・ゲールヒルデ:ゲルトラウト・ホップ<br />・ヴァルトラウテ:グレース・ホフマン<br />・ジークルーネ:グレース・ホフマン<br />・ロスヴァイゼ:ルート・ヘッセ<br />・グリムゲルデ:エリザベート・シュタイナー<br />・シュヴェルトライテ:リロ・ブロックハウス<br /><br />・バイロイト祝祭管弦楽団<br /><br />・指揮:ルドルフ・ケンペ<br /><br />・1961年7月、バイロイト祝祭劇場でのモノラルライヴ録音。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01CRKPSEI/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51lDA9HFFhL.jpg" alt="Wagner: Der Meistersinger Von" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01CRKPSEI/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Wagner: Der Meistersinger Von</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 16.08.24</div></div><div class="amazlet-detail">Staatskapelle Dresen Kempe <br />Profil (2016-09-09)<br />売り上げランキング: 5,196</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01CRKPSEI/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
  • Date : 2016-10-23 (Sun)
  • Category : ケンペ
1099

ティーレマン/ブルックナー:交響曲4番「ロマンティック」

 2015年5月23日のバーデンバーデン音楽祭の公演を収録。ティーレマンのロマンティックは、これで3作目。既にミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団とのものとベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とのものがある。後者はすごくよかったので、シュターツカペレ・ドレスデンとのものは、折り紙つきと言えましょう。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団では、ミサ曲の第3番の披露が予定されている。TOWER RECORDS商品詳細ページHMV商... <a href="http://blog-imgs-95.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/814337013264.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/814337013264.jpg" alt="814337013264.jpg" width="317" border="0" height="400" /></a><br /><br /> 2015年5月23日のバーデンバーデン音楽祭の公演を収録。ティーレマンのロマンティックは、これで3作目。既にミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団とのものと<a href="https://www.digitalconcerthall.com/ja/concert/2537" target="_blank" title="ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とのもの">ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とのもの</a>がある。後者はすごくよかったので、シュターツカペレ・ドレスデンとのものは、折り紙つきと言えましょう。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団では、<a href="https://www.digitalconcerthall.com/ja/concert/23465" target="_blank" title="ミサ曲の第3番の披露">ミサ曲の第3番の披露</a>が予定されている。<br /><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4362455%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" width="0" border="0" height="1" alt="" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&amp;subid=&amp;offerid=314039.1&amp;type=10&amp;tmpid=1161&amp;RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252583%252596%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%252583%2525E3%252582%2525AF%2525E3%252583%25258A%2525E3%252583%2525BC-1824-1896_000000000019429%252Fitem_%2525E4%2525BA%2525A4%2525E9%25259F%2525BF%2525E6%25259B%2525B2%2525E7%2525AC%2525AC4%2525E7%252595%2525AA%2525E3%252580%25258E%2525E3%252583%2525AD%2525E3%252583%25259E%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%252586%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%252583%2525E3%252582%2525AF%2525E3%252580%25258F%2525E3%252580%252580%2525E3%252582%2525AF%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252583%252586%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252582%2525A2%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252586%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252583%25259E%2525E3%252583%2525B3-%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525A5%2525E3%252582%2525BF%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252584%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%25259A%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252589%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252583%252587%2525E3%252583%2525B3_7351106" target="_blank" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B019MX8GD8/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51OuNpRDBgL.jpg" alt="Bruckner: Symphony No. 9 [Blu-ray] [Import]" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B019MX8GD8/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Bruckner: Symphony No. 9 [Blu-ray] [Import]</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 16.10.09</div></div><div class="amazlet-detail">C Major (2016-01-29)<br />売り上げランキング: 205,605</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B019MX8GD8/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1088

ハンガリーのリヒテル

 ハンガリー国立放送局に保管されているリヒテルが関わった演奏会(ソロ、協奏曲、歌曲伴奏)の音源をまとめたボックスセット。 放送局蔵出し音源の流行によってリヒテルのディスコグラフィーが大幅に拡大していて、スタジオ収録音源の数を席巻する勢いである。そうはいっても、やはりスタジオ収録の録音を試してみてから、ライヴ録音の収集に入るのが常道といえようから、リヒテルの入門としては、ちょっと敷居の高いセットかも... <div style="text-align: center;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00354XVO0/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51n2wZZ-BLL.jpg" alt="Richter in Hungary" style="border: none;" /></a></div><br /><br /> ハンガリー国立放送局に保管されているリヒテルが関わった演奏会(ソロ、協奏曲、歌曲伴奏)の音源をまとめたボックスセット。<br /><br /> 放送局蔵出し音源の流行によってリヒテルのディスコグラフィーが大幅に拡大していて、スタジオ収録音源の数を席巻する勢いである。そうはいっても、やはりスタジオ収録の録音を試してみてから、ライヴ録音の収集に入るのが常道といえようから、リヒテルの入門としては、ちょっと敷居の高いセットかもしれない。リヒテルというピアニストがどういう音楽をするか知っている人には、ライヴのリヒテルを知る格好のセットといえましょう。バッハからシマノフスキまで揃っている。<br /><br /><a href="http://amzn.to/2dtrRaX" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F2687286%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=314039.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252583%252594%2525E3%252582%2525A2%2525E3%252583%25258E%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252582%2525B3%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525B5%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252588_000000000230513%252Fitem_%2525E3%252583%25258F%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525AC%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252581%2525AE%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%252592%2525E3%252583%252586%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252580%252580%2525EF%2525BC%252591%2525EF%2525BC%252599%2525EF%2525BC%252595%2525EF%2525BC%252594%2525E2%252588%252592%2525EF%2525BC%252591%2525EF%2525BC%252599%2525EF%2525BC%252599%2525EF%2525BC%252593%2525EF%2525BC%252588%2525EF%2525BC%252591%2525EF%2525BC%252594%2525EF%2525BC%2525A3%2525EF%2525BC%2525A4%2525EF%2525BC%252589_3785029" target="new">HMV商品詳細ページ</a><br /><img alt="icon" width="1" height="1" src="http://ad.linksynergy.com/fs-bin/show?id=Ahv2ESFAe9I&bids=314039.1&type=10"><br /><br /><strong><span style="font-size:large;">東欧の古都とリヒテル</span></strong><br /><br /> 第一次大戦以来、共産主義政権の樹立に革命と、荒れに荒れていたハンガリーの内政は、数年にわたって続いた東西冷戦体制の構築という第二次世界大戦の余震の中で、1947年に共和国として落ち着いた。当時はワルシャワ条約機構加盟国のいわゆる東側諸国の一つである。山川出版社の『世界史総合図録』によると、1956年にハンガリー事件と呼ばれる反ソ内乱が勃発したらしい。「スターリンの肖像画を焼き捨てるブダペスト市民」と紹介されている写真がある。国内の平安は一筋縄ではいかなかったようだ。<br /><br /> 1960年アメリカデビュー前のリヒテルの西側での活動といえば、レコードを作ることくらいで、専ら東側の鉄のカーテンの向こう側のピアニストとして活躍していた。ハンガリーの古都ブダペストは、東側演奏旅行の定番の土地だったらしく、上で書いたような事件が起こらなければたいてい寄っていたようだ。西側で演奏を披露するようになってからも、頻繁に演奏会を取り行っている。このボックスセットは、その記録を集めたものである。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">ライヴのリヒテル</span></strong><br /><br /> 速い曲をやる時のライヴのリヒテルは、出だし次第みたいなところがある。聴いてみるとわかるのだが、始め一小節に食って掛かった勢いで終始線まで走り抜けようとする、それが彼自身の思ったところよりも早すぎようとも。完全にイノシシである。楽曲中にテンポの再調整がきくようなところがあっても、それをしないで突っ切ろうとするのだ。できるからよいという話ではなくて、ただ剛速球ばりの通過は、なるほど観客に緊張感をもたらすけれども、緊張をもたらすにあたっては楽曲を問うまい。セッション録音はやり直しがきくから、一般に一段階くらい早いテンポでも常日頃から描いているテンポで走り抜けるので、異様に緊張感のある場面に出くわすことはないけれども、出くわさない方がよいのである。落ち着きこそが音楽だと言いたいわけではない。<br /><br /> 急がない曲に関しては、何も言うことはない。リヒテルの単音は、世の中無限に存在する無限の音響から、選りに選りすぐった音それが水滴が水面に落ちるようにコンサートホールに広がる。和音は、稲光のように輝き轟く。<br /> <br /><hr size="1" /><strong><span style="font-size:large;">1954年3月10日</span></strong><br /><br />・シューマン:ピアノ協奏曲<br />・ブラームス:間奏曲作品118-1<br />・ブラームス:間奏曲作品118-6<br />・J.S.バッハ:平均律クラヴィア―曲集第一巻<br /><br />・ピアノ:スヴャトスラフ・リヒテル<br /><br />・ハンガリー国立管弦楽団<br /><br />・指揮:<br /><br />・1954年3月10日、モノラルライヴ録音。<br /><br /> <br /><hr size="1" /><strong><span style="font-size:large;">1954年3月24日</span></strong><br /><br />・プロコフィエフ:ピアノソナタ8番<br />・ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ<br />・ラヴェル:夜のガスパールよりギベット<br />・ラヴェル:高雅で感傷的なワルツ<br />・ラヴェル:組曲「鏡」より「道化師の朝」<br /><br />・ピアノ:スヴャトスラフ・リヒテル<br /><br />・1954年3月24日、モノラルライヴ録音。<br /><br /><br /> <br /><hr size="1" /><strong><span style="font-size:large;">1958年</span></strong><br /><br />・シューベルト:ピアノソナタ<br />・シューマン:トッカータ<br />・シューベルト:楽興の時D750-1<br />・リスト:二つの演奏会練習曲より「小人の踊り」<br />・リスト:忘れられたワルツ1番<br />・リスト:忘れられたワルツ2番<br />・リスト:忘れられたワルツ3番<br />・ドビュッシー:<br />・ドビュッシー:<br /><br />・ピアノ:スヴャトスラフ・リヒテル<br /><br />・ソプラノ:<br /><br />・<br /><br /> <br /><hr size="1" /><br />・ベートーヴェン:ピアノソナタ<br />・シューベルト:三つのピアノ小品D946<br />・シューベルト:さすらい人幻想曲D760<br /><br />・ピアノ:スヴャトスラフ・リヒテル<br /><br />・モノラルライヴ録音。<br /><br /><br /> <br /><br /><hr size="1" /><br />・メンデルスゾーン:無言歌<br />・ショパン:夜想曲1番<br />・ドビュッシー:イメージ第一巻<br />・ドビュッシー:ハイドン頌<br />・ショパン:ワルツ作品34-3<br />・ショパン:ワルツ作品70<br />・ショパン:マズルカ作品63-3<br />・ショパン:マズルカ作品67-3<br />・ショパン:マズルカ作品68-3<br />・ショパン:マズルカ遺作<br />・シューベルト:ピアノソナタ<br /><br />・ピアノ:スヴャトスラフ・リヒテル<br /><br />・ステレオライヴ録音。<br /><br /><br /> <br /><br /><hr size="1" /><br />・ベートーヴェン:ピアノソナタ1番<br />・ベートーヴェン:ピアノソナタ<br />・ベートーヴェン:ピアノソナタ<br />・ベートーヴェン:ピアノソナタ<br /><br />・ピアノ:スヴャトスラフ・リヒテル<br /><br />・ステレオライヴ録音。<br /><br /> リヒテルの初期ベートーヴェン・プログラム。<br /><br /> <br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01JDODEEW/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61oFatdVHuL.jpg" alt="Various: Complete Hmv & Teldec" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01JDODEEW/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Various: Complete Hmv &amp; Teldec</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 16.09.25</div></div><div class="amazlet-detail">Sviatoslav Richter <br />Warner Classics (2016-10-21)</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01JDODEEW/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1041

ベーム/ベートーヴェン:交響曲9番「合唱」

 メロ・クラシック・レーベルより、ベームの初出音源とのこと。販売元によれば放送用録音で、収録日は以下の通り4月18だが、「まったく同じ面々で2日後の4月20日、ヒトラーの誕生日を祝う演奏会を催しています」とあるから、4月20日に放送されたものかと思われる。TOWER RECORDS商品詳細ページHMV商品詳細ページ曲目・ベートーヴェン:交響曲9番「合唱」・ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団・指揮:カール・ベーム・1944年4月1... <a href="http://blog-imgs-95.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/870.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-95.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/870.jpg" alt="870.jpg" border="0" width="400" height="353" /></a><br /><br /> メロ・クラシック・レーベルより、ベームの初出音源とのこと。販売元によれば放送用録音で、収録日は以下の通り4月18だが、「まったく同じ面々で2日後の4月20日、ヒトラーの誕生日を祝う演奏会を催しています」とあるから、4月20日に放送されたものかと思われる。<br /><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4329607%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=314039.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252588%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525B4%2525E3%252582%2525A7%2525E3%252583%2525B3%2525EF%2525BC%2525881770-1827%2525EF%2525BC%252589_000000000034571%252Fitem_%2525E4%2525BA%2525A4%2525E9%25259F%2525BF%2525E6%25259B%2525B2%2525E7%2525AC%2525AC9%2525E7%252595%2525AA%2525E3%252580%25258E%2525E5%252590%252588%2525E5%252594%2525B1%2525E3%252580%25258F%2525E3%252580%252580%2525E3%252582%2525AB%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525A0-%2525E3%252582%2525A6%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252583%252595%2525E3%252582%2525A3%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252580%252581%2525E3%252582%2525BC%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252595%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252588%2525E3%252580%252581%2525E3%252583%252587%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525A2%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525BF%2525E3%252580%252581%2525E4%2525BB%252596-1944_7232870" target="new">HMV商品詳細ページ</a><br /><img alt="icon" width="1" height="1" src="http://ad.linksynergy.com/fs-bin/show?id=Ahv2ESFAe9I&bids=314039.1&type=10"><br /><h1>曲目</h1><br />・ベートーヴェン:交響曲9番「合唱」<br /><br />・ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団<br /><br />・指揮:カール・ベーム<br /><br />・1944年4月18日、ウィーン、楽友協会大ホールでのモノラルライヴ録音。<br /><br /> 観衆ノイズ、拍手無し。<br /><a target="_blank" href="http://blog-imgs-95.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/13124802_1030543137016353_2305862852972043572_n.jpg"><img border="0" align="right" width="250" height="229" alt="13124802_1030543137016353_2305862852972043572_n.jpg" src="http://blog-imgs-95.fc2.com/m/u/s/musikvereinarchiv/13124802_1030543137016353_2305862852972043572_n.jpg" /></a> 音質は、同時代の放送用音源の水準並み。<a href="http://musikvereinarchiv.blog.fc2.com/blog-entry-928.html" target="_blank" title="フルトヴェングラーのヒトラーの第九">フルトヴェングラーのヒトラーの第九</a>よりは良い。<br /><br /> 演奏は抜群で、ベームの第九の中では運動の大きい部類に入る。第四楽章だと、例の「歓喜の歌」の直前のフガートがフルトヴェングラーやカラヤンがとっているようなテンポで切り抜けている。これは他では全然見られない。「歓喜の歌」はベームの例によって遅く取られていて、ちょうどフガートの倍くらいのテンポで現れるからくりで、この部分をクライマックスとしたい人には充実した聴体験となるだろう。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div style="margin-bottom:0px;" class="amazlet-box"><div style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;" class="amazlet-image"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00E59ZROG/furtwangler07-22/ref=nosim/"><img width="300" height="300" style="border: none;" alt="Collectors Edition: Symphonies Nos. 1-9/5 Overture" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Xqdu5NGuL.jpg" /></a></div><div style="line-height:120%; margin-bottom: 10px" class="amazlet-info"><div style="margin-bottom:10px;line-height:120%" class="amazlet-name"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00E59ZROG/furtwangler07-22/ref=nosim/">Collectors Edition: Symphonies Nos. 1-9/5 Overture</a><div style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%" class="amazlet-powered-date">posted with <a target="_blank" title="amazlet" href="http://www.amazlet.com/">amazlet</a> at 16.05.01</div></div><div class="amazlet-detail">L.V. Beethoven <br />Deutsche Grammophon (2013-10-22)<br />売り上げランキング: 14,904</div><div style="float: left;" class="amazlet-sub-info"><div style="margin-top: 5px" class="amazlet-link"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00E59ZROG/furtwangler07-22/ref=nosim/">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div style="clear: left" class="amazlet-footer"></div></div>
  • Date : 2016-09-23 (Fri)
  • Category : ベーム
1061

ジャニス/バイロン・ジャニスRCA全集

 バイロン・ジャニスのRCA全集。バイロン・ジャニスは、アメリカのピアニスト。関節炎の関係か、現在はほとんど活動をしていないらしい。軽薄な言い方をすれば、忘れ去られていたピアニストの一人である。今回全集が組まれたことによって、その真価が広く知れ渡ることになろう。Amazon商品詳細TOWER RECORDS商品詳細ページHMV商品詳細ページはじめはホロヴィッツの弟子として 伝記によれば、ホロヴィッツの弟子は公式非公式を含... <div style="text-align: center;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00AK3X3DI/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/518E%2B5Tde-L.jpg" alt="Byron Janis Complete Album Collection" style="border: none;" /></a></div><br /><br /> バイロン・ジャニスのRCA全集。バイロン・ジャニスは、アメリカのピアニスト。関節炎の関係か、現在はほとんど活動をしていないらしい。軽薄な言い方をすれば、忘れ去られていたピアニストの一人である。今回全集が組まれたことによって、その真価が広く知れ渡ることになろう。<br /><br /><a title="Amazon商品詳細" target="_blank" href="http://amzn.to/2d37L5o">Amazon商品詳細</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F3195726%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=314039.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252583%252594%2525E3%252582%2525A2%2525E3%252583%25258E%2525E4%2525BD%25259C%2525E5%252593%252581%2525E9%25259B%252586_000000000017977%252Fitem_%2525E3%252583%252590%2525E3%252582%2525A4%2525E3%252583%2525AD%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252582%2525B8%2525E3%252583%2525A3%2525E3%252583%25258B%2525E3%252582%2525B9%2525EF%2525BC%25258F%2525E3%252582%2525B3%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252583%252597%2525E3%252583%2525AA%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252588%2525E3%252583%2525BB%2525EF%2525BC%2525B2%2525EF%2525BC%2525A3%2525EF%2525BC%2525A1%2525E3%252582%2525A2%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%252590%2525E3%252583%2525A0%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252582%2525B3%2525E3%252583%2525AC%2525E3%252582%2525AF%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525A7%2525E3%252583%2525B3%2525EF%2525BC%252588%2525EF%2525BC%252591%2525EF%2525BC%252591%2525EF%2525BC%2525A3%2525EF%2525BC%2525A4%2525EF%2525BC%25258B%2525EF%2525BC%2525A4%2525EF%2525BC%2525B6%2525EF%2525BC%2525A4%2525EF%2525BC%252589_5283755" target="new">HMV商品詳細ページ</a><br /><img alt="icon" width="1" height="1" src="http://ad.linksynergy.com/fs-bin/show?id=Ahv2ESFAe9I&bids=314039.1&type=10"><br /><br /><hr size="1" /><strong><span style="font-size:large;">はじめはホロヴィッツの弟子として</span></strong><br /><br /> 伝記によれば、ホロヴィッツの弟子は公式非公式を含めると膨大な数に上ったらしいが、この人嫌いのピアニストが公式に弟子をとったのは、三人だったそうだ。バイロン・ジャニスはその中の一人である。はっきり言って、私はそれ以上に彼(彼ら)のことを知らないのである。ホロヴィッツという大ピアニストは、新人の育成には大きな功績を残さなかったようだ。<br /><br /> もっとも、学校とコンクールの製造ラインで今日も出荷される量産型ピアニストとは、表現の自由の幅一つとっても比較にならない逸材である。活躍が先細ったのは、いろいろと原因があろうが、一つは時代が悪かったのである。ロマン派の隆盛は、ニューヨークにてその絶頂に達したのだが、その立役者が他でもないホロヴィッツであった。当時のピアニストとしての成功は、ホロヴィッツになることだっただろう、そしてしれはロマン派の首領となることと、ほとんど同義だっただろう。「ホロヴィッツ風」などという言葉すら批評欄にはあったことだろう。誰もかれも彼の後継者を務めようとしていたのは、なんとなくわかるのである。それで、みんな消えてしまった。ホロヴィッツの影からとうとう逃れることができなかったのである。<br /><br /><blockquote><p>「さあ! 世の中へ出てミステイクをやってきたまえ! でもそれでいいんだ。君のミスだからさ。君自身のミスでなければならない。君の音楽で何かを言ってきたまえ。何でもいいのさ、“これが君だ”という何かをね」</p></blockquote><br /> このホロヴィッツの言葉を、世間は励ましととらえているようだが誤りだ。彼は芸術家としての処世術を言っているのである。思えば、ホロヴィッツもまた第二のアントン・ルービンシュタインから出発したのだった。<br /><br /><br /><br /><h1>ベートーヴェン”テンペスト”ソナタ</h1><br /><br />・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ17番「テンペスト」<br />・シューベルト:即興曲 変ホ長調 D.899-2, Op.90-2<br /><br />・ピアノ:バイロン・ジャニス<br /><br /><br /><hr size="1" /><br />・ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー<br />・グローフェ:組曲「グランド・キャニオン」より(赤い砂漠/山道を行く/豪雨)<br /><br />・ピアノ:バイロン・ジャニス<br /><br />・ヒズ・オーケストラ<br /><br />・指揮:ユーゴ・ウィンターハルター<br /><br />・<br /><br /><hr size="1" /><br /><br />・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ21番「ワルトシュタイン」<br />・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ30番<br /><br />・ピアノ:バイロン・ジャニス<br /><br />・<br /><br /><hr size="1" /><br /><br />・ショパン:ピアノ・ソナタ2番「葬送」<br />・ショパン:即興曲1番<br />・ショパン:練習曲作品10-5「黒鍵」<br />・ショパン:マズルカ47番<br />・ショパン:スケルツォ3番<br /><br />・ピアノ:バイロン・ジャニス<br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><strong><span style="font-size:large;">青きドナウと名品集</span></strong><br /><br />・ヨハン・シュトラウス2世(シュルツ=エブラー、ジャニス編):「美しく青きドナウ」による演奏会用アラベスク<br />・ブラームス:ワルツ15番<br />・ブラームス:ワルツ1番<br />・ブラームス:ワルツ2番<br />・ブラームス:ワルツ6番<br />・ショパン:ワルツ3番「華麗なる円舞曲」<br />・ショパン:ワルツ14番<br />・ショパン:バラード1番<br />・ショパン:練習曲作品10-8<br />・リスト:「愛の夢」3番<br />・リスト:ハンガリー狂詩曲6番<br /><br />・ピアノ:バイロン・ジャニス<br /><br />・1952年8月20日、ニューヨーク、タウンホールでのセッションモノラル録音。(ドナウ、バラード)<br />・1952年22日、ニューヨーク、タウンホールでのセッションモノラル録音。(ブラームスのワルツ)<br />・1952年8月ニューヨーク、タウンホールでのセッションモノラル録音。(バラード以外のショパン、リスト)<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><br />・ラフマニノフ:ピアノ協奏曲1番<br />・R.シュトラウス:ブルレスケ<br /><br />・ピアノ:バイロン・ジャニス<br /><br />・シカゴ交響楽団<br /><br />・指揮:フリッツ・ライナー<br /><br /><hr size="1" /><br /><br />・ラフマニノフ:ピアノ協奏曲3番<br /><br />・ボストン交響楽団<br /><br />・指揮:シャルル・ミュンシュ<br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><br />・ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」(1958年録音)<br />・リスト:超絶技巧練習曲10番<br />・リスト:ヴェルディの『リゴレット』による演奏会用パラフレーズ<br /><br />・ピアノ:バイロン・ジャニス<br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><br />・リスト:死の舞踏 S.126<br />・ラフマニノフ:ピアノ協奏曲1番<br /><br />・ピアノ:バイロン・ジャニス<br /><br />・シカゴ交響楽団<br /><br />・指揮:フリッツ・ライナー<br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><br />・シューマン:ピアノ協奏曲<br />・リスト:死の舞踏 S.126<br /><br />・ピアノ:バイロン・ジャニス<br /><br />・シカゴ交響楽団<br /><br />・指揮:フリッツ・ライナー<br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><span style="font-size:large;"><strong>初期録音集</strong></span><br /><br />・J.S.バッハ(リスト編):前奏曲とフーガ イ短調<br />・ショパン:練習曲作品10-3「別れの曲」<br />・ショパン:練習曲作品25-3<br />・ショパン:練習曲作品10-5黒鍵」<br /><br />・ピアノ:バイロン・ジャニス<br /><br /><hr size="1" /><span style="font-size:large;"><strong>DVD</strong></span><br />・ピーター・ローゼン制作によるドキュメンタリー『バイロン・ジャニス・ストーリー』<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00UOFCPQI/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51kWX2srbqL.jpg" alt="THE CONCERTO & SOLO RECORDINGS" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00UOFCPQI/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">THE CONCERTO &amp; SOLO RECORDINGS</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 16.07.22</div></div><div class="amazlet-detail">EUGENE ISTOMIN <br />SONNY CLASSIC (2015-12-11)<br />売り上げランキング: 24,374</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00UOFCPQI/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1087

クナッパーツブッシュ/ニーベルングの指環 [1957年,バイロイト音楽祭]

 1957年8月バイロイト音楽祭で催された、クナッパーツブッシュの指揮による『ニーベルングの指環』が、DSDリマスター、SACDハイブリッド仕様で登場。使用音源は、放送局のものではなく、初めてレコードとして世に出回ったときに使用されたマスターテープとのことです。詳しくは、商品詳細ページをご覧ください。TOWER RECORDS商品詳細ページAmazon商品詳細HMV商品詳細ページラインの黄金ワルキューレジークフリード神々の黄昏ワー... <div style="text-align: center;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LTHLDJ4/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51ls1qYlSeL.jpg" alt="ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Hans Knappertsbush, Bayreuther Festspiele, 1957) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]" style="border: none;" /></a></div><br /><br /> 1957年8月バイロイト音楽祭で催された、クナッパーツブッシュの指揮による『ニーベルングの指環』が、DSDリマスター、SACDハイブリッド仕様で登場。使用音源は、放送局のものではなく、初めてレコードとして世に出回ったときに使用されたマスターテープとのことです。詳しくは、商品詳細ページをご覧ください。<br /><br /><a rel="nofollow" target="_blank" href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4355780%2F%3Fkid%3Dpafvc"><img height="1" width="0" border="0" src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" alt="" />TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="http://amzn.to/2ctlhNx" target="_blank" title="Amazon商品詳細">Amazon商品詳細</a><br /><a href="http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&subid=&offerid=314039.1&type=10&tmpid=1161&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%2525E3%252583%2525AF%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252582%2525B0%2525E3%252583%25258A%2525E3%252583%2525BC%2525EF%2525BC%2525881813-1883%2525EF%2525BC%252589_000000000019275%252Fitem_%2525E3%252580%25258E%2525E3%252583%25258B%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252599%2525E3%252583%2525AB%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525B0%2525E3%252581%2525AE%2525E6%25258C%252587%2525E7%252592%2525B0%2525E3%252580%25258F%2525E5%252585%2525A8%2525E6%25259B%2525B2%2525E3%252580%252580%2525E3%252583%25258F%2525E3%252583%2525B3%2525E3%252582%2525B9%2525E3%252583%2525BB%2525E3%252582%2525AF%2525E3%252583%25258A%2525E3%252583%252583%2525E3%252583%252591%2525E3%252583%2525BC%2525E3%252583%252584%2525E3%252583%252596%2525E3%252583%252583%2525E3%252582%2525B7%2525E3%252583%2525A5-%2525E3%252583%252590%2525E3%252582%2525A4%2525E3%252583%2525AD%2525E3%252582%2525A4%2525E3%252583%252588-1957%2525E3%252580%252580%2525E3%252583%2525A2%2525E3%252583%25258E%2525E3%252583%2525A9%2525E3%252583%2525AB-13SACD_7323284" target="new">HMV商品詳細ページ</a><br /><img height="1" width="1" alt="icon" src="http://ad.linksynergy.com/fs-bin/show?id=Ahv2ESFAe9I&bids=314039.1&type=10" /><br /><br /><h1>ラインの黄金</h1><br /><h1>ワルキューレ</h1><br /><h1>ジークフリード</h1><br /><h1>神々の黄昏</h1><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LTHLDG2/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img height="407" width="400" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51z4vzdttCL.jpg" alt="ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Wilhelm Furtwangler, Orchestra & Chorus of the Teatro alla Scala) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LTHLDG2/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">ワーグナー : 楽劇4部作 「ニーベルングの指環」 全曲 (Richard Wagner : Der Ring Des Nibelungen / Wilhelm Furtwangler, Orchestra &amp; Chorus of the Teatro alla Scala) [13SACD Hybrid] [Box Set] [Limited Edition] [歌詞対訳付き解説書付属]</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 16.09.16</div></div><div class="amazlet-detail">ヴィルヘルム・フルトヴェングラー <br />KING INTERNATIONAL (2016-11-23)<br />売り上げランキング: 2,465</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LTHLDG2/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
1085

ギレリス/メロディア・レーベル生誕百周年記念ボックス

 リヒテルに引き続き、ギレリス生誕百周年を記念してメロディア豪華50枚組のボックスセットが出る。リヒテルでは随分と遅れて現れましたが、今回はどうでしょうか。 同じロシア出身のピアニストのリヒテルが、トラックにピアノを積み各地でリサイタルを開く生活がしたいとと言っていたのと比べると、ギレリスの仕事は硬いイメージがある。リヒテルは全集の製作に興味などなかっただろうし全集の製作はすなわち強いこだわりを意味... <div style="text-align: center;"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01L28UBUC/furtwangler07-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="Various: Emil Gilels" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41t3LBlsfhL.jpg" /></a></div><br /><br /> リヒテルに引き続き、ギレリス生誕百周年を記念してメロディア豪華50枚組のボックスセットが出る。リヒテルでは随分と遅れて現れましたが、今回はどうでしょうか。<br /><br /> 同じロシア出身のピアニストのリヒテルが、トラックにピアノを積み各地でリサイタルを開く生活がしたいとと言っていたのと比べると、ギレリスの仕事は硬いイメージがある。リヒテルは全集の製作に興味などなかっただろうし全集の製作はすなわち強いこだわりを意味するものであるが、ギレリスのDGやソニーから出ている音源を見ていても、遊びの少ない大曲指向で、ある形式を番号順に位置から最後までおさめたアルバムが多く、そういう物を作るのが録音の仕事であるという観がある。「冷戦中も西側で自由な活動を行うことをソ連政府から許された最初の芸術家」というオフィシャルな芸術家という肩書も硬いを強くさせていることもあるだろうが、芸風もまた堅実なものであるから動きようがない。現代でいうところのポリーニみたいな立ち位置であるが、このボックスを見る限り、それはギレリスの一面を物語るに過ぎないことがわかる。リサイタルでのギレリスを知るには格好のひと箱であろう。1935年から晩年までの録音を収める。<br /><br /><a title="Amazon商品詳細" target="_blank" href="http://amzn.to/2cadJ6u">Amazon商品詳細</a><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F4355039%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">TOWER RECORDS商品詳細ページ</a><br /><a href="https://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=Ahv2ESFAe9I&amp;subid=&amp;offerid=314039.1&amp;type=10&amp;tmpid=1161&amp;RD_PARM1=http%253A%252F%252Fwww.hmv.co.jp%252Fartist_%252525E3%25252583%25252594%252525E3%25252582%252525A2%252525E3%25252583%2525258E%252525E4%252525BD%2525259C%252525E5%25252593%25252581%252525E9%2525259B%25252586_000000000017977%252Fitem_%252525E3%25252582%252525A8%252525E3%25252583%2525259F%252525E3%25252583%252525BC%252525E3%25252583%252525AB%252525E3%25252583%252525BB%252525E3%25252582%252525AE%252525E3%25252583%252525AC%252525E3%25252583%252525AA%252525E3%25252582%252525B9%252525E3%25252580%25252580%252525E7%25252594%2525259F%252525E8%252525AA%25252595100%252525E5%252525B9%252525B4%252525E8%252525A8%25252598%252525E5%252525BF%252525B5%252525E3%25252582%252525A8%252525E3%25252583%25252587%252525E3%25252582%252525A3%252525E3%25252582%252525B7%252525E3%25252583%252525A7%252525E3%25252583%252525B3-50CD_7320417" title="HMV商品詳細ページ">HMV商品詳細ページ</a><br /><h1>CD1</h1><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />CD37<br /><br /><br /><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F1593921%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">この録音は単品でも売っている。</a><br /><br /><br /><br /><br />CD40<br /><br /><br /><br /><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2861887&pid=881675865&vc_url=http%3A%2F%2Ftower.jp%2Fitem%2F1593922%2F%3Fkid%3Dpafvc" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2861887&pid=881675865" height="1" width="0" border="0">この録音は単品で売っている。</a><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B015P76E2U/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/516GUs3-ZYL.jpg" alt="Complete Recordings on Deutsch" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B015P76E2U/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Complete Recordings on Deutsch</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/" title="amazlet" target="_blank">amazlet</a> at 16.09.14</div></div><div class="amazlet-detail">Emil Gilels <br />Deutsche Grammophon (2016-01-08)<br />売り上げランキング: 4,111</div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B015P76E2U/furtwangler07-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jpで詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div>
    Return to Pagetop